【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

高校の授業が意味ない!内職は悪いこと?受験に落ちる原因?コツと注意点


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

239秒で読めます。

【大学受験】高校の授業と内職について

高校の授業と内職について

 

高校の授業を受けていると、「この時間、受験の勉強した方が良いんじゃないかな・・・」なんて思うこともありますよね。

私も高校時代は何度もそんなことを思い、実際に内職をしたことも何度もありました。

受験を終えて大人になった今、授業中の内職について深く考えてみました。

 

高校の授業が意味ない?について

 

学校の授業には、本当に意味がないのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。

私がもし高校1年生から学校の授業をしっかりと受け、復習もしていたら現役でもMARCH未満の大学であれば合格できていたと考えています。

(実際の私は部活のことしか頭になく、8月から慌てて勉強をスタートし、日東駒専を含む12回の受験ですべて失敗しました)

 

例えば古文であれば古典文法古文単語など、受験において超重要な内容を指導してくれます。

英語であれば単語テストや文法の仕組みなど、これまた大切な内容。

日本史も世界史も数学も化学も、どの授業も受験に大切な基礎を丁寧に教えてくれているんです。

学校の授業を真剣に受けていれば、受験に必要な基礎はガッチリと固まります。

 

ただ学生のうちは「学校の授業はムダ!自分で勉強した方がよっぽど効率が良い!」とどうしても思ってしまいますから、そう思えば思うほど学校の授業がおっくうになってしまいます。

一度で良いので、学校の授業を真剣に聞き、そしてこれまでおろそかにしてしまった部分の教科書を復習してみてください。

受験に必要な基礎がたくさん含まれていることに気づくでしょう。

内職をするにしても授業と関係のない教科を勉強するのではなく、授業を受けている教科の予習や復習をすることをおすすめします。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

ただし受験で使わない教科は・・・

 

文系の受験生が数学の勉強をするように、受験に使わない教科も勉強しておくことで、志望校の変更などの選択肢を広げるとともに、基礎学力を伸ばすことができます。

しかし高校3年生にもなってくると、そんなことは言ってられなくなるかもしれません。

数学を勉強するより日本史の勉強をした方が、受験の成績を伸ばすうえで効率的なときもあるでしょう。

そんな時だけは、内職をしても良いのではないかと私は考えています。

というのも受験に失敗したからと言って学校は責任を取ってくれませんし、自分の失敗の責任は自分が取らなければいけません。

ですから自分が信じた道を進み、後悔しないように勉強するのが大切だと思います。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

内職と言う行為は、先生に対して失礼

 

間違えてほしくないのは、内職をしなければいけない状況に追い込まれてしまうのは、今までの自分の努力が不足している可能性が高いということです。

もし高校1年生からきちんと授業に集中して、自習もしていれば、高校3年生になっても焦らずに授業を受けられるでしょう。

 

先生が思いを込めて授業をしてくださるのに、バレないように他の勉強をすると言うのは、人間としてとても失礼な行為になってしまいます。

内職を禁止されたり、怒られたりするのは、人間を教育する学校としては当然のことであり、なにも間違ったことではありません。

自分が内職をしなければいけない状況になってしまったら、自分に対する責任と先生に対する感謝の気持ちを忘れずに、どう行動するかを考えてください。

内職と言う行為を否定するわけではなく、こういった状況を理解することがとても大切だという事です。

 

高校の授業と内職まとめ

 

学校の授業にはとても価値があるという事、そして先生の授業を聴き流すというのは失礼だという事。

この2点をしっかりと頭に入れたうえで、自分の将来のことも考えてどう行動するかを考えましょう。

>>勉強が間に合わない受験生必見!最短1ヵ月で英語の偏差値を30上げる勉強法はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







2:27 PM