灘高キムタツの東大英語リーディングの難易度/レベルと使い方&勉強法!評価/評判も


灘高キムタツの東大英語リーディングの使い方&勉強法

 

灘高キムタツの東大英語リーディング

灘高キムタツの東大英語リーディングの特徴

 

東京大学の二次試験の英語は、出題方式が例年同じであり、その方式に合わせた対策が必要不可欠になります。

点数の内訳は、点数はリスニングが2.5割で、残りは要約や長文読解などのリーディングで占められています。

つまり、リーディングができないと東大の英語で点数を取るのは不可能に近いのです。

そんなリーディングをまとめて対策できるのが、「灘高キムタツの東大英語リーディング」です。

非常に質の高い参考書ですので、正しい使い方と勉強法を学び、グンと成績を伸ばしていきましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

灘高キムタツの東大英語リーディングの使い方&勉強法

 

まず、各出題方式について、東大の過去問を解いてみます。

(これは、東大のホームページ等に載っているので、各自手に入れてください。)

よほど英語に長けていない限り、解いている途中でわけがわからなくなったり、解けたとしてもかなり時間がかかったりするはずです。

 

そして、その次に「灘高キムタツの東大英語リーディング」を使います。

まずは、最初のSTRATEGYを何回も読んで、東大の英語の試験に関する知識を身につけます

そして、各形式についての問題の解き方の部分を読み、それを実際に解いた過去問と照らし合わせて、自分の解き方のどこが違うのか、どうすればもっと速く解けるのかを考えます。

その次に、問題の解き方を参照しながら、後半のページに掲載されている練習問題を一つ解きます。

そうすることで、解法の具体的なやり方が分かるようになります。

ここまできたら、後は慣れが重要です。

残っている練習問題をどんどん解きます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

使い方&勉強法の注意点

 

この「灘高キムタツの東大英語リーディング」を使用するにあたって、何点か注意すべきことがあります。

一つ目は、1日に同じ問題形式のものを解きすぎないということです。

英文を1日に複数読むと、内容の交錯が起こってしまったり、解法が身につかなかったりと、デメリットがとても多いからです。

やるとしても、1日2題までに抑えたほうが良いです。

 

二つ目は、短期間で一気に終わらせないことです。

練習問題を短期間でやってしまうと、入試直前期などにもう一度解法をおさらいしたい、となった時に、過去問だと解説がしっかりしておらず、曖昧な感じになって、もやもやしながら本番を迎えることになってしまいます。

そこで、練習問題、特に難易度が星2つの物を一つ残して、スランプに陥った時に解いてみるといいでしょう。

 

三つ目は、日本語訳を読みすぎないということです。

この参考書には、練習問題ごとに全文和訳が掲載されていますが、それを全て読むのは時間の無駄です。

解いてみて、わからなかった部分だけを確認したり、設問に関連した部分だけをピックアップして読むようにしたりしましょう。

そのようにすることで、効率的に、どこが文章の肝なのかを見抜けるようになります。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

灘高キムタツの東大英語リーディングの使い方&勉強法まとめ

 

灘高キムタツの東大英語リーディングを正しい使い方と勉強法で進めていけば、相当な力が身に付きます。

しかし難易度も高いため、スラスラ解き進められないことも多いかと思います。

問題や解答解説以外にも、モチベーションアップのためのインタビューが掲載されています。

勉強に行き詰まった時や、自分の進路で迷いが生じた時に読んでみると、役に立ったり、気が紛れたりするので、気分転換に読むことをお勧めします。

 

私は配点がものすごく大きい英語長文を攻略したことで、1ヵ月で偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.