大学受験の英語長文の音読は意味がない?音読は必要性がない?伸びる?伸びない?


大学受験の英語長文の音読は意味がないって本当?

 

受験生
英語長文は音読が大切だといわれますが、正直あまり効果が分からないです・・・。
音読をする意味とそのやり方を理解していないと、効果は出ないんだ。音読について詳しく解説していくね!
筆者

 

大学受験に向けて勉強を進めていると、「音読すれば成績が伸びる」というような話を何度も耳にします。

音読を「魔法」のように信じて、ただひたすら音読している人もとても多いです。

英語長文の音読には、本当に意味があるのでしょうか。

また英語長文の音読は必ずしも必要なのでしょうか。

詳しく解説していきましょう!

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

センター試験が廃止され、音読の重要度が上がった

 

これまでの大学入試はリーディングがメインでしたから、音読は必ずしも必要ではありませんでした。

私も受験生の時は音読をしたことがありませんでしたが、英語の偏差値は70を超え、早稲田大学にも合格できました。

 

しかしセンター試験が廃止され、大学入学共通テストではリスニングの配点が2倍以上に増加。

TEAPや英検などの4技能試験でも、リスニングやリーディングのスキルが問われています。

こういった実用的な英語のスキルを伸ばすためには、英語長文の音読がとても効果的です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語長文の音読の効果、理解していますか?

 

英語長文を音読する意味や効果を理解せず、ただ音読を繰り返している人が多いです。

 

・目だけでなく耳や口を使う事で、様々な角度から英語を学べる

・左から右へ英文を読みクセがつくので、英文を読むスピードが上がる

・英語の音声を活用するので、リスニングやスピーキングのスキルも磨ける

 

音読には様々な効果がありますが、大きな効果は上記の3つ。

効果を理解せずに「成績が伸びる」と漠然と音読をするよりも、効果を最大限に伸ばすように取り組んだ方が成果は大きいです。

ではこうした効果を得るためには、どのような音読のやり方をすれば良いのでしょうか。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語長文の音読をする前に

 

音読をする際に「ただ英語長文を声に出して読む」という、形だけの音読になってしまっていないでしょうか。

正しい音読のやり方をしていないと、時間のムダになってしまう可能性もあります。

 

まず音読をする前に、取り組んだ英語長文を完璧に理解してください。

音読をする際には声に出すという作業が加わりますから、黙読よりも難易度が大きく上がります。

ですから黙読の状態ですべての英文をスラスラ読めるようにし、全ての語彙の意味を理解することが大前提。

 

そして音読をする際には、「正しい発音で読む」ことも大切です。

自己流の誤った発音で音読をしてしまうと、リスニングのテストで音声が聞き取れなかったり、スピーキングのテストで誤った発音で話してしまったりする可能性が高いです。

そうならないよう音読をする際には、CDが付属されているもの、もしくは音声がダウンロードできる教材を使いましょう。

 

私は英語長文を攻略したことで、偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

英語長文の音読の正しいやり方

 

完璧に理解した英語長文の文章を見ながら、まずは音声を聴いてください。

文字化された英語と音声を結び付けていくことで、英語が聴きとれるようになっていきます。

そこからは文章を見ながら、音声に少し遅れて音読をしていきましょう。

これは「オーバーラッピング」という勉強法で、リーディングだけでなく、スピーキングやリスニングの力も鍛えられます。

 

ここまでのトレーニング方法を、取り組んだすべての長文で行っていけば、相当な力が身に付きます。

英文を読むことに慣れていき、また聞き取れる語彙や英文の幅がどんどん広がっていき、英語を話す力も磨かれていきます。

 

リスニングやスピーキングの力を鍛えるのであれば、日ごろから音声を活用して単語や文法の勉強に取り組みましょう。

英文は単語や文法が組み合わさって構成されているので、これら1つ1つのパーツを音声とセットで覚えていくことで、上達のスピードが速くなります。

 

英語長文の音読の効果とやり方まとめ

 

ポイント

・音読はリーディングだけでなく、スピーキングやリスニングにも効果的

・黙読で完璧に理解した長文を、CDを活用して音読しよう

・文字化された英語と音声を結び付けることで、リスニングの力が磨かれる





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2020 All Rights Reserved.