大学入試現代文 一問一答のレベル/難易度と使い方!評価・評判・口コミレビュー


大学入試現代文 一問一答

現代文の問題の典型パターンを学べる参考書、「大学入試現代文 一問一答」。

ここでは「大学入試現代文 一問一答の紹介」「参考書のレベル」「正しい使い方」の3つを、詳しく解説していきます!

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

・参考書の中身を見ながら記事を執筆

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入試現代文 一問一答とは

大学入試の現代文で頻出の、空所補充問題や傍線部の内容を問う問題などを、ピンポイントで対策できる参考書。

現代文は読めていれば解けるかというと、必ずしもそうではありません。

設問で何を問われているかをしっかりと理解し、正しく記述したり、選択肢を選んだりする必要があります。

「現代文が読めるけれど、設問でどうしてもミスをしてしまう」という人には、ピッタリの参考書でしょう。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入試現代文 一問一答のレベル

一問一答形式ということもあり、本格的な現代文をガンガン解いていく参考書ではありません。

ですから参考書そのものの難易度もさほど高くなく、初中級者でも取り組むことができるでしょう。

「船口のゼロから読み解く最強の現代文」などで基礎の基礎を固めてから、回答力を磨いていくイメージです。

1冊しっかりと取り組めば、「どうやって現代文を解くか」という軸が出来上がるので、その軸をもとに過去問演習に取り組んで、得点を安定させていきましょう。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入試現代文 一問一答の使い方

「問題を解く」→「解説を読む」→「ノートにまとめる」の繰り返しです。

まずは初見で問題を解いて、自分の実力を見ていきます。

それから解説を読む中で、「自分はどうしてミスをしてしまったのか」「どういった視点を持つべきなのか」といった部分を中心に、徹底的に学んでいきましょう。

重要なポイントはノートにまとめていって、自分なりの「現代文ルール」を作ってください。

解説を読んで学んだだけでは意味がなく、それをルールとしてまとめて、自分の武器にしていかなければいけません。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入試現代文 一問一答が終わったら次は

大学入試現代文 一問一答が終わったら、参考書や過去問に取り組んでいきましょう。

参考書で学んだ内容を活かす意識が、とても大切です。

入試では時間との勝負にもなりますから、無意識でルールを活用できるようでないといけませんからね。

日ごろからルールを守って、徹底的に問題演習をすることで、無意識にまで落とし込んでください。

 

問題を解いたら解説を読んで、また新たな発見が出てくるはずです。

そうしたポイントをルールに加えていくことで、マイルールをどんどん磨いていきましょう。

この作業を入試までに1回でも多く取り組んで、最強のルールを持った状態で入試に挑むと、合格が見えてきます。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入試現代文 一問一答まとめ

まとめ

・現代文の典型問題の解き方を学べる参考書

・難易度はさほど高くなく、初中級者でも取り組める

・重要なポイントをまとめて、マイルールを作ろう

・無意識にルールを活用できるまでやりこもう


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2022 All Rights Reserved.