英語長文の下線部をたずねる問題の解き方のコツ!和訳や意味の回答対策


大学受験の英語長文では、下線部の内容を問う問題が多く出題されています。

和訳を求める問題や、下線部の意味を問う問題など。

ここでは大学入試の下線部を問う問題について、徹底的に解き方のコツをお伝えしていきます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

下線部の語彙を問う問題

英語長文の中の語彙に下線が引かれていて、近い語彙の選択肢を選ぶ、もしくは訳を記述する問題。

この形式が大学入試の中では、最も多く出題されています。

大切なのは「文脈をしっかりと理解し、その中で語彙がどのような意味をあらわしているかを考える」こと。

語彙の訳だけでなく、文脈まで理解しないと、正しい訳にたどり着くことはできません。

 

そして選択肢があっても、選択肢を見る前に自力で推測して、一番近い選択肢を選ぶようにしましょう。

先に選択肢を見てしまうと、先入観が入ってしまい、ミスの原因になります。

 

日ごろから英語長文で知らない語彙が出てきたときに、すぐに訳を見ずに、自力で推測するトレーニングをしてください。

このトレーニングを毎日繰り返していくことで、推測力が鍛えられていきます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

下線が引かれたフレーズや文の意味を問う問題

語彙ではなく、フレーズや英文など、広い範囲で下線が引かれていて、その内容を問う問題。

この問題は語彙だけを問うものよりも、配点が高いので正解したいところです。

 

こちらも下線に至るまでの流れ、そしてそのあとの流れまで読んでから、下線部を理解してください。

下線部の前後だけで理解しようとすると、正しい回答にたどり着けません。

選択肢がある場合も、下線の意味を自分なりに訳したうえで、一番近い選択肢を選びましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

下線部の和訳問題

下線が引かれた英文を、日本語に訳す問題。

記述式の問題はかなり配点が高いので、日ごろから積極的に対策しておきましょう。

 

アプローチの方法は、ここまでお伝えした内容と変わりません。

下線部の前後だけでなく、文脈をしっかりとくみ取ったうえで、下線の訳を考えていきます。

 

和訳を求められる部分には、訳しにくい部分や、知らない語彙が含まれているケースも多いです。

簡単に訳せないことは出題者も把握していて、その中でどう対応していくかを見ているのです。

ですからすぐにあきらめずに、文脈をフルに活用して、わからない語彙などを推測してください。

 

また和訳は「下線部を直訳する」のではなく、「文脈に合わせて、採点者がスムーズに理解できる訳」を作らなければいけません。

和訳というのは日本人に向けて書くわけですから、日本人がスムーズに理解できないようでは、正しい訳とは言えないのです。

「文脈を意識する」「わからない部分は推測」「自然な日本語を書く」の3つを意識すると、和訳の力は大きく上がります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英語長文の下線部の問題まとめ

ここまでお伝えしたテクニックを理解したうえで、問題をたくさん解いてください。

その中で自分で見つけたポイントは、さらにルールに追記していくことで、得点率を伸ばすことができます。

ただテクニックはあくまでテクニックであり、英語長文が読めていないと全く回答はできませんので、その点は注意しなければいけません。

テクニックよりも、英語長文を読めるようにすることを大切に、勉強に取り組みましょう。


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.