超速!日本史の流れの使い方&勉強法!評判や評価、レベルも


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

347秒で読めます。

超速!日本史の流れの使い方

 

超速!日本史の流れ

超速!日本史の流れとは

 

超速!日本史の流れは日本史を初めて勉強する人、もしくは苦手な人におすすめの1冊です。

超速!日本の歴史(以下、超速!)は、「原始から大政奉還までの政治史」という受験最重要ポイントに絞った参考書で、内容は殆ど基礎的なことがフランク且つ印象的な言い回しで書いてあります。

その名の通り「流れ」に全振りしているので、「いつ何が起きてそれがどうなったのかわからない!」という、日本史でありがちな失敗も防げます。

ただ産業史や文化史、近現代範囲は除外されているため、日本史が得意な人や高いレベルを目指す人にとっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

超速!日本史の流れで身に着く力

 

流れが身に着くということはつまり、因果関係が身に着くということです。

日本史が単純知識の詰め込みだと思っていると、なかなか試験で高得点を取るのは難しいです。

歴史とは、過去の出来事から受けた作用の積み重ね。

因果関係を理解することが、日本史を理解することの第一歩です。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

超速!日本史の流れの効果的な使い方&勉強法

 

ここからは超速!の効果的な使い方を挙げていきます。

ただ読むだけではなく、試験で安定して点が取れる使い方をしましょう!

 

使い方① 教科書の前に読む

 

参考書=教科書だけでは分からなかった時に読むもの と思っていませんか?

実は、日本史が苦手な人には「そもそも教科書が苦手」という人が少なくないのです。

代表的な理由として、

・色々書いてあってどれが試験で重要なのか分からない
・どういう順番で出来事が起きたのか分からない
・なぜその出来事が起きるに至ったかの理由がつかめない

の3つがあります。

超速!は重要なことだけ、どんな理由と順番で起きたのかがしっかり書いてあります。

なので、初めての人や苦手な人は、超速!である程度知識をつけてから教科書を読むことをおすすめします。

勿論教科書で学習をしてから復習に使うのもいいのですが、

超速!は日本史の苦手予防策としても使える、ということは覚えておいてほしいところです。

 

使い方② 索引を活用する

 

超速!の巻末には索引がついています。

日本史で分からない、知らない語句が出て来た時に、「用語集で調べろ」と教わった人も多いのではないでしょうか。

ただ、用語集には試験にはまず出ないような本当にニッチな内容まで載っています。

日本史の勉強においてやりがちな失敗の一つに「闇雲に調べまくった結果、何も覚えていない」ということがありますが、

せっかく調べたのに結局何も身につかなかった、ということになってしまっては勿体ないですよね。

まずは超速!の索引を見て、そもそも載っていない語句だったらそれはさして重要ではありません。調べる優先度が低いです。

ですが、もし超速!本文で色付き文字になっていたら、それは超重要語句です。

最優先で覚えるべきです。

その際、その語句だけではなく、最低でもその語句を含む見出し一つ分は読んでおきましょう。

一つの語句を忘れている時は、たいていその周辺のことも忘れています。

語句を調べただけで安心せず、必ず流れで再確認しましょう。

 

使い方③ 附録の資料を活用する

 

超速!の巻末には、「政権担当者別・戦略暗記ボード」と「竹内流・政治史キーマン暗記表」がついています。

「政権担当者別・戦略暗記ボード」は6ページ、「竹内流・政治史キーマン暗記表」は2ページとページ数は少なめ。

附録はついつい見逃してしまいがちなものですが、これがとにかく凄いんです!

「政権担当者別・戦略暗記ボード」は、年号までしっかり書いてあります。

センター試験過去問で、「時代が古い順に並べ替えなさい」という問題を見たことはありませんか?

これこそ、用語知識だけではなく、日本史の流れを理解していることが求められる問題です。

「政権担当者別・戦略暗記ボード」を見れば誰がどんな戦略で政権を握ったのかが一目瞭然です。

教科書だと戦略がバラバラに書いてあり、「この戦略は知っているけど誰の時だっけ?」と、なかなかまとめて覚えることが難しい面があったりするので、大助かりですね。

特に「政権担当者別・戦略暗記ボード」において太字で書いてある、または四角で囲ってあるものは最頻出のものです。

試験では絶対に答えられるようにしましょう。

 

「竹内流・政治史キーマン暗記表」は、天皇や将軍の順番が載っています。

天皇に関しては全員覚える必要はないのですが、将軍関連は絶対に覚えておきたいところです。

使い方としては、コピーして試験前に見ておく等でもいいでしょう。

ただ、それは「どうしても覚えにくい、苦手なところ」に限ります。

少ないページ数でまとまっていると、付け焼刃でも大丈夫かな?と勘違いしてしまいがちですが、それは違います。

流れをおさえるためには日頃の積み重ねがやっぱり大切。

なので、効果的な方法としては「1時代分の学習が完了した時点で読んでおく」ことをお勧めします。

そうすることで、学んだことを整理することができ、より深い定着につながります。

「試験前に見る」が効果的なのは、あくまでこういった積み重ねをしている場合です。

日本史全般に言えることですが、「知識問題である」という認識はあまり正しいとは言えません。

 

超速!日本史の流れの効果的な使い方まとめ

 

・超速!→教科書という順番で読む

・調べものは超速!索引を優先

・学習の区切りごとに附録資料で流れを確認

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







9:23 PM