英語の構文150のレベル/難易度と使い方&暗記のやり方。CD音声の勉強法や評価/評判【早慶/東大京大】


英語の構文150 UPGRADED 99 Lessonsの使い方&勉強法

大学受験の英語には長文読解(会話問題含む)、文法・語法、英作文(大学によってはリスニング)など様々な問題が出題されています。

色々な問題に絡んでくるのが「英語構文」で、英語構文を勉強すると英語力を底上げすることができます。

英語構文の勉強におすすめなのが「英語の構文150」。

鷹家秀史氏が手掛けた1冊(改定前は高梨健吉氏)で、学校の授業でも使われています。

英語構文を実践的に勉強できますし、CDも付いているので音声も活用できます。

リーディングやライティングだけでなく、リスニングやスピーキングの対策にもなるんです。

 

英語の構文150の特徴

 

英語の構文150は重要な構文に絞って収録されていて、1つ1つの構文に対する解説がとても詳しいです。

英文の解説がほとんどなく、例文を丸暗記するタイプの参考書も多いですが、英語の構文150はとても親切。

1文1文のSVOCなどの構文の解説も書かれているので、構文を理解して英文を読む力も磨けます。

そしてその構文の別の使い方や、似た意味のものも紹介されているので、カバーできる範囲は広がります。

右ページには実践的な問題も付いていて、入試本番の和訳や英訳(英作文)の対策もバッチリ。

どれも配点が高い問題で、しっかり解けるようになると得点が大きく上がり、周りの受験生と差を付けられるようになります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英語の構文150の目次

 

Stage 1
第1章 It構文 p.12
第2章 不定詞 p.24
第3章 動名詞 p.40
第4章 分詞 p.48
第5章 助動詞 p.58
第6章 主述関係 p.68
Stage 2
第7章 関係詞 p.82
第8章 比較(1) p.100
第9章 比較(2) p.110
第10章 仮定法 p.122
第11章 否定 p.134
Stage 3
第12章 目的・結果・程度・時間 p.148
第13章 強調 p.160
第14章 譲歩・対比 p.172
第15章 条件・主張・根拠 p.188
第16章 無生物主語・共通と省略 p.202

英語の構文150の公式HPより引用(2020/04/12)

 

英語の構文150のレベル/難易度

 

英語の構文150は英文の中に含まれた構文を学んでいく参考書。

ですから英文を読むための基礎的な知識や能力は必要になります。

基本的な英文法や語彙を勉強してから取り組むと、スムーズに勉強が進むでしょう。

英文法は講義形式の参考書を勉強して、深く理解するのがおすすめ。

「世界一わかりやすい英文法の授業」や「大岩のいちばんはじめの英文法」など、基礎から学べる参考書を選んでください。

予備校の授業を受けているような感覚で、講師が語りかける形式で勉強が進められます。

英語構文に関しては英語の構文150、1冊でMARCHや中堅国公立までカバーできます。

早稲田慶應や難関国公立とも戦えるレベルです。

 

英語の構文150が難しいと感じる場合は、同じ美誠社の英語の構文80を勉強してみてください。

こちらは英語の構文150よりも量が少なく、少し易しい参考書になっています。

英語の構文80で構文の勉強法をしっかりと確立してから、英語の構文150へ進んでも遅くないでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語の構文150の使い方&勉強法

 

使い方&勉強法のコツ①例文を日本語に訳そう

 

英語の構文150は20章で構成されていて、その章の中に重要な構文が分類されています。

英文の下に訳が書かれているのですが、まずはそこを隠して和訳をする練習をしてみてください。

知らない構文を使って英文を書くことは難しいですが、和訳なら対応できるケースも多いです。

入試本番でも自分が知らない構文を訳さなければいけないことは珍しくないので、自力で解いていく力を磨くことも大切です。

記述問題に慣れるために、回答は自分でノートに書き出すようにしてみてください。

 

そして和訳を書き出すだけでなく、自分で構文も書き込むようにしましょう。

英文をなんとなく訳しているという状態から、英文のルールに沿って正しく訳せるようにステップアップできます。

英語の構文150に構文を振る

 

使い方&勉強法のコツ②解説を読もう

 

