【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

速読英熟語と英熟語ターゲットと解体英熟語を比較!どっちがおすすめ?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

246秒で読めます。

速読英熟語英熟語ターゲットと解体英熟語を比較

速読英熟語と英熟語ターゲットと解体英熟語を比較

 

大学受験用の英熟語帳はたくさんあって、どれを選べばよいか分からないですよね。

その中でも超有名な「速読英熟語」、「英熟語ターゲット」、「解体英熟語」の3冊を比較してみましょう。

どの英熟語帳も難関大学に合格した先輩たちがたくさん使っているものなので、どれを使ってもOK!

自分に合う英熟語帳を見つけて、勉強していきましょう。

 

英熟語帳はまずは1冊でOK!

 

英熟語帳はセンター試験レベルであれば600~700語ほど、難関大学であっても1000語ほどで足ります。

そして「速読英熟語」、「英熟語ターゲット」、「解体英熟語」など有名な英熟語帳であれば、ほとんど1000語以上の英熟語を収録しています。

それなのに英熟語帳を2冊、3冊と持っていても、逆効果になってしまうでしょう。

掲載されている英熟語の大半はかぶっていますし、手を広げれば広げるほど「うろ覚え」になってしまいますからね。

まずは自分で決めた1冊の英熟語帳を完璧にすることが、合格への最短ルートですよ。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

速読英熟語の特徴

 

速読英熟語は英語長文の中で英熟語を覚えられるのが、1番の特徴。

英熟語を覚えながら英語長文を読むことで、英熟語をより深く理解しながら暗記できますし、英文を読む力も鍛えられます。

「英熟語は英単語と比べて覚えにくいなぁ」と感じている受験生にはぴったりですね。

また構文と熟語が分けられていて、両方を覚えられるのもとても嬉しいところ。

>>速読英熟語の詳しい紹介と使い方はこちら

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

英熟語ターゲット1000の特徴

 

英熟語ターゲット1000は、超シンプルな英熟語帳。

英熟語とその訳と、例文がきれいに並んでいます。

複雑な構成だと少し混乱してしまうので、とにかくシンプルに覚えていきたいという受験生におススメ。

英単語ターゲットと構成が同じなので、ターゲットで英単語を覚えている受験生は覚えやすいと感じるでしょう。

>>英熟語ターゲット1000の詳しい紹介と使い方はこちら

 

解体英熟語の特徴

 

解体英熟語は「問題形式で英熟語を覚えていく」タイプの英熟語帳。

実践的な英熟語の問題を解きながら覚えられるので、「入試で狙われるポイント」が分かるようになります。

速読英熟語や英熟語ターゲットと比べても量が多めですし、「暗記」に特化したものではないので、覚えるのはかなり大変。

1冊目の英熟語帳として選ぶのには、かなりハードでしょう。

>>解体英熟語の詳しい紹介と使い方はこちら

 

英熟語帳の取り組み方

 

おすすめとしては、まず速読英熟語か英熟語ターゲットを完璧に覚えること。

どちらか1冊で良いので完璧にマスターすれば、難関大学の英熟語もカバーできるようになります。

速読英熟語か英熟語ターゲットのどちらかが完璧になったら、過去問演習に入りましょう。

難関大学になると「あれ、この英熟語知らない・・・」というのがいくつか出てくるかもしれません。

その数が多いようであれば、解体英熟語に取り組みましょう。

 

まだ覚えられていない英熟語のみにチェックをつけると、4分の1~3分の1ほどになるはずです。

その量の英熟語だけをさらに追加することで、英熟語のストックが増えていきます。

最終的には解体英熟語の最後にある索引に載っている英熟語を全て覚えれば、もう英熟語は怖いものなし。

 

どの段階まで覚えるかは、時間や志望校のレベルと相談して決めていきましょう。

英熟語ばかりに時間をかけていても、全体としての得点は上がりませんからね。

 

英熟語帳の比較まとめ

 

・英熟語帳は、まずは1冊をマスターしよう

・速読英熟語は英語長文の中で英熟語を覚えられる

・英熟語ターゲットは超シンプルな英熟語帳

・速読英熟語か英熟語ターゲットがマスターできたら、解体英熟語に進もう

>>最速暗記!1000語以上の英熟語を覚えるコツはこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:53 PM