一橋大学の地理は難しい?傾向と対策!参考書&過去問を使った勉強法【一橋地理】






一橋大学の地理で合格点を取る対策&勉強法

 

一橋大学の地理の傾向と対策&勉強法

一橋大学の地理の傾向

 

例年、大問は3つです。

毎年出題分野が変わりますが、経済状況に絡めた地誌は高い頻度で出ています。

ほとんどが50-300字程度の論述問題です。

 

一橋大学の地理の対策&勉強法

 

対策&勉強法①とにかく基本は教科書+地図帳

 

一橋大学の地理はとにかく難しいと言われています。

確かに、難易度は東京大学、京都大学よりも高いです。

しかし、それは問われる知識が重箱の隅をつつくようなものだというわけではなく、必要な知識は高校の教科書にほとんどすべて載っています。

過去問にたくさん触れるのはもちろん大切ですが、その前に教科書を完璧にしてください。

また、他の大学に比べ、一橋大学では細かい地名、統計が出ることが多いです。

勉強するときは地図帳で地名をしっかりと覚えてください。

統計についてはマイナーなものまで覚えておいてください。

例えば、資源の分野では他の大学では鉄鉱石、石油、石炭、天然ガスくらいまで抑えておけばオーケーですが、一橋で高得点を狙うなら、レアメタル(ニッケル、マンガン、クロム等)の統計の判定ができるようにしてください(教科書に載ってないマニアックな金属を覚える必要はありません)。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

対策&勉強法②特に途上国の地誌を重点的に

 

教科書では主要国の地誌は触れていますが、途上国の地誌については記述が少ないことが多いです。

ところが、一橋大学では近年、途上国(東南アジア、カリブ海等)の地誌が出題される傾向にあります。

できれば「データブックオブザ・ワールド」という統計集を使って途上国の地誌を確認してください。

後半に各国の経済の概要や主要産業が載ってます(そんなに細かいところまで抑える必要はありませんまずは地域ごとの大体の経済状態、主要産業を把握してください)。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

対策&勉強法③過去問は添削をしてもらいましょう

 

まず、過去問は10年分解くことをお勧めします(それより前のものを解いてもデータが古く、あまり意味がないこともあります)。

一橋大学では、出題の大部分が記述です短いものでは50字程度ですが、長いのは300字程度です。

知識が十分にあっても、記述に不慣れでは特に長い記述には対応できません。

過去問を解いたら、過去問集の解答を確認するだけでなく、先生に添削してもらってください。

宅浪の方等はZ会の通信講座を使うのもいいと思います。

どうしても添削してくれる人がいない…という方は、過去問の解答と自分の解答をしっかりと見比べて自分に足りないものは何かを調べ、書き直しまでしてみてください。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法はこちら

 

対策&勉強法④直前はもう一回教科書!

 

ラスト一週間くらいは過去問を解く必要はありません。

もう一回教科書に戻って、ひたすら知識の穴を埋めることに専念してください。

 

一橋大学の地理の対策&勉強法のまとめ

 

とにかく基礎(教科書)を固めることです。

直前なのに地理が全然できない…というか方は過去問は一回でもいいです(一回も解かないというのは危険です)とにかく教科書を読み込んでください。

また、山を張った勉強はしないでください。

地図の分野(メルカトル図法とかのところです)等は飛ばす人が多いですが、もしも出題されたら大問1個まるまる解けないことになりますから、あまりにもリスクが高いです。

教科書をまんべんなく、深く学んでください。

>>共通テストやTEAP・英検も攻略!最強の英語の勉強法はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.