関正生の英語の発音・アクセントプラチナルールの評判と使い方&音声勉強法【センター満点レベル】






234秒で読めます。

関正生の英語の発音・アクセントプラチナルールの評価と使い方

関正生の英語の発音・アクセントプラチナルールの評判

 

発音・アクセントプラチナルールの特徴

 

発音・アクセントプラチナルールは、受験生がニガテとする発音・アクセントを徹底的に勉強できる参考書です。

あなたは発音・アクセントの問題をカンで解いてしまっていないでしょうか。

「発音・アクセントがニガテなんだよね・・・」という受験生は、単純に対策が足りていない可能性が高いです。

発音・アクセントには「ルール」があり、そのルールを覚えているか否かで、得点が決まります。

発音・アクセントプラチナルールは大学受験の発音・アクセント問題を、これ以上ないくらい丁寧に解説してくれています。

問題もたくさん解けるので、圧倒的に足りていない「発音・アクセント問題の演習」もバッチリできますよ。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

発音・アクセントプラチナルールのレベル

 

発音・アクセントプラチナルールは、基礎的な英単語を覚えた受験生であれば、誰でも取り組めます。

1冊をしっかりとマスターすれば、大学受験の発音・アクセント問題はかなり得意になるでしょう。

私大、国公立、センター試験のどこに比重をかけている受験生にも、おすすめの1冊です。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

発音・アクセントプラチナルールの使い方

 

例題を解き、解説を読むという流れで進んでいきます。

解説には重要なルールや、覚えるべき発音記号が詳しく書かれているので、徹底的に覚えましょう。

発音を聴きたいときは公式サイトで音声をダウンロードできるので、こちらを活用すると良いですね。

CDは複数の単語が順番に読まれるので、電子辞書やインターネットで使える辞書を使った方が、効率的だと思います。

ルールや頻出の発音・アクセントを覚えたら、演習問題を解いて、力がついているかを確認しましょう。

 

発音・アクセントプラチナルールは情報量が多いですから、自分でノートを作って整理しましょう。

一度で全て覚えるのは不可能ですし、覚え切ろうとしてしまうとかなりの時間がかかってしまいます。

時間をかけて覚えても、少ししたら頭から抜けてしまうわけですから、とても効率が悪いです。

ですからノートにまとめて、いつでも復習できるようにしておくことをおすすめします。

特に自分がいつもミスしてしまうルールや単語は、目立つように書き写し、何度も復習しましょう。

 

発音・アクセントプラチナルールが終わったら?

 

発音・アクセントプラチナルールが終わったら、問題演習をしましょう。

ルールを覚えても、それを使いこなせるようにならなければ得点につながりませんからね。

おススメは「センター試験英語出題形式別問題集 1―英語 第1問 発音・アクセント・発話強調の意図 (河合塾シリーズ)」

大問1だけを何問も演習できるので、学んだルールが得点に変わっていきますよ。

 

過去問や問題集、模試で出題される発音・アクセント問題は、4択のものが多いです。

正解したとしても、4つの選択肢全ての発音・アクセントが理解できているかを確認しましょう。

理解できていなかった単語は、自分で作ったノートに書き込んでいってください。

入試本番までこの作業を繰り返すことで、自分の中に発音・アクセントのストックがどんどんたまっていきます。

ストックの量に比例して、点数が上がっていくでしょう。

 

発音・アクセントプラチナルールまとめ

 

・発音・アクセントのルールを詳しく学べる参考書

・自分でノートを作って、何度も復習しよう

・勉強し終えたら、たくさん演習問題を解こう

・新しく学んだことは、どんどんノートに追加していこう

 

>>こんなに簡単に解ける!センター試験の不要文削除問題の対策法はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.