慶應義塾大学薬学部の化学の対策&勉強法!過去問の傾向と難易度、参考書【慶應薬学部化学】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

230秒で読めます。

慶應義塾大学薬学部の化学で合格点を取る対策&勉強法

 

慶應義塾大学薬学部の化学

慶應義塾大学薬学部の化学の傾向と難易度

 

慶應義塾大学薬学部の化学は大問5問の構成で、制限時間100分満点が150点となっています。

2013年から化学の配点が150点となり、他の受験科目である英語や数学よりも配点が高くなっていることから、化学のできる学生が求められていると言えます。

そのため、慶應義塾大学薬学部を志望する学生は化学に最も重点をおいて勉強するのが良いでしょう。

最低点がおおよそ65%であることから、100点を目標点として対策していきましょう。

 

難易度は標準〜難となっており、計算量が多く記述もあるため時間内に全て解き切ることはかなり難しいと言えます。

そのため、得意な分野や難易度の低い問題を確実にとり点数を稼ぐことが重要です。

近年の出題傾向から、無機化学や理論化学を含む総合的な問題が3問有機化学が2問という構成になっています。

理論化学からは平衡や反応速度論気体や液体の性質といった分野が出題されやすくなっています。

また、有機化学では有機化合物の構造決定高分子化合物が1問ずつの場合が多く見られます。

理論化学と比較すると解きやすい問題が多いため確実に得点すべき分野でもあります。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

慶應義塾大学薬学部の化学の対策&勉強法

 

対策&勉強法①無機化学

 

標準的な知識を問われることが多いので、前半の穴埋め問題は時間をあまりかけずに確実に得点していきたいところです。

慶應義塾大学薬学部の教授の中にフラーレンを研究している方がいらっしゃるので炭素に関する問題が定期的に出題されており、近年でも2016年に出題されています。

計算問題は必ずあり、窒素に関する問題の場合は平衡と融合した問題になるなど総合的な知識と処理能力が問われます。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

対策&勉強法②理論化学

 

かなり解き難い問題が多く出題されます。

問題集によく載っているような典型的な問題というよりは難関国立大学で出題されるような問題文を読み解く力を求められるような問題で、条件を正しく整理する能力が必要となります。

また、他の私立薬学部では出題されない記述問題もこの分野に含まれています。そのため、国立大学の過去問演習が効果的でしょう。

 

対策&勉強法③有機化学

 

有機化合物の構造決定については毎年出題されており、必ずできるようになっておく必要があります。

難易度が高い年もありますが、全体としては標準的な問題なので得点源になるでしょう。

高分子化合物に関しては、実際に薬として使用されている化合物の名前が出題さるなど化学の資料集のコラムの欄でしか見ないようなことまで問題となっています。

2015年には北里大学の大村智先生が微生物の合成する有機化合物を元に抗生物質を開発しノーベル医学生理学賞を受賞されましたが、その翌年に作成された2017年度の問題では有名な抗生物質であるペニシリンの名前とその構造が問われており、近年の日本の研究成果にも注目しておくと良いかもしれません。

 

慶應義塾大学薬学部の化学の対策&勉強法のまとめ

 

全体として難易度が高く、スピードも求められるため「新演習」レベルの問題を自分で制限時間を決めて解く練習が効果的でしょう。

問題を読んで理解するスピードが求められるため、難関国立大学の化学の過去問を解いておくと良いです。

有機化学に関しては生物学的な知識が助けとなることが多いので、生物基礎で学ぶ内容を一通りさらっておくとさらに得点に繋がります。

初見であっても落ちつてい条件を整理し、自分の知っている問題といかに結びつけられるかが勝負になります。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら

>>LINEで無料で、英語の勉強法を知りたい受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


友だち追加




⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら



【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。 当ページをPCからご覧頂いている方は、スマホでQRコードを読み取っていただいても構いません。

友だち追加
3:39 PM