鹿児島大学のキャンパスライフ、評判と口コミ!授業やサークル、文化祭の雰囲気






鹿児島大学の学生が書いた!実際のキャンパスライフを大公開

 

鹿児島大学のキャンパスライフ!

鹿児島大学の雰囲気

 

鹿児島大学は、9つの学部を有しており、鹿児島県内きっての国立の総合大学です。

郡元キャンパス、下荒田キャンパス、桜ヶ丘キャンパスの三つから構成されています。

下荒田キャンパスには水産学部、桜ヶ丘キャンパスには医学部、歯学部が入っており、それ以外の学部は郡元キャンパスに入っています。

多くの学生が行き交う郡元キャンパスには、南国らしい背の高いヤシの木が植えられており、学生も明るくのんびりした人が多く通っています。

 

また、「学習交流プラザ」という建物があることも特徴です。

この建物は、「本学の学生・教職員等が相互に交流を深めることにより、学生の進取の精神を育み、活気ある交流と情報交換を促進するとともに、学生の自主学習を支援することを目的として、設置された施設である」(鹿児島大学公式ホームページより)

このような説明にあるように、学部の異なる様々な学生が集まりお互いに切磋琢磨しながら勉強に励んでいます。

一階にはおしゃれな食堂や売店、文房具や書籍が購入できるショップもあり、一日過ごすことができます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

鹿児島大学のキャンパス周辺の施設

 

郡元キャンパスは鹿児島市内にあり、新幹線も通っている鹿児島中央駅から市電を利用すると10分もかからずに行くことができます。

大学周辺には飲み屋も数多くあり、中でも学生が最もよく利用するエリアは騎射場という場所です。

2,500円で2.5時間飲み放題付きのコースなどが用意されており、大学入学時の新歓や学部学科での歓迎会などでよく利用されます。

また、コンビニやファミレスなども大学周辺にたくさんあるのでとても便利です。

 

鹿児島大学の学生がよく利用するところとして鹿児島中央駅、天文館があります。

鹿児島中央駅にはアミュプラザが併設されており、ファッションブランドや飲食店、映画館が入っています。

天文館は鹿児島市内で最も大きな繁華街であり、多くの観光客が訪れます。

お土産を買ったり美味しい料理を食べたかったりしたい時には、まず最初に訪れた方がいいです。

2020年には再開発が行われる予定で、鹿児島中央駅、天文館周辺はもっと活気付くはずです。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

鹿児島大学の授業の雰囲気

 

鹿児島大学の学生は1年次に共通教育科目を受講します。

文系理系ともに幅広いことを扱っているので興味関心のある授業が必ずあるはずです。

ユニークな科目として、焼酎に関するものや鹿児島大学の卒業者である稲盛和夫氏のリーダー論、また、地域に関係した科目も数多くあります。

出席しているか確認する方法は、学生証を専用の読み取る機械にかざす、出席カードに名前を書く、小レポートを授業の最後に書かせ、その提出状況で確認する、の3つに分けられます。

 

多様な学部の人たちが集まるので、話してみることで様々な発見や刺激につながります。

最近ではアクティブラーニングが取り入れられているのでグループを作って活動することもあります。

基本的には5,6人ほどの人数で構成され、課題ごとにグループのメンバーが変わることもあります。

 

鹿児島大学のサークル

 

鹿児島大学では2018年現在、文化系23団体、音楽系9団体、体育系29団体の部活動と文化系30団体、音楽系6団体、体育系24団体の同好会があります。

それぞれの団体によって活動頻度や内容が異なります。

大学に入学するとたくさんのサークルの人たちからの勧誘や新歓への参加に誘われたりします。

新歓ではご飯などをただで食べることができるので多くの新歓に参加し、先輩方と話すだけでもたくさんのことを知ることができるでしょう。

また、入部、退部は自由なので自分のライフスタイルに合うサークルを見つけるといいです。

 

鹿児島大学の文化祭

 

文化祭は毎年11月の上旬から中旬にかけて行われます。

基本的にサークルごとに店を出店します。

教育学部では各専修で店を出店しています。学生に限らず、毎年多くの地域の方が訪れます。

学祭初日にサークルごとに鹿児島大学周辺をオリジナルの神輿を作って、様々な格好で行進するのが見所です。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.