英語の構文150はとても解説が詳しいので、じっくりと読んでいきましょう。

構文の解説はもちろん、文構造もしっかりと理解してください。

文構造が振ってある英文を何度も読むことで、構文を理解しながら英文を読む感覚が身につきます。

なかなか理解できない構文はインターネットで検索して、同じ構文を使った例文を見てみてみましょう。

色々な例文を見ることで、構文をより実践的に深く学べます。

分からない部分は自分で調べる、誰かに聞くなど能動的に学んでいかないと、受験は戦っていけません。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

使い方&勉強法のコツ③例文を音読しよう

英語の構文150の音読、暗記

付属のCDや無料でダウンロードできる音声を活用して、音読をしていきましょう。(無料アプリはありません)

文構造を理解したうえで音読を繰り返すと、英文を「感覚的に」理解できるようになっていきます。

長文を読むときや英会話をするときは、頭で理屈で考えてばかりではスピードが遅くなってしまいます。

音読を繰り返して例文を自分の記憶にインプットしていくことで、感覚的にも学ぶことが大切です。

正しい音声で発音するように意識しないと、スピーキングやリスニングに悪影響が出てしまうので注意してください。

 

ニガテな例文にはチェックをつける、ノートにまとめるなどして何周も復習するようにしてください。

1周や2周ではすぐに忘れてしまいますから、入試本番までに何周も繰り返しましょう。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

使い方&勉強法のコツ④問題を解こう

 

左ページの構文を音読まで進めたら、右ページのexercises問題を解いていきましょう。

入試本番でも似たような問題が出題されますので、しっかりと解けるようにならなければいけません。

構文を理解していれば解ける問題ですから、全問正解するくらいの気持ちで取り組んでください。

記述問題も多いですが必ずノートに回答を書き出して、回答力を磨きましょう。

章の終わりには「長文でためしてみよう」という長文問題がありますので、こちらにも取り組んで学んだ構文を読解に活かせるようにしてください。

この際には各単元で学んだ構文を意識して読むようにしましょう。

覚えた構文は最も配点が高い長文の読解に応用しないと、覚えた意味はあまりなくなってしまいます。

単語や熟語、文法、構文などの知識をフル活用して、難しい英語長文を読めるように勉強を進めていきましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

重要構文の後は、研究問題・練習問題があり、その単元の応用問題があります。

ここでは全て暗記する必要はなく(暗記しようとするとおそらく挫折します)、文章が理解できているかを確認してください。

最後にA+という豆知識的な部分もあるので、参考程度に読みましょう。

1章分の内容がしっかりと理解できるまでは、次の章へと進んではいけません。

1つ1つ学んで理解して、ステップアップしていくことが大切です。

別売りの「標準問題演習」や「学習ノート」に取り組むのも効果的です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語の構文150が終わったら次は?

英語構文150が終わったら次は

英語の構文150が終わったら、スキマ時間を活用してとにかく何周も復習してください。

復習と並行でさらに上のステップへと進むのであれば、解体英語構文がおすすめ。

早慶上智や東大京大などの過去問を解いてみて構文が足りないと感じた場合にのみ、解体英語構文などに取り組んでください。

必ずしも解体英語構文まで勉強しなければいけないということではなく、あくまで過去問で合格点を取るために必要だと判断したら取り組むようにしましょう。

解体英語構文では英語の構文150でカバーできていない、細かな構文も含まれています。

まずは英語の構文150を1冊完璧にマスターしてから、その先のステップを考えていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語の構文150の使い方&勉強法まとめ

 

英語の構文150はザーッと勉強すればすぐに終わってしまいますが、1つ1つの例文をしっかりと理解し、暗記するとなるとかなりの勉強量になります。

苦しいくらい勉強して、身体に染み込ませて初めて、成績が伸びていきます。

CDや音声を使ってスキマ時間に何周も復習し続けて、入試本番を迎えるようにしてください。

そうすれば英語力が総合的に伸びていき、本番でも高得点が取れるようになるでしょう。

入試が終わった後の英会話の勉強など、実践的な英語の学習にも活きてくれます。

 

ポイント

・構文の解説がとても詳しい参考書

・まずは自力で和訳をする練習をしてみよう

・CDの音声を活用して、例文を音読しよう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験勉強は何から始める?何からすればいい? 大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動け ...

3

大学受験勉強はいつから準備すれば間に合う?始める時期は?   大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなこ ...

4

模試の判定の受け止め方。E判定、D判定、C判定の場合の対処法   模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

日東駒専は普通にむずい!私がニッコマに落ちた体験談   インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少 ...

7

国公立大学と私立大学の特徴と違い!おすすめはどっち?   志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.