化学の新研究の評価と使い方!いつから?改訂版の違いも【東工大&医学部レベル】


化学の新研究の評判と使い方

 

化学の新研究

­­ 化学の新研究の特徴

 

授業を聴いていて、あるいは、問題集の問題を解いていて、「えっ? 今の説明、どういう事?」と思った経験はありませんか?

そのような、色々な疑問が湧いた時の「疑問解決用の辞書」としておすすめするのが、この「化学の新研究 (三省堂)」です。

有名な卜部 吉庸(うらべよしのぶ)さんが手掛けた1冊。

教科書の本文全体を、徹底的に詳しく解説してあるのが特徴の参考書です。

勉強内容のまとめページや覚え方の一覧は、とことん省かれています。

化学の新研究の内容に真剣に取り組めば、化学全体の知識をどんどん積み上げていくことができます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

化学の新研究のメリット

 

化学の新研究は「高校化学の範囲を全て網羅している辞書的な参考書」です。

時には高校化学の範囲を超える、詳しい解説もあります。

この網羅性は、化学の新研究の最大のメリットだと言えるでしょう。

化学の新研究が一冊あれば、高校化学の疑問点は全て解決されると言っても過言ではありません。

もちろんこの一冊で理論化学・無機化学・有機化学の各分野が抑えられています。

情報量が多く大学受験レベルを超える内容も含まれているので、大学に入学してからも活用できます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

化学の新研究のデメリット

 

化学の新研究は調べ物をしたい時に使用する参考書なので、メインの教科書のようにして勉強を進めていけるわけではありません。

国語辞典や漢字辞典、社会科の資料集や地図帳なんかを1ページ目から通読して勉強する人はなかなかいないと思います。

これから化学を勉強しようと考えている方は、間違っても化学の新研究をイチから勉強しようと考えてはいけません。

 

また無機化学の金属結合の解説や有機化学におけるスピンの解説などでは、化学の新研究独自の解説がなされていたり、誤植(間違い)が含まれたりしています。

独自の解説については、これまでの別の参考書で既に学習していれば、その内容と混乱しないように注意する必要があります。

誤植の部分については、学術的に重箱の隅をつつくレベルのことなので、さほど気にする必要はありません。

これだけの内容を網羅して詳しく解説している中でのほんの一部の誤植ですので、「大学受験で合格する」という目的を果たすうえでは、全く影響はないでしょう。

Amazonなどで誤植についての批判もありますが、誤植があるから成績が伸ばせないということではないので、本質に目を向けるようにしてください。

 

全体的に解説が無機質で、色やイラストもあまりありません。

勉強を楽しく進めていくための参考書ではないので、その点は理解して進めていってください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

化学の新研究の改訂版の違い

 

化学の新研究は改定されましたが、目次に大きな違いはありません。

「Science Box」という項目が、50個追加されました。

あくまで補足の項目が追加されただけで、旧版の化学の新研究と大きく変わったわけではないんですね。

化学の新研究はそもそも辞書のように使う、情報量がかなり多い参考書です。

全てを覚えるような参考書ではないので、情報が追加されたからといって、必ずしも改訂版を購入しなければいけないわけではないでしょう。

中古で改定前のものは数百円で買えますが、改定後のものは3,000円ほどするので、コストを重視しても良いかもしれません。

 

化学の新研究のレベル/難易度

 

辞書的に使用する参考書ですから、初学者から難関大学を目指す受験生、さらに言えば大学で化学を勉強する人まで、幅広く「化学の学習者に役に立つ」参考書です。

化学のバイブルの一つとして、本棚に入れておいて損はありません。

ただ説明がとても詳しくかつ丁寧であるため、活字でいっぱいです。

色分けや図などの利用も少ないでのは、他の参考書と比べると一目瞭然。

こういった姿から、活字が苦手な方は特に使いにくさを感じてしまうかもしれません。

全ての受験生が最終的には納得でき、しっかり理解できるような内容で解説量なわけですから、仕方がないことではありますが。

本の厚さというその見た目からも、とにかく受験化学に対する本気度合いが伝わってきます。

 

化学の新研究がニガテな場合は、よりくだけた口調で簡単に説明されている別の参考書を使用した方がよいですね。

別の参考書で勉強しながらも、少しでも気になったところがあれば、化学の新研究を開いて見ると良いでしょう。

辞書として活用することで、自分の知識の幅を広げるために、化学の新研究を使っていきましょう。

 

やさしい語り口調でわかりやすい別の参考書としては、

・マンガ化学式に強くなる(ブルーバックス)

・高校とってもやさしい化学基礎(旺文社)

・鎌田の化学基礎はしめからていねいに(東進ブックス)

・岡野の化学が初歩からしっかり身につく(技術評論社)

・鎌田の化学の講義・福田の化学の講義(大学受験Doシリーズ)

あたりがおすすめです。

 

