【京大化学】京都大学の化学の傾向と対策&勉強法!参考書で合格点を【医学部/薬/農/教育/総合人間/理】


▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

京都大学の化学で合格点を取る勉強法

 

京都大学の化学

 

京都大学の化学の問題構成とレベル

 

本大学の化学の問題は大問が4つで構成されており、各大問aとbの二つに分かれています。

大問1,2は高校で習う化学分野のうち理論分野と無機分野で構成されていてそれぞれの分野が独立していることもあれば、組み合わさって出題されることもあります。

大問3,4は有機分野でこのうち大問4は高分子化合物を取り扱った問題となります。

また、高分子化合物を取り扱う問題は天然高分子と合成高分子とありますが、京都大学では合成高分子が出題されることは0とは言えませんがほとんど出ず、天然高分子を出題することがほとんどです。

問題の難易度ですがやはり日本で2番目の大学としてかなり高くとりわけ理論分野の化学平衡の分野は難問であることが非常に多く捨て問となる場合も多々あります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

京都大学の化学の対策法

 

基礎学力の構築

 

国公立大学の問題全般に言えることですがどんな難問であろうと特別な知識を持ってないと全く太刀打ちできないということはあまりありません。

なのでまずは基礎を完全に押さえることが大切です。

基礎を押さえるにあったて重要なことが二点あります。

 

一つ目は丸暗記を避けることです。

ただやみくもに解法を覚えたところですこしパターンを変えられるとすぐに太刀打ちできなくなります。

なので化学の基礎を覚えるにあたって常になぜこのような解き方をするのかを深く理解することが重要です。

そのように意識をすることで仮に解法をど忘れしても、理屈をきちんと理解できるようになるため自力で思い出すことができるようになります。

また、ほかの人より深く理解していると思えるようになり本番焦らずに問題に集中できるようになります。

 

二つ目はとにかく演習することです。

まずは基礎的な問題を回数こなします。

この時書く動作と解答を見る際に見るという動作によってより確実に記憶させることができます。

また同じ基礎問題でもいろいろなパターンの問題を解くことで柔軟性を身につけることができます。

この2点を意識して基礎を取組みましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

応用問題の取り組み方

 

一見意外に見えるかもしれませんが同じ応用問題を3回も4回も解く必要はあまりありません。

効果がないとは言いませんが、何回も解くと結局その問題の解法だけを覚えてしまい、なぜこのようにして解くのかという本質的な部分を見落としてしまいます。

なので応用問題は回数をこなすというよりはなぜこのような解法になったのかを抑えることのほうが大切です。

 

模範解答でわかった気にならない

 

模範解答がよくないとは言いませんが、基本的に答えが羅列しているだけなので見たところで本質的な理解はあまりできません。

むしろ理解した気になって本番しくじるというのがオチになるため解けない問題がある場合は模範解答をまず見て自分でなぜこのような模範解答になるのかということを5分考えましょう。

これでわからなかったらその解答を一度忘れて後日信用できる先生に聞きましょう。

聞ける相手がいないといった場合は参考書選びの段階できちんと本質的な部分を解説している参考書を選びましょう。

模範解答は基本的にあまり役に立つとはいいがたいので参考程度に見ることが大切です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

有機分野は伸ばしやすい

 

一般的に化学で点が伸びない人は有機分野ができてないことが多いです。

特に現役生は有機をやる時間があまりなく結局あまり知識がないまま本番に突入ということも少なくありません。

ですが京都大学の場合有機分野よりも理論、無機分野のほうが点が伸びにくい傾向があります。

なので一通り全分野を習った後は有機分野を先に押さえましょう。

有機分野で40/50安定できるようになると化学が失点源になるリスクがぐんと下がりむしろ得点源にすらなりえます。

なので有機分野は確実に押さえましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

京都大学の化学のまとめ

 

京都大学の化学は難易度が高いですが、有機分野をまず確実に抑えることで六割のラインは達成できるでしょう。

京都大学では化学は苦手な方でも5割、得意な方は8割は取りたい科目ですので、まずは基礎を確実に押さえ、有機分野を押さえます。

そのあとは得点源にしたい方は理論の特に化学平衡分野を中心に問題演習をこなしていきましょう。



▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.