【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

大学入学共通テストの英語の筆記試験の傾向と難易度!対策&勉強法も!時間が難しい?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

323秒で読めます。

大学入学共通テストの英語の傾向と難易度

大学入学共通テスト

 

2020年度からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに移行することが決まりました。

英語の試験は実用英語技能検定(英検)、TEAP、TOEIC、TOEFLなどの民間試験に移行されます。

ライティングとリーディングだけでなく、スピーキングとリスニングの力も求められるようになるということです。

ただ2023年度までは民間の試験だけでなく、大学入学共通テストでも英語の試験が行われます。

大学によってどの試験を採用するか、そしてどう配点するかが異なるので、志望校のホームページを定期的にチェックしておきましょう。

 

ここでは2023年度まで実施される、大学入学共通テストの英語の試験の傾向と対策についてお伝えしていきます。

大学入学センターの公式サイトで2023年度から実施予定の、新形式の試験のプレテストが公開されています。

この問題の形式を参考にして、対策をしていきましょう。

大学入学共通テストのリスニング試験についても、新形式になっています。

詳しくは「大学入学共通テストの傾向と対策法」をご覧ください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

センター試験との形式や難易度の違い

 

試験時間が80分であることは、センター試験と変わりありません。

ただセンター試験にあった発音・アクセントや会話の問題、そして文法の問題が無くなっています。

すべての問題が「まとまった文章を読む」形式に変更されています。

TEAPのリーディングの問題に少し似ています。

とにかく「速く正確に英文を読む」ことにフォーカスして、勉強を進めていきましょう。

英語長文がしっかりと読めないと、大学入学共通テストで点数を稼ぐことは不可能になってしまいましたからね。

ただでさえ時間制限が厳しいと言われたセンター試験よりも、さらに文章量が増えています。

 

大学入学共通テストに向けた対策と勉強法

 

大学入学共通テストに求められる「早く正確に英文を読む力」は、どのように伸ばしていけば良いのでしょうか。

まずは語彙や文法を鍛えながら、英文を正確に読む力を身につけていきましょう。

そこからスピードを上げていきます。

 

語彙や文法の単体の問題はかなり少なくなりましたが、それでも英語の力を伸ばすためにはこれらの勉強は不可欠です。

そして1文1文の英文を正確に読んでいく、「精読力」を磨いていきます。

当然ですがゆっくり読んでも読めない文を、無理やり速く読んでも理解できるはずがありませんよね。

ですからまずはゆっくりでも英文を正確に読めるようにして、そこから速読をできるように鍛えていきましょう。

「精読力」を鍛えるためには、1文1文の文構造を理解して英文を読んでいけるようにならなければいけません。

SVOCMの構文をこれでもかと言うくらい勉強して、ペンで構文を振って、目で見て構造を理解できるようになるまで繰り返し勉強しましょう。

精読力がついたら、後はたくさん問題を演習してスピードを上げていくだけです。

>>「素早く正確に英文を読む」方法を知りたい受験生はこちら

 

大学入学共通テストの設問の解き方

 

大学入学共通テストの英語の問題の多くが、文章から正確に情報を読み取らせる形式になっています。

そのため先に設問を読んで、その答えを探しながら本文を読んでいくというスタイルがベストでしょう。

1つ目の設問を見る→答えを探しながら本文を読む→答えが見つかったら2つ目の設問へ

というサイクルを繰り返していきます。

本文をしっかりと理解しつつ、設問に対する答えをピンポイントで読み取れるような力をつけていきましょう。

 

TEAPやセンター試験の問題をたくさん解こう

 

現在は大学入学共通テストの試験問題がほとんど作られていないので、演習があまりできません。

そこでおすすめなのが、TEAPの演習問題と旧式のセンター試験の過去問

 

大学入学共通テストの問題には文法や語彙の問題が無いので、基本をおろそかにしていても高得点が取れてしまう事もあるでしょう。

しかし安定して高得点を取る、国公立や私大の問題にも対応できるようにするためには、基礎基本の土台を固めることがとても大切です。

そこで旧式のセンター試験の過去問をたくさん解くことで、基本的な英語力を固めることをおすすめします。

8割以上を安定して取れるようになると、基礎がある程度固まってきたと言えるでしょう。

 

TEAPの問題集は色々と出版されていますが、こちらのリーディングの問題が大学入学共通テストの形式に似ています。

演習用にたくさん解いておくと、大学入学共通テストの対策になるでしょう。

 

大学入学共通テストの英語の傾向と対策まとめ

 

・2023年度までは大学入学共通テストでも、英語の試験が実施される

・全てが英文を読ませる問題に変わり、時間制限もかなり厳しい

・スピーディかつ正確に英文を読む力が求められる

・TEAPや旧センター試験の問題を使って、たくさん演習をしよう

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







2:13 PM

人気記事一覧