化学の新研究を辞書として使う、1日1日の積み重ねが、入試本番で大きな効果を発揮してくれるでしょう。

東大や京大、東工大、医学部など難関大学を目指す受験生ならば、特に化学の新研究を重宝することになリます。

「こんなことも説明してくれているのか!」、「学校の先生や問題集の解説もこれくらい詳しかったらよかったのに!」と受験勉強が楽しくなってきます。

他の受験生と差をつけるための、1歩進んだ不快化学の知識を蓄えるために、化学の新研究がおすすめです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

化学の新研究の使い方&勉強法

 

「化学の辞書」とイメージしてみると、化学の新研究を実際に使った勉強方法も具体的にイメージが湧いてくるでしょう。

化学を勉強していてわからない内容に出会った時には、どんどん化学の新研究を開いていきましょう。

授業の説明がわからない、宿題で出た演習問題がわからない、志望大学の過去問に挑戦してみたがわからない、そういったときに化学の新研究を手元に置いておいて調べるわけです。

「有機化学がわからない」、「化学平衡のところがわからない」、そんな時に目次から関連分野を見つけたり、索引から関連するキーワードのページを順に見ていったりしましょう。

化学の新研究は網羅性が売りの一つですから、すぐにキーワードから相当するページが見つかります。

そうして見つけたページを参照すれば、その詳しい解説できっと疑問点が解決するはずです。

化学の勉強を進めるうえで、化学の新研究を辞書として使うか、使わないかで、化学の知識の幅と深さが全く変わってきます。

化学の新研究はイチからどんどん読むタイプの参考書ではないので、早い段階から辞書として使っていかないと、後で使えなくなってしまいます。

 

化学の新研究の構成上、調べ物以外の使い方はあまりおすすめできません。

というのも、800ページ以上もある非常に分厚い本であり、説明も非常に詳しい参考書ですから、1ページ目から通読するのは私はおすすめしません。

「理学部化学科や工学部化学工学科に進学して、化学を専門に学びたい」という方々ならば趣味として通読するという選択肢も、無しではないかもしれません。

大学生になってからも頼りになるくらい内容を網羅しており、解説も詳しいです。

とはいえただでさえ高校生や受験生は時間がありませんから、そのような事をするぐらいならば、ピンポイントに志望大学の過去問で演習をしたり、他の科目の勉強をしたりした方が効率がよいでしょう。

「成績を上げたいからなんとなく1ページ目から読む」という行為は絶対に避けて下さい。

化学の新研究の売りであるはずの網羅性と詳しい解説を前にして逆にどうしていいかわからず、途方に暮れてしまいます。

あくまでも受験参考書なわけですから、効率の良い勉強を心掛けて、化学の新研究をうまく使いこなしながら受験を勝ち抜いていきましょう!

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

化学の新研究と並行で使う参考書・問題集

 

化学の新研究と並行で使う参考書、問題集として、おすすめのものを紹介していきます。

まず化学をイチから勉強する方は、「宇宙一わかりやすい高校化学」など講義形式の参考書を勉強してください。

問題集を解く前に、化学をしっかりと理解することから始めなければいけません。

 

過去問や標準的な問題演習じゃ物足りない、試験本番で高得点をとりたい、という方は化学の新演習(三省堂)がおすすめ。

化学の新研究と同じ著者による問題集なので、最も一緒に使いやすい組み合わせです。

化学の新研究でじっくり理解した内容に関連して、コンパクトにまとめられた問題を数多くテンポよく演習できます。問題演習の解説の詳しさでこちらに分があります。

内容としてはやや難しい問題が豊富に取り上げられているので、そこだけは注意が必要です。

他の科目の勉強とうまくバランスをとりながら、これらに取り組みましょう。

難関大学向けの問題集としては、化学重要問題集や、標準問題精講など鉄板どころもおすすめです。

 

また大学レベルを超えたの化学に興味のある方々であれば、実際に化学の専門書を読み始めていってももちろん構いません。

・ボール物理化学 (化学同人)

・シュライバー・アトキンス無機化学 (東京化学同人)

・マクマリー有機化学 (東京化学同人)

・理系なら知っておきたい化学の基本ノート 物理化学編 (中経出版)

・理系なら知っておきたい化学の基本ノート 無機化学編 (中経出版)

・理系なら知っておきたい化学の基本ノート 有機化学編 (中経出版)

などが分かりやすくおすすめです。

これらの本を開いてみることでも、より一層、化学の新研究の内容が豊富で、かつその解説もとても詳しいということが感じられます。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

化学の新研究の評価と使い方まとめ

 

ポイント

・化学の新研究は化学の辞書のような参考書

・初中級者から、難関大学を目指す受験生まで幅広く使える

・改訂されて項目が追加されたが、大きな違いはない

・化学を勉強する時は常に隣に化学の新研究を置いて、辞書として使おう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.