電気通信大学の英語の対策&勉強法!二次試験の傾向と難易度【電通英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

418秒で読めます。

電気通信大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

電気通信大学Ⅰ類英語の対策と勉強法

電気通信大学の英語の傾向と難易度

 

電気通信大学の英語は大問が3つ。

英語長文、長文の要約、自由英作文が1題ずつ。

文法や語彙の細かい知識はあまり問われず、英語を読む力と記述力が求められています。

長文の文章や自由英作文の課題は、さほど難しいものではありません。

試験時間も90分あるので、時間にはある程度の余裕があります。

マーク形式のオーソドックスな試験とは大きく内容が異なるので、早い段階から二次試験の対策をしておくことが大切ですね。

>>電気通信大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

電気通信大学の英語長文の対策法

 

電気通信大学の英語長文はやや文章が長めですが、内容は読みやすいものが多いです。

ただ文章量が多いので、なんとなく訳しているだけだと、最後まで読み切ったときに内容が頭に入っていないことも。

そうならないように長文のストーリーを理解しながら読んでいきましょう。

 

まず長文の最初についているタイトルには、必ず目を通してください。

文章の見出しになる部分ですから、先に頭に入れておくだけで文章がかなり読みやすくなります。

また長文を読む際にはパラグラフごとに簡単な要約をメモするとともに、そこまでの内容を整理しておきましょう。

そうすればやや文章量が多い長文であっても、しっかりと要点を理解しながら読み進められますよ。

 

設問の解き方

 

電気通信大学の英語長文の設問は、長文に関する問いに合う選択肢を選ぶ形式。

基本的には長文の流れに沿って設問が進んでいきます。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えを見つけたらまた次の設問へ」

という作業を繰り返しながら最後まで読み解いていくことで、正確かつスピーディに問題を解いていけます。

>>電気通信大学の英語長文の読み方を、もっと詳しく知りたい受験生はこちら

 

電気通信大学の要約問題の対策法

 

電気通信大学では長文の要約を書かせる問題が出題されます。

この問題は「いかに長文を理解できているか」を問われるので、長文の要点をつかみながら読んでいくことが大切です。

長文を読みながら、文章を意味段落ごとに分けてください。

例えば1~3段落はこんな話で、4~6段落はこんな話で・・・

と言うように、簡単に要約を書いていきます。

これらの要約を骨組みにして、文章全体の要約を書いていきましょう。

 

最初は要約文をどのように書けばよいか分からないと思いますから、まずは赤本等の回答を参考に、どんな回答を書けばよいかを先に知ってください。

そしてその見本と同じ形式の要約文を自力で書けるように、過去問演習を繰り返しましょう。

広島大学でも同じ形式の要約問題が出題されているので、演習用に活用すると良いですね。

 

電気通信大学の自由英作文の対策法

 

電気通信大学の自由英作文は、2つの課題のどちらかに回答します。

最低でも2つの理由を挙げて、自分の意見を主張する問題です。

自由英作文としてはオーソドックスな形式なので、対策は立てやすいでしょう。

英語で意見を主張する時のテンプレートを覚え、その骨組みに肉付けをしていけばOK。

おすすめの参考書は「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」。

テンプレートを覚え、それを活用して英作文を書いていく力が身につきます。

参考書を勉強したら後は何度も過去問を解いて、常に迷いなく自由英作文を書けるようにトレーニングしましょう。

 

また基本的な英文はミスなく書けるようにしておかなければいけないので、英文法や語彙の勉強も忘れずに行ってください。

重要な例文をたくさん覚えることで、英文の引き出しを増やしておくことも大切です。

 

具体的な自由英作文の書き方

 

基本的に自由英作文を書く際には、以下のように構成します。

 

主張:topic sentence

論拠:support

再主張:reworded topic sentence

 

topic sentenceについて

日本語では先に根拠を伝えて最後に結論を述べることが多いですが、英語では先に結論を述べて後から根拠づけるのが一般的。

冒頭で自分の考えを明確に示すことで文章の方向が定まり、採点者も読み取りやすくなるでしょう。

これをtopic sentenceと表現します。

書き方としてはI think that…(…と思います)やI definitely agree with the opinion that…(…という意見に絶対的に賛成です)など問題文の繰り返しとなっても良いので、答案を読んだだけで何について書いてあるのか分かるようにすることが大切です。

できる限り多くの表現を覚えておくと、どんな課題が来ても対応しやすくなります。

 

supportについて

supportとは自由英作文の核をなす部分で、得点の大部分が決まります。

supportの書き方として最も一般的なのは、「自分の主張の理由・根拠を書く」こと。

電気通信大学では最低2つの理由と指定されていますので、それぞれの理由とその根拠を明確に示しましょう。

必ずしも3つ、4つと理由を書けばより良いと言うわけではないので、2つの理由であってもキッチリと理由と根拠を述べることが大切です。

 

reworded sentenceについて

 

そして最後に自分の意見をもう一度主張するのです。

このダメ押しにあたるのがreworded topic sentenceです。

「私はチワワが好きだ」

「なぜなら見た目がかわいらしく、私にとってもなついてくれるからだ」

「このような理由から、私はチワワが好きなのだ」

といった具合です。

理由付けと根拠を踏まえて、冒頭の主張を少し角度を変えたり、より詳しくしたりして再主張するようにしてください。

 

電気通信大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

電気通信大学の英語は記述問題が多いので、記述にニガテ意識がある受験生はかなり苦労してしまいます。

ただ記述がニガテだという受験生は、そもそも記述問題に取り組んでいないだけと言うケースが多いです。

早い段階から記述問題と向き合い、得意分野にしておくことで、逆に他の受験生と差をつけるチャンスになりますよ。

>>電気通信大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







10:59 AM