茂木誠の世界史ノートのレベルと使い方!評価・評判・口コミレビュー


書き込みながら世界史を整理できる、「茂木誠の世界史ノート」。

ここでは「茂木誠の世界史ノートの紹介」「参考書のレベル」「正しい使い方」の3つについて、詳しく解説していきます。

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・参考書の中身を見ながら解説

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

茂木誠の世界史ノートとは

重要なワードが空所になっていて、そこを埋めながら勉強できるように構成されています。

流れを整理しながら、ワードの確認ができますので、入試の得点につながる勉強になります。

テーマごとに分かれているので、1つ1つ確認しながら、ステップアップしていきましょう。

レイアウトも綺麗なので、頭を整理しながら進められるはずです。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

茂木誠の世界史ノートのレベル

茂木誠の世界史ノートは比較的、難易度の高いところまでカバーされています。

早慶や東大・京大レベルの細かい用語まで、収録されていることが多いです。

1冊を隅々まできちんと勉強すれば、大きな成長を見込めるでしょう。

その分だけ習得するための難易度も高いので、気合を入れて勉強しなければいけません。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

茂木誠の世界史ノートに取り組む前に

茂木誠の世界史ノートはアウトプット用の参考書であり、世界史のワードや流れを理解していることが前提。

ナビゲーター世界史などで、大学受験の世界史を深く理解してから、取り組むようにしましょう。

一問一答型の問題集もはさんでおくと、茂木誠の世界史ノートで復習ができるのでおススメです。

世界史を理解していない状態で茂木誠の世界史ノートに取り組んでも、まず穴埋めができません。

 

茂木誠の世界史ノートの使い方

まずは自力で、埋められるだけ空所を埋めていきましょう。

カタカナや漢字は自分が覚えたつもりでも、間違って書いてしまう可能性があります。

全てノートに書き出して、正しく書けているかを確認しましょう。

 

答え合わせをする際に重要なのは、ミスした空所にチェックをつけておくこと。

覚えられていなかった部分を、徹底的に復習することで、知識が補強されていきます。

全ての空所をまんべんなく復習するよりも、覚えられていない部分を徹底的に鍛えなおした方が、ずっと効率が良いです。

 

1つのテーマを完璧にしたら、次のテーマへと進んでください。

ザーッと勉強してしまうと、何となく最後まで終わって、あまり記憶に定着していないということになりかねませんからね。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

茂木誠の世界史ノートが終わったら次は

茂木誠の世界史ノートを最後まで終えても、復習は忘れてはいけません。

入試本番まで、チェックがついた部分はずっと復習しておきましょう。

入試の時に絶対に、ど忘れが無いようにしたいですからね。

 

過去問や問題集を今後解くときに、新たに知ったワードは、ノートにまとめておくのがおすすめ。

さらに知識が補強されて、正解できる幅が広がっていきます。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

茂木誠の世界史ノートまとめ

まとめ

・世界史を整理しながらアウトプットできる参考書

・東大、京大、早慶レベルの用語もカバー

・全ての用語を完璧に覚えよう


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.