英語長文を英語のまま理解する感覚とは?左から右へ読む?訳す?訳さない?


英語長文を英語のまま理解する感覚とは?

 

英語の勉強をしていると「英語は英語のまま理解した方が良い」というアドバイスをもらうことが良くあると思います。

この言葉は感覚的な意味合いがかなり含まれていて、混乱してしまう受験生も多いでしょう。

「日本語に訳さないで読むの?」「感覚が良くわからない・・・。」

私も現役の時は正しい英文の読み方が分からず、本当に苦労しました。

浪人して「英語のまま理解する」という感覚が自分なりに分かり、偏差値は40から70を超え、早稲田大学にも合格できました!

LINEでも私の英語の偏差値が一気に伸びたトレーニング方法をお教えしているので、ぜひ活用してください!

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語のまま理解する=訳さないではない

 

英語を英語のまま理解するというのは、全く日本語に訳さずに読んでいくということではありません。

受験生の方は今まさに、英単語をどんどん覚えているという状況ですよね。

英単語は「英語→日本語」という形で覚えていきますから、長文で単語が出てきたときも、日本語訳を思い出すはずです。

ですから長文を読んでいるときに、日本語が頭に思い浮かぶのは当然のことといえるでしょう。

「英語のまま理解する」ことに縛られていると、日本語が頭に浮かぶことが悪いことのように思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

 

長文を読むトレーニングをどんどん繰り返していれば、瞬時に訳せるようになっていき、徐々に頭の中の日本語の比率が少なくなっていきます。

それでもやはり日本人である以上、全く日本語を頭に思い浮かべずに難易度の高い英文を読んでいくというのは、あまり現実的ではないと思います。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

英語を英語のまま理解するとはどういうこと?

 

英語の文を1つ1つ丁寧に日本語に訳しながら読んでいたら、かなり時間がかかってしまいます。

特に大学受験は時間との勝負ですから、少しでも早く読み進めていきたいですよね。

そうなるとやはり「左から右へ読む」ということは大切です。

例えば[I like traveling very much.]という文であれば「私 好き 旅行 とても」と読んでいき、そのまま理解していくということです。

左から右へどんどん読み進められるので、スピーディに読めますね。

 

しかし1つ注意しなければいけないのは、「左から右へ読める簡単な文ばかりではない」ということ。

英文が長くなり、内容も難しくなってくると、左から右へ読み進めるのは難しくなってきます。

例えば主語が長かったり、主語と目的語までの距離が離れていたりすると、読み進めているうちに内容がこんがらがってしまうことも多いのです。

難関大学の英語長文ではこういった難しい英文がたくさん含まれているので、理解するのが難しいんですね。

 

ですから左から右へどんどん読み進めていき、それでは理解できない文にぶつかった時だけ、立ち止まってゆっくり訳してみてください。

スピーディかつ正確に英文を読めるようになるので、難関大学の英語長文にも対応できるようになります。

私は配点がものすごく大きい英語長文を攻略したことで、1ヵ月で偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.