英文法基本300選のレベル/難易度と使い方!CD音声の音読のやり方。評価/評判も


英文法基本300選

音読で英文法を深く学ぶ「英文法基本300選」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「英文法基本300選」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

英文法を学ぶ参考書として、やや特殊な形式の「英文法基本300選」。

予備校講師の私からしても、おすすめできる1冊です。

ここでは「英文法基本300選の特徴とレベル」「偏差値を伸ばすための使い方」の2点を詳しく解説していきましょう!

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文法基本300選とは

英文法基本300選の特徴まとめ表

英文法基本300選は英文法の問題を解き、その問題を何度も音読することで、感覚的に英文法を理解するための参考書。

下の写真のように、左に問題、右に正しい英文と日本語訳という形になっています。

英文法基本300選の中身

「問題を解けるようにする」というよりは、「文法を深く理解して、使いこなせるようにする」ことを目的にしています。

 

CDの音声を活用しよう

英文法基本300選のCD

英文法基本300選の一番の特徴は「CDで音声を聴ける」こと。

例文の音声を聴いて音読することで、英文法を自分の中に取り込んでいくイメージです。

理屈で何とか理解していくということではなく、ネイティブに近い方向性で感覚的に学んでいきます。

 

解説は詳しくない

英文法基本300選は下の写真のように、解説がほとんどありません。

英文法基本300選の解説

問題をガンガン解いて、解説を読んで知識を蓄えるというよりは、やはり感覚的な理解に比重が置かれています。

 

英文法基本300選のレベル/難易度

収録されている例文は基礎~MARCH・関関同立レベルで、さほど難しくありません。

基本的な英文法や語彙を理解できていれば、十分に勉強を進められるでしょう。

1冊きちんと取り組めば、大学受験における英作文やスピーキングには、かなり強くなれます。

早慶や難関国公立レベルの英作文でも、回答できる問題が増えるでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

注意:基礎を理解してから取り組もう

英文法基本300選は問題を解いて、例文を取り込むための参考書です。

掲載されている例文は自力で理解できるようでないと、この参考書を活かすことができません。

解説も詳しくないので、最低限の基礎的な語彙や文法は勉強してから取り組みましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

新・基本英文700選との比較

新・基本英文700選

新・基本英文700選も同様に、重要な例文を暗記していく参考書。

英文法基本300選よりも倍以上例文の数が多いので、かなりのボリュームになっています。

解説はほとんどないので、自力で英文を理解しなければいけません。

英文法基本300選よりもレベル、例文数ともに多く、上級バージョンですね。

 

英文法基本300選の使い方&勉強法

ステップ①例題を解く

まずは左ページの例題を解いて、右の例文で確認しましょう。

解説は詳しくないので、必要に応じてインターネットも活用して、知識を広げてください。

英文法の理解が浅いと感じたら、英文法の参考書で復習してから、英文法基本300選に戻りましょう。

 

ステップ②まずは黙読する

すぐに音読したい気持ちもわかりますが、まずは黙読で徹底的に理解を深めてください。

音読は「英語を発しながら理解する」という行為なので、難易度がかなり高いです。

黙読で深く理解してから音読へ進まないと、なんとなく英語を発しているだけになってしまいます。

特に文の構造をきちんと理解できるよう、意識して取り組んでください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

ステップ③音読しよう

スキマ時間も活用して、例文を何周も音読しましょう。

英文法基本300選の例文は、超重要な英文法のポイントが含まれているので、英作文や並び替え問題などで狙われやすいです。

英文法を理解しているだけでは、自分で英文を書くことはできません。

「例文音読して、感覚的に理解する」ことで初めて、該当の英文法を使った英文を書けるようになります。

もちろんスピーキングやリーディング、リスニングのトレーニングにもなります。

 

誰かに伝えるイメージで音読しよう

音読をする際には「このメッセージを誰かに届けよう」という意識で、取り組むようにしてください。

誰かに伝えようとすれば、自分はその英文を自然と深く理解するようになります。

そしてスピーキングにも活きてきますので、ただ英文を発するだけでなく、意味のある音読をしましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文法基本300選が終わったら次は?

英文法基本300選が終わったら、英作文の対策をする場合は、英作文の参考書へと進んでいきましょう。

暗記した英文を活用して、実際に英文を書けるようにしていきます。

おすすめは「英作文ハイパートレーニング 和文英訳編」。

英作文ハイパートレーニング 和文英訳編

英文の書き方から詳しく解説してくれるので、学んだ文法の知識を英作文に活かすことができます。

英作文は配点がとても高いので、志望校で出題される場合は必ず対策に取り組んでおきましょう。

「いつから英作文の対策をすれば良いですか?」というご質問を良く頂きますが、時期は早いに越したことは無いので、すぐにでも対策に入ってください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文法基本300選のレビューまとめ

ポイント

・英文法を音読して、感覚的に理解する参考書

・英文に対する解説は詳しくない

・基礎的な文法や語彙は固めてから取り組もう

・終わったら英作文のトレーニングへ





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.