高校世界史の難しい近代史まとめ!いつから?どこから?勉強法と覚え方を解説!








222秒で読めます。

高校世界史の近代史の勉強法

 

世界史における近代とは産業革命から第二次世界大戦終結までのことをいいます。

まずは大きな転換点である産業革命、第一次世界大戦、第二次世界大戦の流れを確認したいと思います。

 

産業革命

 

近代において、主役になる国は簡単に言えば産業革命を国です。

最初にイギリス、次にフランスなど西欧諸国、アメリカ、そして、ドイツ、さらにはロシア、日本というように、産業革命はイギリスを出発点として、世界各地に伝播していきます。

産業革命をした国は近代化し、力をつけ、世界に影響を及ぼすようになります。

この流れをまずおさえましょう!

またこの時代では、産業革命に影響を及ぼした発明品などが文化として出てきます。

頻出問題なのでよく確認しておきましょう!

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

第一次世界大戦

 

近代化して大きな力をつけた国同士が引き起こす戦争は、かつてないほどの規模になります。

サラエボ事件を発端として、フランス、イギリスを中心とする連合国とドイツ、オーストリアを中心とする同盟国が争う第一次世界大戦に発展します。

連合国と同盟国に分かれている国々を見ると、連合国が先に産業革命を成し遂げた国で、同盟国が遅れた国だということが分かります。

産業革命は後の戦争にも影響を及ぼしているのです。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

第二次世界大戦

 

第一次世界大戦で大きな損害が出たことの反省から、列強諸国は国際的な組織である国際連盟を作り、戦争を抑止しようとします。

もっとも、国際連盟はアメリカの不参加や日本、ドイツの脱退などで力を落とし、実質的に機能を喪失してしまいます。

その後ドイツがポーランドへ侵攻したことを発端に、枢軸国(ドイツ、日本など)と連合国(アメリカ、イギリスなど)が争う第二次世界大戦が勃発します。

第一次世界大戦と同様に総力戦だったのですが、より強力な兵器が開発、使用された結果、第一次大戦よりも遥かに多くの被害が出てしまいました。

 

高校世界史の近代史の勉強法と覚え方

 

まずは近代史全体の流れを把握しましょう!

歴史は細かい用語を暗記するよりも、最初に全体の流れを把握した方が得点は伸びやすいです。

全体の流れを理解してからの方が、知識も覚えやすくなりますからね。

全体の流れを把握する、と言っても世界史日本史と違い様々な国が登場してきます。

国単位ではなく、地域単位で流れを把握することをおすすめします。

 

世界史の勉強をしているときに、年号がどうしても覚えられないという受験生もいると思います。

語呂合わせで年号を必死に覚えている受験生も多いでしょう。

ただ大学や試験によっては、正確な年号を問われないケースも少なくありません。

例えば出来事の順番を並び替える問題などは、大まかな年代と周りの語句との順番がわかっていれば、それで正解できます。

逆に年号の数字だけを覚えようとしても、深い理解を問う問題には対応できません。

 

志望校や受験する試験の過去問を確認して、年号をどの程度まで深く覚えるべきか、確認しておきましょう。

また出題される範囲も、試験によって偏りがある可能性もあります。

近代史が頻出であったり、記述・論述問題が出題されたり。

受験は限られた時間の中での戦いですから、得点を稼ぐために効率的な勉強を進めていかなければいけません。

過去問を分析して、どのように勉強を進めていくか、計画を立ててください。


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら





































【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.