中央大学理工学部の英語の対策&勉強法!傾向と難易度も【中央理工】






249秒で読めます。

中央大学理工学部の英語の対策法

中央大学理工学部の英語

中央大学理工学部の英語の傾向と難易度

 

中央大学理工学部の英語は全体的な長文の文章量が多く、英文を速く正確に読む力が求められています。

難易度は標準的ですが、日ごろからたくさんの問題を演習して、実践的な力を養っておかなければいけません。

またやや珍しい問題も出題されているので、過去問演習は十分に行って対応できるようにしていきましょう。

>>中央大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

中央大学理工学部の英語長文の対策法

 

中央大学理工学部の英語長文は全体的な量は多いですが、英文はさほど難しくありません。

1文1文を正確に読んでいければ、高得点を取れるでしょう。

一方で英文の内容を理解する力がついていないと、英語の配点の大部分を失点することになります。

英語長文の対策がカギになるということを常に頭に入れて、勉強に取り組んでください。

 

「精読力」をしっかりと鍛えたうえで、「パラグラフごとに内容を整理して、ストーリーを理解する」読み方を実践してください。

中央大学理工学部の英語長文は「読めていれば解ける」タイプの問題が多いです。

ですから1文1文が正確に読めて、なおかつ文章のストーリーも整理できれば、ほとんどの設問に回答できるようになるでしょう。

>>中央大学の英語長文の読み方を、もっと詳しく知りたい受験生はこちら➡

 

リード文に続く選択肢を選ぶ問題の対策法

 

リード文のあとに続く、正しい選択肢を選ぶ問題。

この問題は先にリード文を読み、その答えを探しながら読むのがコツです。

「問題を読む→答えを探しながら読む→答えが見つかったら次の問題へ」と進んでいくことで、正確かつスピーディに問題を解けるようになります。

基本的には長文の流れと問題の流れは並行で進んでいるので、上から順番に解いていけばOKです。

 

空所補充問題の対策法

 

空所補充問題は、空所の前後のストーリーを理解することが大切。

選択肢を見る前に文脈から、自力で入りそうな語句を推測してください。

その後で一番近い選択肢を選ぶようにすることで、選択肢にまどわされることなく正確に答えられるようになります。

 

要約文を作る練習をしよう

 

中央大学理工学部の英語長文では、文章の要点を理解しているかを問う問題が頻出。

文章の全体像を理解しながら、文章を読み進めていく意識を持ちましょう。

パラグラフを1つ読むごとに要点をメモしていき、論理的に展開を追っていってください。

またその中で「文章の要点」「筆者の主張」にも注目していきます。

文章を読み終えた時に簡単な要約文を、日本語で良いので書き出してください。

すると文章の内容が整理できるので、問題に回答しやすくなります。

 

文法・語彙問題の対策法

 

中央大学理工学部では空所補充型の文法・語彙問題が出題されています。

特に語彙では対策がおろそかになりがちな英熟語が頻出なので、十分に対策しておかなければいけません。

また多義語の出題もあるので、こちらも日ごろから意識しておきましょう。

先に過去問を見て傾向を把握してから語彙を暗記していくと、より適切な形でインプットできます。

 

英文の組み合わせを選ぶ問題の対策法

 

他の大学ではあまり見られない、正しい英文の組み合わせを選ぶ問題。

この問題は「ヒッカケ」に注意して解いていきます。

AとBは近い内容のことが書かれているので、サッと解こうとするとどうしてもミスをしてしまいがち。

私が受験生であればまずはすべての問題のAを正確に訳し、簡単に要点を日本語でまとめます。

それからBを訳していき、一致したものを回答します。

AとBを別物として考えて頭を切り替えて訳し、それから合致するかを確認することで、より正確に回答できるでしょう。

 

中央大学理工学部の英語の対策法まとめ

 

ここまでお伝えした通り、中央大学理工学部の英語は他の大学と比べてややクセがあります。

できる限り早く過去問に目を通し、どのように勉強を進めていけば良いか指針を決めてください。

>>中央大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.