【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

地理のケッペンの気候区分の覚え方と見分け方!雨温図とは?問題の解き方、求め方も解説


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

430秒で読めます。

ケッペンの気候区分の解説と覚え方

地理のケッペンの気候区分

 

ケッペンの気候区分とは?雨温図とは?

 

ケッペンの気候区分は、植生に注目して気候を分けるやり方

なぜ植生に注目するかといえば、その土地でとれる作物の違いに大きな影響を与えるからです。

地理は地学とは違って、人の営みに重きを置くので、作物の違いというのはそれだけ人間生活に密着しているということです。

ケッペンの気候区分は、植生に注目して分類を行うので、植物が生える気温と植物に適した降水量の分析が不可欠

そこで用いられるのが年間の平均気温と降水量が一目でわかる雨温図というグラフ

これは、棒グラフでその月の降雨量(降雪量)を示し、折れ線グラフでその月の気温を示したものになります。

これをハイサーグラフといいます。

散布図によって示されたものをクライモグラフといいます。

前者が一般的ですが、クライモグラフも一応覚えておきましょう。

これによって、その土地がケッペンの気候区分において、どのような気候を持っているのかを理解できます。

雨温図に示されている地名を覚える必要はありませんが、雨温図の傾向を見ることによって気候を判断できるようにしておきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

ケッペンの気候区分はこうして分けられている!

 

まず押さえておいてほしいのが、ケッペンの気候区分の大前提として、ABCDEの順に赤道から両極へ向かっていくということ

そして、BとEは無樹地帯として木が生えない所の分類です。

それ以外のA(=熱帯、ヤシが生える)C(=雪が冬の間中積もらない)D(=雪が冬の間中積もるが、木が生えている)が木の生える湿潤気候

次に雨の少ない季節を小文字で書きます。

S(Summer)、w(Winter)、f(乾季無し)

最後のabcの分け方は以下の通りです。

a – 最暖月が22℃以上。

b – 最暖月が10℃以上22℃未満 および 月平均気温10℃以上の月が4か月以上

c(温帯) – 最暖月が10℃以上22℃未満 および 月平均気温10℃以上の月が3か月以下

c(亜寒帯) – 最暖月が10℃以上22℃未満 および 月平均気温10℃以上の月が3か月以下かつ最寒月が-38℃以上-3℃未満

d(亜寒帯) – 最暖月が10℃以上22℃未満 および 月平均気温10℃以上の月が3か月以下かつ最寒月が-38℃未満

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

それぞれの気候における雨温図の特徴

 

それぞれの気候における雨温図の特徴について解説していきます。

 

氷雪気候(EF)

 

一番わかりやすい気候です。

1年を通して気温が氷点下からほとんど上がらないほど低く、吹雪が吹くので、降雨量は測定できません。

 

ツンドラ気候(ET)

 

アラスカに位置するバローという町がありますが、位置を確認してみると、北極に近いことがわかります。

降水量があるので、氷雪気候とは区別できます。

ここには木は生えず、コケなどが生えるのみです。

 

冷帯気候(Df:冷帯湿潤気候・Dw:冷帯冬季少雨気候)

 

冷帯湿潤気候とは、一年中雨や雪が降る冷帯のことです。

日本の札幌やアメリカのシカゴなどがこれに当てはまります。

一方、ロシアのハバロフスクなどは、冷帯冬季少雨気候と呼ばれ、冷帯湿潤気候に比べて冬は降雨、降雪が少ないので、乾燥します。

ちなみに南半球に冷帯はありません

 

温帯気候(Cfa西岸海洋性気候・Cfb:温暖湿潤気候・Cw温暖冬季少雨気候・Cs:地中海性気候)

 

一番難しいのが温帯。

それぞれの違いについてみていきましょう。

温暖気候なので、雨温図がなだらかな山を描くような折れ線グラフになるのは共通です。

しかし、西岸海洋性気候は夏の気温が比較的低めという特徴があります。

オーストリアのウィーンや、日本の函館、アイスランドのレイキャビクなどがこれに当たります。

 

温暖湿潤気候は日本の東京やアルゼンチンのブエノスアイレスなどを見ればわかりますが、寒い日はあるものの、冷帯ほど寒くはならず一年を通じて降雨があることです。

 

温暖冬季少雨気候は、中国の香港などを見ればわかりますが、夏に雨が大量に降りますが、冬の雨はさほどではないという特徴があります。

 

反対にイタリアのローマなどの地中海性気候では、夏は雨が少なく、冬に雨が降りやすいという特徴があります。

地中海性気候ではレモンなどの柑橘類の栽培がおこなわれます。

 

乾燥気候(BW:砂漠気候・BS:ステップ気候)

 

砂漠気候は文字の通り降雨量が非常に少ない地域

昼夜の寒暖差が激しく冬の夜は氷点下になる地域もあります。

エジプトのカイロの光景を想像すればわかると思います。

 

ステップ気候は、砂漠気候よりも少し雨が降っているので、草が生えます。

モンゴルのウランバートルなどが該当します。

 

熱帯気候(Af:熱帯雨林気候・Am:熱帯モンスーン気候・Aw:サバナ気候)

 

最後に、熱帯気候について説明いたしましょう。

シンガポールに代表される熱帯雨林気候は1年中を通じて雨が多いです。

マイアミが属する熱帯モンスーン気候1年を通じて雨は降るものの、夏に集中して降る傾向があり冬の雨は少なめ

インドのコルカタなどが属するサバナ気候(サバンナ気候)は冬に少ない量の雨が降ります。

 

高山気候(H)

 

チベット高原やアンデス山脈などが該当し、常春気候など、今まで述べた気候とは違う性質を持っています。

コーヒーの栽培などが行われています。

 

雨温図でケッペンの気候区分を見る際の覚え方・注意点

 

ケッペンの気候区分を見るために雨温図の問題を解く際には、その都市が北半球に属するのか南半球に属しているのかを見なければいけません。

季節が逆で、北半球が夏ならば冬だからです。

 

次に、雨の降る時期に気を付けてみましょう。

夏に降るのか冬に降るのかによって気候が違います。

大陸の東側には温暖湿潤気候が多く、西側には地中海性気候が多いです。

これはモンスーンによるものだと覚えておきましょう。

 

繰り返しになりますが、ケッペンの気候区分や雨温図を見る上で重要なポイントは、気候を見ることで、その地方の人々にどのような生活の影響を及ぼしているかです。

したがって人間生活に大きな影響を及ぼすその土地でとれる作物や、そこで着られている衣服、その土地で暮らす人々の生活習慣、宗教などを覚えておきましょう。

雨温図単体での問題はあまりないので、関連する過去問を解いておいてくださいね。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







10:30 AM

人気記事一覧