古文や漢文、漢字を捨てるのはあり?私大文系(GMARCH/日東駒専など)の方は必見!


古文や漢文、漢字などを捨てるのはあり?

 

受験生
受験まであまり時間もないので、古文や漢文、漢字などを捨てても良いでしょうか?
結論から言えば、捨てるという選択肢は良くないね。どう対処していくべきか詳しく解説していくから、良く聞いておいてね!
筆者

 

古文や漢文、漢字を捨てるのはNG!

 

配点が少ないし時間もないから、古文や漢文、漢字などを捨ててしまおうと考える方も多いでしょう。

しかし出題されるのが分かっている分野を捨てるのは、大幅なハンデになります。

合格最低点の前後1,2点の付近に、最も多くの受験生が集中します。

それだけ受験はシビアな戦いになりますから、1つの分野を丸ごと捨てて合格するのは、かなり難しいんです。

 

またゼロの状態から、6割くらいまで到達させるのは、さほど難しくありません。

というのも問題の7割ほどは基礎問題で、その部分は基礎を一気に勉強すれば、すぐに伸ばせるからです。

逆に英語で7割取れているものを、さらに1割伸ばすのはものすごく大変です。

同じ10点を伸ばすのでも、ゼロの状態から伸ばす方が圧倒的に効率が良いでしょう。

ですから「時間が無いから捨てる」のではなく、「時間が無いからこそ、伸ばせる部分に集中する」という考えで臨んでください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

古文や漢文、漢字を勉強する上で大切なこと

 

ギリギリ合格点を取れるようにするために、最低限必要な基礎を一気に固めてしまいましょう。

古文は優先順位の高い単語と文法。

漢文は句形と漢字。

漢字は出題頻度が高いもののみを、完璧にしてください。

 

ここまでであればさほど時間はかかりませんし、全体の点数をグッと底上げできます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

「捨てる分野」は作らないようにしよう

 

古文や漢文、漢字に限らず、捨てる分野はできる限り作らないようにしてください。

例えば英語で「発音・アクセントは良く出るけど、時間が無いから捨てよう」、「自由英作文は後回しにしよう」など。

どの分野も最低限のカバーであればさほど時間はかかりませんし、効率良く点数を上げられます。

逆にその分野を捨てたからといって、他の部分の点数をさらに伸ばせるかといったら、そんな保証もありません。

目の前の課題から逃げようとするのではなく、立ち向かっていってください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

面倒な分野ほど早めに対策しておこう

 

「この分野は配点が小さいから、後回しで良いや」と考えていると、どんどん入試が近づいてきてしまいます。

結局、本番までに対策できなかったという方も大勢いたことでしょう。

そうならないために、早いうちから1日5分、10分でも良いので取り組むようにしてください。

1日10分の対策でも、1ヵ月にすれば5時間、2ヵ月で10時間も対策できたことになります。

早いうちからスキマ時間を活用して、少しでも触れていけるかどうかが、入試本番で大きな差になります。

 

古文や漢文、漢字は捨てるべき?まとめ

 

ポイント

・1つでも分野を捨てると、合格の難易度が大きく上がる

・ゼロから基礎固めをすれば、さほど時間はかからず、得点も稼げる

・できる限り早い時期から、1日10分でも勉強しておこう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.