世界史のメモリーツリーの書き方・作り方のコツ!参考書を使った勉強法はこれ!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

238秒で読めます。

世界史のメモリーツリーを使った勉強法

 

 メモリーツリーとは

 

メモリーツリーとはメインテーマを中心に書き、そこから放射線状に知識を配置していく方法。

自分でノートを作る際はルーズリーフなどの紙に上から順番に書いていくと思いますが、メモリーツリーは平面をフル活用します。

メモリーツリーは向き不向きがありますが、実際に成績を伸ばしている人がたくさんいる方法なので、試してみるのも1つの手です。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

世界史でメモリーツリーを使うメリット

 

メリット①1枚にテーマがまとまる

 

メモリーツリーは各テーマを、1枚のノートにまとめ上げることができます。

そのため全体像をつかみやすくなります。

世界史にとって全体の把握というのは、最も大事なことの1つです。

ですからメモリーツリーと世界史は、とても相性が良いといえるでしょう。

世界史は範囲がとても広いですから、勉強している内容が分からなくなってしまうことがたまにあります。

1枚にまとまっていれば整理しやすいですし、復習も簡単なのでおすすめです。

 

メリット②ノートが少なくなる

 

世界史の試験の範囲は膨大で、教科書や資料集など覚えることはたくさんあります。

これらを普通にまとめようとすれば、膨大な文字を書いてノートにまとめることになります。

しかしメモリーツリーならばテーマごとに1枚にまとまるので、ノートが少なくなります。

試験直前の見直しも、効果的にできるでしょう。

教科書よりもスピーディーに見直すことができ、得点アップが見込めます。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

メリット③楽しく作ることができる

 

メモリーツリーは1枚の紙のどこに何を配置して、またどのような遊び心を入れて作り上げるのかなど、お絵かきの要素もあります。

絵を描くのが好きな方には、もってこいの勉強法かもしれません。

世界史の暗記がしんどいと思う方は、とっかかりの1つにもなるでしょう。

 

メモリーツリーのデメリット

 

メモリーツリーを作るのは、意外と大変です。

きちんと自分で勉強を進め、関連する語句をノートに書き出していかなければいけません。

簡単に労せずできるというわけではないので、注意してください。

 

当然ですが、メモリーツリーを作っただけでは得点に直結しません。

何度も繰り返し復習して、記憶に定着させるようにしてください。

>>【無料LINE講座】無料で英語の勉強法を教わりたい受験生はこちら

 

世界史のメモリーツリーの作り方

 

使う筆記用具は、消せるボールペンかシャープペンシルにしてください。

通常のボールペンだと、消せなくなってしまいますからね。

 

まずは教科書や参考書、資料集を何度も読み、全体像をイメージすることが大切です。

いきなり白紙の紙に書き始めると、書ききれなくなったり、アンバランスになったりしてしまいます。

自分が決めた項目をどこに配置し、どれくらいの分量にするかなどをあらかじめイメージしておきましょう。

 

頭の中で完成図がイメージできたら、それに従って書いていきましょう。

 

大テーマ・中テーマ・小テーマという階層を意識する

②同じランクのものは同じ形で書き込む

③階層が高くなるほど。中心に近くする

この3つを意識して書いてみてください。

下の画像が見本なので、これを参考にしていただくと書きやすいと思います。

メモリーツリー作成例

 

完成したメモリーツリーは1日1回、パッと見るだけでも内容が頭に入っていきます。

入試では1つの語に対して複数の角度から問われることもあるので、このように関連させて覚えるのは効果的です。

向き不向きもありますので、まずは一度試してみてから、継続するかどうかを判断しましょう。

友だち追加
↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら

>>LINEで無料で、英語の勉強法を知りたい受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


友だち追加




⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら



【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。 当ページをPCからご覧頂いている方は、スマホでQRコードを読み取っていただいても構いません。

友だち追加
10:02 PM