駒澤大学文学部の編入試験の英語の過去問の傾向と難易度!英語の対策と勉強法も


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

152秒で読めます。

駒澤大学文学部の編入試験の英語の対策法

 

駒澤大学文学部の編入試験の傾向と難易度

 

英語の試験は文章量の少ない長文と、文法の問題がメイン。

どちらも難易度はさほど高くなく、基礎~標準レベルの内容がほとんどです。

基礎からきちんと土台を固めていけば、問題なく合格点が取れるようになるでしょう。

逆に背伸びして応用的な内容ばかり勉強しようとしてしまうと、失敗する原因になってしまいます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

駒澤大学文学部の編入試験の長文の対策法

 

英語長文は1文1文をしっかりと理解していき、なおかつ文のつながりを理解していきましょう。

「訳す」のではなく「ストーリーを理解する」ことが大切です。

ストーリーが理解できていないと解きにくい問題が多いので、日ごろから意識して長文に取り組んでください。

特に特別な対策は必要なく、「精読力」を高めていくことがカギとなるでしょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

同じ意味の語句を選ぶ問題の解き方

 

長文の中の語句に下線が引かれていて、同じ意味の語句を選ぶ問題。

この問題は「文脈」を理解することがとても大切になります。

語句そのものの意味だけでなく、文脈の中でどういう使われ方をしているかに注目しなければいけません。

選択肢を見る前に語句の意味を推測し、その内容と一番近い選択肢を選んでください。

選択肢を先に見てしまうと、どうしても先入観が入ってしまいますからね。

 

駒澤大学文学部の編入試験の文法の対策法

 

独立して出題される問題だけでなく、長文の中でも文法の知識が問われています。

基礎レベルの内容が多いので、講義形式の参考書で文法を理解し、問題集でアウトプットすればOK。

問題集は1冊で構わないので、完璧になるまでやりこんでください。

そうすれば文法の問題は、ほとんど正解できるようになるでしょう。

 

また文法問題の中で英熟語、構文などが問われるケースもあります。

熟語や構文は基本的なものだけで良いので、インプットしておいた方が良いですね。

 

駒澤大学文学部の編入試験の英語の対策まとめ

 

ここまで何度もお伝えした通り、難問はほぼ出題されないといっても過言ではありません。

基礎から徹底して勉強して、「うろ覚え」にならないようガッチリと固めていってください。

例えば単語であれば暗記カードを作ってテストをする、文法であれば問題集でミスした問題を繰り返し解きなおすなど。

本当に基礎が固められている受験生は意外と少なく、いざ試験になるとど忘れを連発してしまいます。

だからこそ基礎固めに徹することで、他の受験者と差をつけて合格することができるんです。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:49 PM