熊本大学の合格体験記!合格するには?熊大に合格したい受験生必見!対策&勉強法


合格者が書いた!熊本大学の合格体験記

 

熊本大学の合格体験記

※この記事は熊本大学の工学部に合格された方に執筆して頂いたものです。

 

熊本大学合格を勝ち取れた2つの要因・理由

 

私の場合は部活動を10月まで行っていたため、受験勉強を本格的に始めることができたのが11月でした。

受験勉強のスタートは明らかに、他の受験生よりも遅れてしまっていました。

しかしながら、こうして熊本大学の合格を勝ち取れたのには2つの要因・理由があると考えています。

 

マルチタスク学習

 

私は熊本大学の受験に必要な5教科7科目の勉強を効率よく行うために、マルチタスク学習を受験勉強に取り入れていました。

まず、マルチタスクとは1台のコンピュータなどで同時に複数の処理を行う機能のことを指します。

iPhoneを例にとると、動画のダウンロードをしながらインスタグラムで友達の投稿を眺められるのもこのマルチタスク機能のおかげです。

これを受験勉強に置き換えて考えた私は、1つの教科や分野などに続けて長い時間を費やすより、短いスパンで複数の教科や分野の勉強を切り替えながら行うことで、限られた時間を有効に使うことができました。

勉強しながら、他のことに注意が向いてしまう方などに有効な学習方法であるように思います。

私も前述のようなタイプの受験生でしたので、国語の漢文の読解に飽きてしまったら、得意な英語の対策に移行するなどしてムダな時間を削減していました。

>>熊本大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

スキマ時間の活用

 

冒頭にお話ししたように、特に時間のなかった私のような受験生にはこのスキマ時間の活用がかかせません。

センター試験の勉強は基本的に、知識の引き出しが頭にあるかどうかが点数に直結するように感じました。

しかしながら机に座って暗記を長時間続けることは苦痛なので、私は通学や食事、寝る前など周りの人が携帯を触ったり、何もしない時間に行うようにしていました。

この努力が実を結んだのは熊本大学の英語の2次試験です。

理系の学部であるにもかかわらず、高い英語力が必要になる工学部の2次試験は理系受験生の高いハードルになっています。

前述のようにスキマ時間の有効活用により他の受験生に比べて英単語の知識が入っていた私は、そこで高得点を叩き出すことができ、合格を勝ち取ることができました。

したがってスキマ時間の有効活用は非常に重要な対策であると考えています。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

センター試験・2次試験の具体的な対策

 

センター試験と2次試験の対策の比重とその時期についてです。

受験勉強をする時間がわずかであった自分は、より高みを目指すためにセンター試験が行われる1月までは徹底的にセンター対策を行なっていました。

周りが2次試験の対策を行なっているときにも、地に足をつけて地道に5教科7科目の勉強を行うことで、センター試験が成功するだけでなく、2次試験の勉強に必要となる基礎的な知識とその勉強方法を身に付けることができたように思えます。

センター試験が終わった後には、熊本大学の赤本をベースに2次試験の対策を行いました。

 

熊本大学の2次試験の最大の難点は英語。

私は不安要素を0に近づけるために、何度も赤本の問題を解くだけでそのパターンを分析し、似た試験問題が出題されている同志社大学の赤本に取り組んだりもしました。

まとめると、センター試験までは基礎的な知識とその勉強スタイルを確立させるために、センター対策を徹底的に行う。

2次試験の対策はそれ以降でも間に合うということです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

熊本大学の合格体験記まとめ

 

2次試験を終え、合格発表後は喜びというより安堵の気持ちでいっぱいでした。

担任の先生や親といった自分を支えてくれた人の期待に最低限応えられて、すごく安心しました。

大学入学後は最低限の講義で専門の知識を入れ、他の時間は高校時代にできなかった読書に費やすようにしていました。

そのおかげで就職活動では自分の思いを正確に伝えることができただけでなく、その背景にある経験や考え方などもいろんな人から吸収できたような気がします。

志望校に合格して、志望校で自分の大好きなことをたくさんする毎日は本当に幸せです。

皆さんも志望校に合格して、最高の日々を送れることを心よりお祈り申し上げます。

>>どうしても熊本大学の英語長文が読めない受験生はこちら➡





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.