上級現代文1&2のレベルと使い方!ⅠとⅡの難易度の違い!評価/評判も【共通テスト~東大京大】


上級現代文

難関大学の攻略におすすめ「上級現代文」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の優秀者として掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「上級現代文」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

上級現代文とは

上級現代文の特徴まとめ表

上級現代文はかなり解説が詳しい、国公立大学の志望者向けの問題集。

下の写真のように、記述・論述問題がメインになっていて、ボリュームが多いです。

上級現代文の記述・論述問題

記述・論述問題の回答力を徹底的に鍛えられるので、国公立大学を志望する人はぜひ取り組んでください。

記述式の問題が収録されている過去問を、そのまま引っ張ってきたような問題集ではありません。

「頻出の記述問題を演習するために、適切な文章をピックアップ」しているので、とても効果的な演習ができるようになっています。

 

解説がとても詳しい

上級現代文は記述・論述問題がとても詳しいので、独学でも力を伸ばせるようになっています。

下の写真のように、「採点のポイント」が詳しく書かれています。

上級現代文の解説

自分の回答のどこを修正していかなければいけないのか、どんな回答を書くべきなのかが明確に分かります。

また記述問題の回答だけでなく、文章そのものの解説もとても詳しいので、現代文を読む力も磨けるでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

上級現代文のレベル/難易度

上級現代文はⅠとⅡに分かれていて、それぞれレベルが異なります。

上級現代文はⅠは中堅国公立大学ほどの難易度で、そこまで難解な文章はありません。

一方で上級現代文Ⅱは東大・京大レベルの、難しい問題が多く収録されています。

1冊ずつ完璧に固めていけば、二次試験でも自信をもって記述問題を解き進められるでしょう。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

取り組む前の注意点

どちらも記述・論述問題が中心になるので、名前の通り「上級者向け」の問題集。

共通テストで7割~8割ほど、偏差値でいえば60ほどはないと、「上級現代文Ⅰ」もかなり難しく感じるでしょう。

上級現代文Ⅱは偏差値65ほどまで到達してから、取り組むことをおすすめします。

まだ現代文の力があまりついていない受験生は、まずは「船口のゼロから鍛える最強の現代文」などで基礎を固めてください。

船口のゼロから鍛える最強の現代文

 

上級現代文の使い方&勉強法

 

ステップ①例題を解こう

まずは自分で例題を解きましょう。

その時に大切なのは、必ず自力で回答を書くことです。

大変な作業ではありますが、記述・論述問題は自分でペンを動かして書いていかないと、力はつきません。

入試本番だと思って、自分で答えをひねり出して書いていきましょう。

 

要約を作ってレベルアップ

問題を解き終えたら、100字ほどで要約を作るようにしましょう。

解説に100字要約がありますので、その要約とズレていないかを確認してください。

要約を作るようにすると、要約問題に強くなることはもちろん、要点をつかみながら現代文を読めるようになります。

難しい現代文は、論理展開を理解しながら読んでいくことが大切なので、ぜひ要約に取り組んでみましょう!
筆者

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ②採点しよう

上級現代文には採点基準が用意されているので、自分の回答と照らし合わせて正確に採点しましょう。

採点をする際には「どのように文章を読んでいれば、より良い回答が作れたか」を考えることが大切。

回答ばかりに目を向けずに、回答を作り出すまでのプロセスを修正していかなければいけません。

上級現代文は文章そのものの解説も詳しいので、何度も読み直してください。

 

また減点されやすい自分のクセがあった場合は、ノートなどに1つ1つまとめていってください。

そして、この設問にはこうやって回答するという「回答パターン」を覚えて、自分のものにしていくことが大切です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ③実践問題へ進む

例題で「設問パターン」の回答法を頭にいれたら、実践問題を解きましょう。

学んだ回答法を軸に、自力で回答をひねり出してください。

例題を解くときと同じように、100字の要約も作るとなお良いですね。

実践問題も採点をして、さらに回答力を磨いていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ④もう一度解こう

1周目で徹底的に復習し、回答法を身につけたら、もう一度解き直しましょう。

これまで学んだ現代文の読み方と回答の書き方を、頭の中で再現しながら解いていきます。

この作業をすることで、実際に入試問題を解くときに、上級現代文で学んだことを活かせるようになります。

上級現代文の内容を、体で覚えるくらいの感覚で復習しましょう。
筆者

 

上級現代文が終わったら次は

上級現代文Ⅰが終わったら、さらにレベルの高いⅡへと進みましょう。

どちらも終わったら、後は過去問演習です。

上級現代文で学んだ読解法を、頭の中で再現しながら演習してください。

 

添削を依頼すると効果的

過去問演習の際には、自分で作った回答を、学校や予備校の先生に添削してもらうのがベスト

過去問の解説は粗く、採点基準も分からないので、自分の作った回答が正しいのかわかりにくいですよね。

もし正しいと思い込んでいるだけで、実際は間違ってしまっていたら、入試本番でも大きく点数を落とすことになります。

そうならないためにも、可能な限り学校や予備校の先生に添削してもらうようにしましょう。

採点を依頼するのが難しい場合は、積極的に模試を受けて添削をしてもらい、自分の回答の問題点を修正してください。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

上級現代文の使い方&勉強法まとめ

ポイント

・上級現代文は、記述問題の回答力を身につける問題集

・一定の読解力が身に付いてから取り組もう

・ペンを使って、自分で回答を書き出すことが大切

・読み方・解き方を再現できるところまでやりこもう

・過去問でも、上級現代文で学んだ読解法を使いこなす





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.