【センター対策編】出口汪のシステム現代文の評価と使い方&勉強法!レベル/難易度も


システム現代文センター対策編でセンター8割へ

 

システム現代文センター対策編

システム現代文センター対策編の特徴

 

センター試験の実際の過去問の内容理解、設問解法が、出口現代文シリーズの核となる「論理的思考」を軸にしながら解説されています。

二次試験や私大で出題される記述形式や空所補充形式などの問題よりも、センター試験対策に特化しています。

センター試験で出題形式の大半を占める傍線部内容の把握や本文全体の内容を把握して答えさせる問題への対処の仕方を中心に学べる点が本書の最大の特徴と言えます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

システム現代文センター対策編のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

本書の内容はセンター試験レベルの問題で高得点を採ることに焦点を置いている為、基礎力がある程度固まって、更にもう1ステップ先のレベルに行きたい受験生向けです。

偏差値で言えば50前半程度のレベルは必要です。

センター試験で言えば5割は確実に取れる実力をつけてから取り組んでください。

 

本書に取り組むには、ある程度の基礎力が定着していることが望ましいです。

ここでいう基礎力とは、教科書や易しめの文章で、「筆者の言いたいこと(主張)」が何なのかをしっかりと掴んで読むことが出来るということです。

ですので、易しい文章で筆者の主張が掴めるようになってから本書に取り組むようにして下さい。

基礎定着の基準としては、文章の要約をして添削してもらうのが一番良いと思います。

もしくは、解説などに書いてあることと自分の考え方が合っているか確認してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

目標到達レベル

 

センター試験自体の問題が基本的には平均的なレベルに作られていることと、出口汪の解説がわかりやすいこともあり、センター試験で8割程度は狙えるようになります。

問題演習を繰り返し、パターンを自分の中で定着させていくことで安定した力を養っていきましょう。

 

システム現代文センター対策編の勉強法

 

基礎がある程度定着したら、本書に取り組みます。

大まかな流れを示すと、「①問題解答⇒②解説の熟読⇒③問題の再演習」という感じです。

 

①問題解答

 

「①問題解答」では、説明文と小説文で自分の苦手な方から始めても構いませんし、初めからやっても構いません。

ここで大切なのは、

・必ずノートに演習すること

・どうしてその答えを選んだのか、他の選択肢はなぜダメなのかを事細かに書いておくこと

です。

なぜなら、ただなんとなく解答して「②の解説の熟読」に進んでも、ただ解説を読んで答え合わせをしただけになってしまいます。

それでは、自分の解答までの思考と出口先生の正解を導くまでの思考の差が埋められません。

自分の思考をどう改める事で出口先生の思考プロセスに近づくのかが気づけないままになってしまいます。

これでは、せっかくの問題演習と解説が無意味になってしまいます。

自分のプロセスを正しいプロセスへ近づけていくことが大切です。

なので、この①のステップについては特に慎重に取り組むようにしてください。

 

②解説の熟読

 

正解した問題でも、解説の出口先生の思考と自分の思考の違いを確認してください。

もし正解していても自分の思考が出口先生の思考と違っていたら間違っていると認識してください。

ここで、思考が違った場合、何が違ったのかを自分の言葉でメモしておくと認識しやすいです。

そして、このやり方で本書を一通りやりきってください。

 

③問題の再演習

 

そして、③の「再演習」に入ります。

ここでは一度といた問題を解きなおしてください。

頭の中やメモするなどして一回目に取り組んだ時よりも出口先生の思考、解答プロセスに近づけるように回答にあたってください。

そして解答を確認して自分の思考を出口先生の思考に近づけるというサイクルを完璧に出口先生の思考に近づくまで繰り返してください。

一番大切な事は、出口先生の読解における思考を自分に定着させることです。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.