難関大のための上級問題特訓リーディングの評判と使い方&勉強法!レベル/難易度は?






32秒で読めます。

難関大のための上級問題特訓リーディングの評価と使い方

難関大のための上級問題特訓リーディング

難関大のための上級問題特訓リーディングとは

 

有名な肘井学氏が手掛けている、難関大学を志望する受験生向けの英語長文の問題集。

マーク・記述のバランスがちょうど良く、私大と国公立のどちらを志望していても、効果的な演習ができるようになっています。

ただ対象が上級者向けであるからか、肘井氏の他の参考書に比べると、解説はさほど詳しくありません。

SVOCMなどの構文の分析もなければ、1問1問の解説も普通の問題集と同じ程度。

同じレベルの問題集で、構文の解説まで書かれているものを勉強したい場合は、「英語長文ハイパートレーニング3」や「英語長文ポラリス3」などがおすすめです。

 

どうしても難しい英語長文が読めないという方は、「正しく英文を読むルール」を知らずに、ただ左から右へなんとなく読み進めてしまっている可能性が高いです。

英文を読むルールやトレーニング方法を知りたい方は、LINE講座をぜひ活用してみてください。

私が12回の受験ですべて失敗してしまったところから、どのようにして英語の偏差値が70を超え、早稲田大学に合格できたかをお伝えしています!

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

難関大のための上級問題特訓リーディングのレベル

 

タイトルからも分かる通り、難易度は高め。

MARCH/関関同立以上の私大や、国公立大学を目指す受験生向けです。

英語の偏差値でいえば60を超え、MARCHクラスの過去問とある程度戦えるようになっていないと、なかなか太刀打ちできません。

英語長文の読解にまだ自信が無い方は、「肘井学のゼロから英語長文が面白いほどわかる本」などがおすすめです。

「難関大のための上級問題特訓リーディング」よりもずっと解説が詳しいので、初中級者の基礎固めには最適といえるでしょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

難関大のための上級問題特訓リーディングの使い方

 

まず1題目の問題を解いてみて、明らかに長文が読めていないと感じたら、もう少しレベルの低い問題集に戻ってください。

自分の実力では読めない長文をたくさん読んでも、あまり効果はありません。

 

志望校でマーク式の問題しか出題されなくても、記述式の問題にも取り組んでください。

記述式の問題はマーク式の問題よりも深い理解力を問われるので、理解度のチェックにもなります。

問題を解いたら解説を読んで、「なぜミスをしてしまったか」を分析してください。

自分のミスの傾向をノートなどにまとめていくと、回答力が磨かれていきます。

 

解説を読み終えたら、全文をスラスラ読めるようにしていきましょう。

問題を解いて解説を読むだけでは、長文を読む力は磨かれていきません。

全文をまずは自力で読んでいき、どうしても分からない部分だけは和訳を参考にして理解してください。

難しい語彙もたくさん出てきますが、すぐに辞書を調べてはいけません。

本番でも基本的に辞書は使えませんから、難しい語彙を自力で推測する力を磨く必要があるんです。

自力で難しい語彙を推測しながら読み進めていき、自分の推測が合っているか答え合わせをして、推測力を鍛えていきましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

難関大のための上級問題特訓リーディングが終わったら

 

この問題集が終わったら、基本的には過去問演習に入ってください。

その中で自分の課題を見つけていき、その課題を埋めるために必要な参考書や問題集へと進んでいくという流れです。

「自分に何が足りないか」を常に分析し、課題を解決していきましょう。

 

難関大のための上級問題特訓リーディングまとめ

 

ポイント

・難関大学を目指す受験生向けの長文の問題集

・MARCHレベルの過去問と、ある程度戦えるようになってから取り組もう

・記述式の問題を積極的に解いて、理解を深めよう

・全文をスラスラ読めるようにして初めて、読解力が磨かれる


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.