【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

大学入学共通テストとは?センター試験廃止はいつから?違い/変更点は?記述が増える?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

236秒で読めます。

大学入学共通テストとは?センター試験廃止はいつから?

大学入学共通テスト

 

2020年度からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに移行されます。

大学入学共通テストとセンター試験の大きな違いは、「記述式の問題」が導入されること。

センター試験の問題はマーク形式だったため、知識を詰め込む勉強になりがちだと言われてきました。

そのため2020年度からの試験では、記述式の問題が盛り込まれ「表現力」が求められるように。

2020年度からの段階では、国語と数ⅠAの試験に記述問題が出題されます。

そして2024年度から、理科・地歴・公民でも記述問題が盛り込まれる予定。

大学入学共通テストの公式サイトでプレテストの問題が公開されています。

自分が受ける教科の問題は、必ずチェックしておきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

英語の試験は民間試験に移行される

 

センター試験ではリスニングとリーディングの試験が、マーク形式で行われていました。

この試験では英語を表現する問題が無いので、英語を発信する力が身につかないという問題があります。

現に日本人は学生時代にかなりの時間を英語の勉強に費やしていますが、英語が話せない人がほとんどだという現状。

そこで実用英語技能検定(英検)、TEAP、TOEIC、TOEFLなどの民間試験にテストが移行されることになりました。

リーディングとリスニングだけでなく、ライティングやスピーキングの試験も受けることになるので、より実用的な英語力が求められるようになります。

 

ただ2023年度までは、大学入学共通テストでも英語の試験が行われます。

これまでと同様に、リスニングとリーディングのマーク形式の試験です。

ただ問題の形式は大幅に変更される予定なので、大学入学共通テストの公式サイトで問題を確認しておきましょう。

大学入学共通テストの英語の対策法については、別の記事で詳しく解説しております。

大学入学共通テストの英語の傾向や難易度、対策法について」をご覧ください。

 

私立大学や国公立大学の試験はどうなるの?

 

私立大学や国公立大学の試験の制度自体は、大きな変更はありません。

ただ私立大学でも、英語の民間試験の受験を義務化する方向に進んでいる大学・学部も増えてきています。

また国公立大学の二次試験では、今まで以上に表現力を求める問題が出題されるようになると言われています。

どこの大学・学部を受験するにしても、記述式の問題への対策は必須になるでしょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

推薦入試と一般入試の差が小さくなる

 

今まで推薦入試は人物重視、一般入試は学力重視と言われてきました。

しかし当然、どちらも問うことができた方が良いわけです。

そこで推薦入試でも学力試験が課され、一般入試でも人物を問うためのテストや面接などが課されるようになると言われています。

 

定期的に志望校のホームページをチェックしよう

 

各大学もセンター試験の廃止に伴い、配点や採用する試験などを決定していきます。

定期的に志望校のホームページをチェックして、方針を知っておきましょう。

自分がどのような方針で勉強していけば良いかを先に知っておかないと、遠回りの勉強になってしまいますからね。

 

センター試験の廃止と大学入学共通テストまとめ

 

・2020年度からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに移行される

・知識のインプットを重視するマーク式の問題だけでなく、表現力を重視した記述問題が盛り込まれる

・英語は2023年度から、民間試験に移行されて4技能が問われる

・私立大学や国公立大学の試験も、記述問題が増えていくことが予想される

・一般入試と推薦入試の試験の差が小さくなる

・定期的に志望校のホームページをチェックしておこう

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







3:23 PM