英文標準問題精講は難しい!レベル/難易度と使い方。評価/評判をポレポレや英文解釈教室と比較


英文標準問題精講

英文解釈の参考書の定番「英文標準問題精講」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「英文標準問題精講」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

 

英文標準問題精講とは?

英文標準問題精講の特徴まとめ

英文標準問題精講は難しい英語の文章をたくさん読んで、特訓できる参考書。

短めの英語の文章をじっくり読み解いていくことで、複雑な英文を読む力を磨いていきます。

下の写真のように、英語の文章を読んで解説へ進む流れになっています。

英文標準問題精講の中身

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

解説はあまり詳しくない

上の写真を見て頂けると分かるように、文章の解説はさほど詳しくありません。

とにかく「量をこなして、読解力を磨く」ことにフォーカスしているので、全訳を参考にして自力で理解していく形になります。

全訳さえあれば問題ないという人にとっては、とても効果的な問題集です。

 

1つ1つの文章が短い

1つ1つの文章が短いので、「正確に英文を読む」ことにフォーカスしてトレーニングができます。

文章が長いと全体像を理解する訓練ができる一方で、読めない部分があいまいになってしまう可能性が高いです。

文章が短ければ1文でも読めないと理解ができませんし、その英文が読めない原因を分析できます。

1文1文を正確に読む力を磨くことで、難しい英語長文にも対応できるようになるでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文標準問題精講の目次

英文標準問題精講の目次

「初期」「中期」「後期」の3つのパートに分かれていて、徐々に難易度が上がっていきます。

1ページ目からステップアップすることで、着実に力をつけられるでしょう。

 

英文標準問題精講のレベル/難易度

英文標準問題精講の文章は難易度が高く、特に後半になってくるとかなり難しくなります。

レベルで言えば早慶上智・東大京大といった、難関大学の英文を攻略する参考書です。

1冊を完璧に固めていけば、早稲田や慶應の英文も食らいつけるようになるでしょう。

「難しい英語長文を読むことに、ニガテ意識を持たない」状態まで到達できるはずです。

 

取り組む前の注意点

現在の偏差値が60以上は無いと、文章が理解できないので、正しく演習を進められません。

MARCHや関関同立レベルの英語長文はしっかりと読めるようになってから、英文標準問題精講に取り組みましょう。

共通テスト(センター試験)しか受けない人、志望校が日東駒専・産近甲龍レベルの人にはオーバーワークになる可能性が高いです。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

ポレポレや英文解釈教室との比較

ポレポレ英文読解プロセス50

難易度が高い解釈系の参考書として、「ポレポレ英文読解プロセス50」や「ビジュアル英文解釈」、「英文読解の透視図」、「英文解釈教室」などがあります。

これらは英文標準問題精講と比べて、解説が詳しい一方で、問題数が少ないです。

とにかくどんどん英文を読んで、実践的に力を磨きたい人には「英文標準問題精講」がおすすめです。

一方で「英文熟考」や「英文解釈の技術」は1文1文の構文の解説が詳しい、精読用の参考書です。

 

英文標準問題精講の使い方

ステップ①例題を解く

まずは練習問題を、自力で解いていきましょう。

全文の訳を書き出していくのがベストですが、少し大変ですね。

英語の文章を読んでいき、少しでも訳せなかった部分には必ずチェックをつけておきます。

 

ステップ②スラスラ読めるようにする

最後まで文章を読み切ったら、チェックがついた部分を中心に復習していきます。

「研究」の部分や全訳を参考にして、正しく訳せるようにしましょう。

最終的には何周も読み込んで、スラスラ読めるようになるまで繰り返してください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

音読の注意点

受験生
音読が重要だと言われますが、やはり取り組んだ方が良いですか?

確かに音読は重要ですが、英文標準問題精講においては取り組む必要は無いと思います。

英文標準問題精講の英文はかなり難しく、黙読で理解するだけでもかなり大変です。

無理に音読をしてしまうと、理解度が落ちてしまう可能性があります。

 

またCDがついていないので、正しい音声を確認することができません。

誤った発音で音読をしてしまうと、スピーキングやリスニングに悪影響が出てしまう可能性があるので、注意しましょう。

音読をするのであれば、CDがついている参考書で取り組んでください。

 

ステップ③練習問題へ進む

「初期」「中期」「後期」のそれぞれのパートに、練習問題がついています。

各パートが終わったら取り組んで、実力をチェックしましょう。

練習問題がうまく解けないようであれば、そこまでの内容が定着していません。

先に進むよりも一歩前に戻り、必要であれば他の参考書や問題集も勉強しておきましょう。

最後の「後期」の練習問題も解けるようになったら、英文標準問題精講は完璧です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文標準問題精講が終わったら次は

英文標準問題精講が終わったら、短めの難しい文章が読めるようになっています。

次は難しい英語長文も読めるように、ステップアップしていきましょう。

関先生の英語長文ポラリスは、1文1文の構文の解説が詳しく、音読もできるのでおすすめです。

応用レベルはMARCH・関関同立、発展レベルは早慶・難関国公立くらいの難易度なので、自分に合ったものに取り組んでください。

 

英文標準問題精講のレビューまとめ

ポイント

・短めの難しい英語の文章を、たくさん読むための問題集

・解説はさほど詳しくない

・MARCHレベルの英文は読めるようになってから取り組む





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.