英語構文詳解の評判と使い方&勉強法!レベル/難易度も【MARCH~東大早稲田慶應】


▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

英語構文詳解のハイレベルな使い方&勉強法

 

英語構文詳解

 

英単語・英文法・英熟語を勉強している受験生は、もちろんたくさんいます。

では英語構文はどうでしょうか。

あなたはちゃんと、英語構文を勉強していますか?

 

英語構文は英文法の問題や、英作文・並び替え問題・和訳問題など色々なところで問われます。

受験生がニガテとしている問題にこそ、英語構文の知識が必要なんですね。

とはいえ英単語のように丸暗記をするだけでは、英語構文は力を発揮しません。

「It that構文は強調」

と覚えても、It that構文を使って英作文を作ったり、並び替え問題に答えたりはできませんからね。

ですから英語構文は理解したうえで、暗記もしなければいけないんです。

そんな勉強にぴったりなのが「英語構文詳解」。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英語構文詳解の特徴

 

英語構文詳解は、整序問題(並び替え問題)を通して、英語構文を深く理解していく参考書です。

実戦形式で英語構文を学べるので、丸暗記を防ぎ、得点にも直結します。

著者の伊藤先生が、丁寧に解説してくださっているのも、英語構文詳解の特徴です。

伊藤先生らしい “カッチリした・堅さ” のある参考書ではありますが、その分、本物の力が身に付きますよ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語構文詳解のレベル

 

到達目標レベル

 

英語構文詳解をマスターすれば、英文法の問題の得点力がグンと上がります。

今まで勉強してこなかった部分を深く学べるので、目に見えて偏差値が上がるでしょう。

また英作文・和訳・並び替え問題といった、配点が高い問題も得点できるようになるので、周りの受験生と差をつけられます。

 

対象となる受験生のレベル

 

“基礎的な英文法力”“基礎的な英文解釈力” の2つを身につけてから取り組みましょう。

この2つを土台として、さらに力をつけていきます。

 

中学レベルから、英文法マスターになるための勉強法」をまずはご覧いただき、英文法の土台を固めてください。

英文解釈の力とは、5文型を理解し、SVOCをしっかりと理解しながら英文を読む力です。

入門英文解釈の技術70」などで構造を理解しながら、英文を読む力をつけておきましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英語構文詳解の効果的な使い方&勉強法

 

使い方ステップ①問題を解こう

 

まずは問題を自力で解きましょう。

そして解説を読んで、深く理解します。

ミスした問題には必ずチェックをつけて、何度も復習してください。

 

使い方ステップ②例文を音読しよう

 

覚えた構文を得点につなげるためには、自分で英文を作れるようになる必要があります。

そうしないと英作文や並び替え問題には対応できません。

そこでおすすめなのが、例文を音読して、体に覚えこませることです。

例えば[The bag was too heavy to carry.]という例文を覚えておけば、The bagやheavy,carryを置き換えることで、自分で色々な英文を作れるようになります。

全ての例文を完璧に覚えようとしていたらキリがないので、それくらいの意識で音読すればOK。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

英語構文詳解が終わったら?

 

英語構文詳解で英語構文を理解したら、今度は英語構文を暗記していきましょう。

理解したうえで暗記できれば、英語構文マスターと言えます。

おススメは「解体英語構文」です。

「英作文や並び替え問題で得点できるようにする」ことを忘れずに、英語構文を暗記してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語構文詳解の使い方&勉強法まとめ

 

・英語構文詳解は、英語構文を理解して、入試本番の得点力を上げる参考書

・例文を音読して、体に覚えこませよう

・英語構文詳解が終わったら、解体英語構文などで暗記していこう



▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.