長崎国際大学のキャンパスライフ、評判と口コミ!授業や学食、サークルの雰囲気






長崎国際大学の学生が書いた!実際のキャンパスライフを大公開

 

長崎国際大学のキャンパスライフ!

 

長崎国際大学の雰囲気

 

長崎国際大学には3学部4学科があります。

全体的な生徒数では、学科も少ないためそんなに多くはないです。

サークル活動や大学付近でのアルバイトをしている生徒が多くいるため、それらを通して他学科・多学年の生徒との交流が意外に多くあります。

他にも希望した生徒はキャンプ実習や学園祭での活動があるため、そのような場を通しても様々な生徒と交流がはかれます。

昼休みの時間になると、多くの生徒は学食へ行き食事をとりますが満員なことも多々あり、食事が終わった生徒はすぐにどくなどの生徒同士での譲り合いが行われています。

顔見知りでなくても譲る生徒が多く良い雰囲気です。

また、国際大学ということもあり留学生が多く在籍しています。

日本語をなかなか上手に話せない生徒もいますが、多くの生徒は友好的で日本が大好きなのでにこやかに話しかけてくれます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

長崎国際大学のサークル活動

 

長崎国際大学には、クラブ・サークル・同好会と様々なものがあります。

クラブには体育会強化指定部というものがあり、このクラブは人間社会学部の国際観光学科に所属している生徒が過半数を占めており特待生などが多くいます。

強化指定部は、九州内でも優秀な成績を残している部ばかりです。

大学生といえばサークルという感じですが、長崎国際大学には一風変わったサークルも多くあります。

例えばエイサーサークルです。

エイサーとは沖縄県の伝統舞踊であり、沖縄の方言である「いちゃりばちょーでー」出会えばみな仲間という意味の言葉を合言葉に活動されていて、九州内にあるということもあり沖縄県出身の生徒が多くいる学校なので、新入生歓迎会や文化祭などではダンス部にも負けない活発さと盛り上がりで人気のサークルです。

他にもよさこいサークルや文化部では茶道部などもあり、紹介しているのはほんの一部ですが他学科の学生と交流する場が少ないなかで、サークルやクラブ活動は他学科の学生との交流を深めるよい機会となります。
キャンパス周囲の施設
長崎県佐世保市にある長崎国際大学ですが、やはり佐世保市で今全国的に有名といえばハウステンボスではないでしょうか。

長崎国際大学はハウステンボスの隣にあり、学生証を提示し長崎国際大学在学であるとわかれば無料で入場することができます。

そのため生徒たちはハウステンボスで授業を受けることもしばしばあり、全国でもトップクラスの経営マネージメントや接客、施設の工夫などを間近で見ることができます。

季節によって様々な企画を行ってあるため知識を得る場も多くあります。

また、この距離であるためハウステンボスでアルバイトをしている生徒も多くいます。

面接や研修会などを通して在学中に接客やマナーについての基礎知識の取得にも繋がり、観光客の方々への対応や外国人との交流も行うことができます。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

長崎国際大学の学食

 

長崎国際大学の学食は、在学生のみではなく誰でも気軽に食べることができます。

学食のメニューには定番のカレーやうどんに牛丼などもありますが、毎日違ったメニューの日替わりランチがあります。

2週間分の日替わりランチのメニューが食堂に入ってすぐに設置されているホワイトボードに記載されていています。

好きなメニューが日替わりランチで出る日にはお弁当を持ってこない生徒もいます。

日替わりランチは3品くらいがワンプレートになっており、それにみそ汁とご飯がついて価格はだいたい400円前後ですが、栄養面も考えられておりとても美味しいです。

面白いメニューでいえば「国際DON」食堂のおばちゃん考案なのか生徒考案なのかは謎ですが、1日数量限定で販売してあり甘辛いお肉と温泉たまごが絶妙にマッチしており是非一度食べてほしいメニューです。

他にも、学生限定ではありますがワンコイン朝食として100円でなかなかボリュームのある朝食がテスト期間中には販売されています。

これは、朝食を食べて頭を働かせテスト勉強に取り組もうという大学の粋なはからいからスタートしたものです。

長崎国際大学の食堂はおばちゃん達もみんなパワフルで楽しい食堂です。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.