【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

国際基督教大学/ICUの英語の対策&勉強法!傾向と難易度【リスニング&リーディング】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

49秒で読めます。

国際基督教大学/ICUの英語で合格点を取る対策&勉強法

 

国際基督教大学/ICUの英語の傾向と対策&勉強法

 

国際基督教大学の英語の出題傾向と難易度

 

ICUの英語は、全体の意味と各文の論理関係を理解する力を見る問題となっています。

2部構成でまずリスニング(約30分)を行い、引き続きリーディング(60分)となります。

全体的に、問題の語彙や構文等はそこまで難しいものはありませんが、短い時間の中で素早く「この文章は何が言いたいのか?」といった、全体の要旨をつかむ能力が試されます。

 

リスニング問題】

ICUのリスニング問題は、他大学に比べても最難関の一つと言っても過言ではないでしょう。

そもそもリスニングのない大学も多い中、多くの時間や配点を割いてリスニングに力を入れるところに、ICUらしさが見えます。

この程度のリスニングをクリアできる力がなければ、ICUに入学してから困るということです。

ICUに入って、最低限度ついていける、そして成長できる素養のある学生を、ICUはこのリスニングを通して見ているのです。

本当にICUで学びたいという方は、受験勉強というだけでなく入学後、そして将来のことを見据えて、リスニングには力を入れるべきです。

 

【リーディング問題】

リスニング問題は、数ある大学の中でも再難易度を誇りますが、リーディング問題に関しては、比較的易しいと言えます。

ただ、60分という短い時間で結構な分量の英文を読みこなすのは、決して簡単ではありません。

英語→日本語に変換して理解するのではなく、常に英語そのままで読み、理解するクセを着けましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

ICUの英語の対策&勉強法【リスニング問題】

 

対策&勉強法①次の問題に前の問題に対する気持ちを引きずらない

 

国際基督教大学のリスニングの何が難しいか。

まず、通常のリスニングが2回程度繰り返し流されるのとは違い、ICUは1回しか音声が流れません。

また、その音声スピードは比較的早めで、ネイティブが日常会話をゆっくり話すくらいの速さがあります。

通常の大学の、2回も流れる音声とはまったくスピードは違うと思っていいでしょう。

問題は大きく3つに分かれていますが、形式はすべて同じです。

音声を聞き、4つの選択肢の中から内容に合った答えを1つ選択する、というものです。

最初は1分程度の短い音声を聞き、それに対する問も1つだけですが、段々と音声の長さが長くなり、それに伴い1つの音声に対する問いの数が増えていきます(1つの音声に4問程度)。

一問一答なら内容を見失っても次の問題で頭を切り替えればいいのですが、長い文章を聞いているときに話を見失ってしまうと、一気に4つの問の答えがわからなくなる恐れもああるので注意が必要です。

ですが仮に音声の内容がまったくわからなくなったとしても、次の問題にその気持ちを引きずらないよう頭の切り替えは常に心がけましょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

対策&勉強法②ひたすら英語を聞く

 

対策としては、とにかくひたすら英語を聞くこと。

英語のイントネーションになれること。

英語を英語そのままで理解できるようになること。

本当にこういった基本的なことに尽きます。

逆に言えば、特別な国際基督教大学のリスニングに特化した勉強方法を探るというより、基礎的な一生使えるリスニング力を鍛えることがICU対策になるということです。

まず、英語テープをきいてもさっぱり何をいっているかわからない、という方は、まずは比較的発音のはっきりした洋楽を聞くところから始めてもいいかもしれません。

また、洋画などを観て英語を学ぶ場合、ディズニー映画や海外の子ども向け映画を選ぶと、発音がきれいでかつ比較的ゆっくりしたスピードで話しているため向いています。

最初は日本語の字幕で観て、次は英語の字幕、最終的には字幕なしで自力で英語を聞き取れるようになる位になるころには、かなり英語力は上達しているはずです。

 

対策&勉強法③複合的に学ぶ

 

英語のテープを聞く時も、音声の書き起こしのあるものを選ぶといいでしょう。

というのも、英語は「聞く・書く・読む・話す」すべてを複合的に学ぶのが上達の秘訣です。

英語テープを聞くだけでなく、その文字を読み、そして音声を聞きながら文字を自分で読んでみましょう。

慣れてきたら、文字を読むのではなく、耳に聞こえる音声を自分の声で再現してみましょう(シャドーイング)。

本当に飛躍的にリスニング力を鍛えるコツです(ついでに発音も良くなりますよ)。

なおこのシャドーイングは、洋楽・洋画でも同じことができます。

好きな音楽・映画を選べば楽しくできるはずなので、ぜひ試してみてください。

 

国際基督教大学の英語の対策&勉強法【リーディング問題】

 

対策&勉強法①大まかな流れをつかむ

 

問題形式としては、3問程度の文章を読解し、内容についてそれぞれ8問ずつ回答する形。

そして穴埋め問題になります。

細かい部分まで読み解くというよりは、大まかな流れを理解する、というのが大切になります。

なお、ICUの英語問題は、留学生向けの海外の大学入試の時にも使われる「IELTS(アイエルツ)」の問題に似ていると言われます。

ICU受験対策は日本の受験参考書を解くよりも、IELTSの問題集を解いた方が同じような形式の問題を多く見つけられるかもしれません。

なお、ICUでは入学後すぐに、全新入生にこのIELTSを受験させ、そして入学生の中でも英語レベルのランク分けをしています。

実力相応のクラスに入るのがベストでしょうが、この日のためにIELTSを勉強する、という気持ちを持っていいかもしれません。

 

ICUの英語の対策&勉強法のまとめ

 

受験は長く苦しい戦いかもしれません。

ですがICUに入ってからの1年間は、より一層英語漬けの毎日が待っているはずです。
そして受験時代に勉強した英語のすべてが、きっとその時生きてきます。

ぜひその日を楽しみに、そして「英語を学ぶ」のではなく、今英語を学んでいる理由は「何かを学ぶためのツールになるから=英語“で”学ぶ」という大前提を忘れずに、学べるだけ学びましょう。

その前向きな心も、きっとICU入学に役立つはずですよ。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







2:48 PM

人気記事一覧