上智大学理工学部の生物の対策&勉強法!難易度/レベルと傾向も【上智理工生物】


上智大学理工学部の生物で合格点を取る勉強法

 

上智大学生物

上智大学理工学部の生物の問題構成とレベル

 

上智大学の生物は6個の大門から構成されています。

設問は正誤問題、選択問題、計算問題、空欄補充が出題されます。

全体的な特徴として、問題の種類としては一般的なものばかりですが、正誤問題はこの大学の独特の問題であると言えます。

さらに全体のかなりの割合を占めるため出来が合否に直結します。

全体的には実験考察などの未知の問題への対処法を問われたりするということは少なく、細かな知識が問われるといった傾向があります。

また問題量も大門6つに対して、時間が90分と短いため、正確かつ、素早く問題を解く力が試されます。

全体的な難易度としては有名国公立大学にも引けを取らない非常にレベルの高い問題と言えます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

上智大学理工学部の生物の対策のカギ

 

標準的な知識が何より重要

 

上智大学の生物は全体の約半数を占める正誤問題がカギとなります。

この正誤問題は選択肢から正解を選ぶ形式ではなく、選択肢から正解を”全て”選ばなければなりません。

このため、正確に全ての選択肢を精査しなければならず、消去法などの戦法が通じません。

問われる知識の質も一般的な生物の試験とは異なり、難しい用語を覚えているかというよりも基本的な内容をどこまで正確に覚えているかが試されます。

日頃からどれだけ標準的な参考書や教科書を読み込んでいるかが点数を取る上で非常に重要となるでしょう。

受験生の知識の広さではなく深さをみる質の高い良問と言えます。

 

対策としてはやはり、標準的な参考書や教科書を読み込むことが非常に効果的です。

上智大学の生物は1度目にしたことがある問題が大半を占めます。

理系標準問題などの参考書で知識のベースを身につけた後は、標準的な参考書や教科書・図録を読み問題の背景を詳しく理解することで、本番でも慌てずに問題を解くことができるようになります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

時間短縮が合格へのカギ

 

上智大学の生物は難易度もさることながら、制限時間も他大学と比べてかなり少ないです。

特に問題後半に出てくる計算問題は時間を取られやすいため注意が必要です。

問題の大半が選択問題なので、計算問題は解く前にどの程度の時間で解けるのかを見極め後に回すかどうかの判断をすることも必要となるでしょう。

試験時間は少ないですが、問題自体は見知ったものが大半であり、特に計算問題は典型的なものがほとんどです。

このため見知った問題であっても、素早く解けるかということを意識して学習する必要があります。

過去問で制限時間内に全ての問題を解き切る訓練をすることはもちろんのこと、参考書を解く際も時間的制約をつけると良いでしょう。

 

計算問題、考察問題などを確実に正解する

 

上智大学の生物において、計算問題・考察問題は大きな得点源となります。

この二つは出題される問題が典型的なものが多く、正誤問題より解きやすいのでしっかり得点源にしていきます。

過去問を解く際にも選択問題以上に気を配り、日頃から慣れ親しんでおくことで本番でも正解を導き出せるようにしておきましょう。

 

過去問の研究が不可欠

 

本大学の生物は一般的な生物の入試とは異なる部分がかなり多いです。

攻略には他大学に比べてより一層の過去問の研究が不可欠となります。

問題形式、時間配分に慣れるのはもちろんのこと、実際に試験を受けているイメージを作りながら過去問を解くことで実際の試験でも慌てずに対処することが可能になります。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.