久留米大学の英語の対策&勉強法!文/人間健康/法/経済/商学部の傾向と難易度/レベル








312秒で読めます。

久留米大学の英語の対策&勉強法

 

久留米大学の英語

久留米大学の英語の傾向と難易度

 

久留米大学の英語は医学部とその他の学部で、問題の形式が異なります。

医学部の問題は記述問題も多く、他の学部の問題よりも難しいです。

ここでは文学部・人間健康学部・法学部・経済学部・商学部の英語の解説を進めていきます。

 

会話、文法、長文の3つがメインの出題形式。

難しい問題はあまり出題されず、基礎・基本的な知識で答えられる問題ばかりです。

応用的な勉強に手を出すよりも、基礎固めをした方が圧倒的に得点に直結します。

基礎的な問題をきちんと、ミスなく正解していけるように勉強を進めていきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

久留米大学の会話問題の対策法

 

会話問題は短い文を少し長い文の、2つのパターンが出題されています。

どちらも対策はほとんど変わらず、「会話の流れをしっかりと把握して、流れに合った選択肢を挿入する」ことだけを考えてください。

選択肢を見る前に自力で推測してから、一番近いものを選ぶようにすると、ヒッカケられにくくなります。

簡単な会話表現が出題されることもあるので、基礎的な表現は覚えておいた方が良いでしょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

久留米大学の並び替え問題の対策法

 

並び替え問題は2種類出題されていて、それぞれ解き方が異なります。

オーソドックスな整序問題は、合体させられる選択肢を組み合わせて、選択肢を減らします。

選択肢を減らしてからSVOCや修飾部などを、文のルールに従って英文の骨組みを作っていきます。

最後に文の意味を考慮して、残りの選択肢を埋めていけば、回答は完成します。

 

一方で文が分解されていて、それぞれを組み合わせるタイプの整序問題

この問題は前の文が大きなヒントになります。

前の文を見てから「こんな文が続きそうだな」とある程度推測して、その意味に合うように文を組み合わせていくと良いですね。

何も考えずに組み合わせようとすると、パズルのようになってしまって、解きにくいです。

 

久留米大学の正誤問題の対策法

 

久留米大学では英文法・語彙の正誤問題が出題されています。

正誤問題は基本的に、キズがつくポイントが決まっています。

 

主語が単数なのに、三人称のsがついていない。

不可算名詞なのに複数系のsがついていないなど。

 

文法のルールとしては頭にしっかりと入っているはずですが、正誤問題として出題されると、意外と気づけません。

何度も正誤問題の演習を繰り返して、キズを発見するためのスキルを磨いていくことが大切です。

 

久留米大学の英語長文の対策法

 

久留米大学の英語長文は、通常の長文に加えて、メールの形式のものが出題されるケースもあります。

メール形式の問題は見慣れないかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

きちんと英文を読み取っていくことができれば、問題なく理解して得点できるでしょう。

それぞれの長文の文章量は多くないので、1文1文を精読する力を磨くことを考えて、日ごろからトレーニングをしてください。

 

また指示語や文章の理解を問う問題が頻出です。

ただ訳しているだけでは解けませんので、1文1文のつながりを理解して、1本のストーリーとしてとらえる意識を持ってください。

 

内容一致問題の解き方

 

8つの選択肢から3つの正解を選ぶ問題など、選択肢がとても多いケースがあります。

選択肢が多くなればそれだけ、問われる内容も細かくなります。

長文を全て読み終わってから解こうとすると、細かい部分が頭から抜けていて、判断ができない可能性が高いです。

パラグラフを1つ読むごとに選択肢に目を通して、判断できるものからチェックをつけていきましょう。

そうすればスピード、正答率ともに上がります。

 

タイトル選定問題の解き方

 

タイトル選定問題は、「自分が新聞記者だったら、どんなタイトルをつけるかな」と考えてみてください。

長文の内容を一言でまとめると、どうなるかということですね。

一部分だけを表しているものや、重要でない部分に言及している選択肢はNG。

全体の内容をまとめていて、なおかつキーとなる部分をおさえているタイトルを選びましょう。

 

久留米大学の英語の傾向と対策まとめ

 

久留米大学の英語は基礎的な問題を、いかに確実に正解していけるかがカギになっています。

形式にはやや特徴がありますから、早い段階から過去問演習に入って、慣れておいた方が良いですね。

早めに基礎固めをして、後はどんどん過去問演習です!


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら





































【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.