中久喜匠太郎の生授業!英語長文のレベル/難易度と使い方!評価・評判も


中久喜匠太郎の生授業!英語長文

ややマイナーではありますが、「中久喜匠太郎の生授業!英語長文」はすごく良質な参考書です。

ここでは「中久喜匠太郎の生授業!英語長文の紹介」「参考書のレベル」「正しい使い方」を、徹底的に解説していきます。

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

・参考書の中身を見ながら解説

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

中久喜匠太郎の生授業!英語長文の紹介

中久喜匠太郎という、N予備校の有名な賛成が手掛けている、英語長文の参考書。

「生授業」とタイトルにあるように、予備校の授業のような形で、解説がとても詳しいのが特徴です。

解説ではすべての英文にSVOCを中心にした構文が振られているので、長文を正確に復習することができます。

 

中久喜匠太郎の生授業!英語長文のレベル

「中久喜匠太郎の生授業!英語長文」は初心者向けの参考書で、難易度は比較的易しいです。

偏差値40~50くらいの人に、ピッタリの難易度になっています。

高校入試レベルから、共通テストよりやや易しいくらいの長文まで、演習することができます。

長文の参考書は難易度が高いものが多いのですが、解説がとても詳しく、なおかつ初心者でも取り組めるという点が一番の強み。

初心者だけでなく、大学受験の長文が上手く読めずに悩んでいる人にも、とても貴重な1冊です。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

中久喜匠太郎の生授業!英語長文のデメリット

唯一のデメリットは、CDや音声がついていないこと。

音読のトレーニングができないのは、やや苦しいところではあります。

ただ音読というのはとても難易度が高いトレーニングで、初中級者にとっては相当ハードルが高いです。

音読しなくても長文の読解力を伸ばすことは可能なので、まずは地道に黙読で鍛えていきましょう。

 

中久喜匠太郎の生授業!英語長文の使い方

 

ステップ①初見で問題を解く

まずは自力で、長文を読み解いていきましょう。

時間を意識して、スピーディに読み解くことを心がけてください。

入試本番は時間との戦いになりますから、日ごろから速読力を鍛えておかないと、本番で苦労することになります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

ステップ②丸付けをして解説を読む

丸付けをして、詳しい解説をじっくり読んでください。

「どう英文を読むべきか」「どう回答するべきか」を深く学ぶことが、とても大切です。

重要なポイントや自分の弱点はノートにまとめていくと、修正できるのでおススメです。

 

ステップ③構文を書き込む

解いた長文に、SVOCを中心に全ての構文を書き込んでいきましょう。

かなり大変な作業ではありますが、「構文が理解できている=正確に英文が読めている」なので、絶対に必要なトレーニングです。

なんとなく読んでいると、易しいうちは何とかなりますが、長文のレベルが上がるにつれて、対応できなくなっていきます。

易しい長文からこの作業に取り組むことで、正確に英文を読む力が鍛えられていきます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

中久喜匠太郎の生授業!英語長文まとめ

記事と筆者の信頼性

・解説がとても詳しい、初心者向けの長文の参考書

・初見で解くときは、時間を意識しよう

・構文を全て書き込むトレーニングが大切


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.