【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

部活や学校の課題、行事が忙しくて勉強時間が足りない!どうしたらいい?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

235秒で読めます。

忙しくて勉強時間が足りない受験生へ

勉強時間が足りない

高校生は部活に学校、行事と色々なことがあって忙しいですよね。

思い通りに勉強時間を取れず、悩んでいる人も多いでしょう。

そんなあなたに、私なりの対処法をお伝えしていきます!

 

受け入れなければいけない現実

 

「どうしても忙しくて、勉強できない」。

そうはいっても現実としては、あなたが部活をやっている時間や何か他のことをやっている時間、必死で勉強している学生がいます。

こういった学生に打ち勝っていかなければ、難関大学には合格できません。

不平等かもしれませんが、部活をやっていようが忙しかろうが、その事情は誰も考慮してくれません。

試験は平等に課され、その試験で合格点を取れなければ志望校には合格できないわけです。

どんなに忙しくてもこの現実から目を背けず、対処法を考えていかなければいけません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

勉強時間を作り出す以外に道はない

 

勉強時間を増やさずに成績を上げるというのは、やはり現実的ではありません。

何とか工夫して勉強時間を作り出し、1つでも多くの知識をインプットし、1題でも多くの問題を解く。

このシンプルな解決方法しかないのではないでしょうか。

 

忙しい毎日の中にも、勉強に使える時間は意外と隠れているものです。

 

・学校に行く前の時間(可能であれば30分でも早起きする)

・通学や帰り道の時間を活用する

・家に帰ってすぐ、必ず30分は勉強してから何かをする

・布団に入ってから必ず、単語を20個覚える

 

などなど。

「この時間、勉強に使えるかも」と思う時間を、ストップウォッチで測って実験してみてください。

意外と多くの時間があるのではないでしょうか。

「1分でも多く勉強するぞ!」という姿勢が大切であり、その気持ちが勉強時間を作り出すんです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

「あの時やっとけばよかった」とならないように

 

私は長い期間、受験業界に携わっています。

その中で受験生から一番良く聞くセリフが、「もっと早くから勉強してればよかった!」

受験が間近に迫って初めて、時間がどれだけ貴重かに気づくんです。

「あと1時間勉強出来ていたら、志望校に合格できていた」という人も、きっと過去にはいたことでしょう。

 

あなたも頭ではこの現実が分かっているはずですから、同じ道をたどってしまったら本当にもったいないですよね。

今の1時間も、受験直前の1時間も同じくらい貴重なんです。

このことをしっかりと理解して、将来の自分のためにも今からコツコツ勉強を進めていきましょう。

「あの時ちゃんと勉強しておいてよかった!」といえる未来を作りましょう!

 

1日のノルマを設定しよう

 

まずは志望校の過去問をチェックして、どんな勉強をしなければいけないかを確認してください。

そこからやるべきことを分析し、1日のノルマを決めていきましょう。

「このノルマを達成したら、ゲームをやっても遊んでもOK!」というように決めておけば、勉強へのモチベーションも上がるはずです。

終わりが見えない状態で勉強をしてしまうとやる気も出ませんし、机に向かってもなんとなく時間を過ごしてしまいます。

また「何をやろうかなー」と考えている間に、時間が過ぎてしまうかもしれません。

そうならないようにやるべきことを明確化して、その勉強に集中して取り組むようにしていきましょう。

 

忙しくて勉強時間が足りない受験生へまとめ

 

・忙しくても勉強しなければ志望校には合格できない

・毎日の生活の中で、勉強できる時間を見つけよう

・「あの時頑張っておけば」とならない未来を作ろう

・1日のノルマを設定して、集中して勉強しよう

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:47 PM

人気記事一覧