分子式と組成式、イオン式とは?違いと見分け方、覚え方【大学受験の化学】






分子式と組成式、イオン式の違いと見分け方

分子式と組成式、イオン式とは

 

分子式とは

 

1つの分子を構成する元素とその数をただ単に羅列したものであらわされます。

酢酸:C₂H₄O₂やグルコース:C₆H₁₂O₆など。

最も、酢酸やグルコース他は組成式でも分子式でも構造式でもなんだってあらわされます。

ここで勘違いしてほしくないのはイオン式や組成式、分子式は単なる表し方にすぎないということ。

この分野で苦手意識を持っている学生はなにか勘違いしているようです。

最近では水素水なんて馬鹿げた商品がありますが、水の分子式はH₂Oですが…

この商品だけはH₁₆Oらしいです。実現出来たらノーベル賞ですね。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

組成式とは

 

分子式を最も小さい比率(存在比)にあらわしたものと言えばわかりやすいでしょうか。

つまり、酢酸であればⅭH₂O、グルコースであればCH₂O。

ここで注意しなければいけないのは組成式に表したときに、酢酸とグルコースが全く同じになってしまうことです。

よほど意地の悪い大学でない限り、注意書きや、そもそも組成式であらわすことはめったにないので気にしなくて大丈夫ですが。

 

もう一つ大事な例がダイアモンド。

ダイアモンドは教科書に載っている範囲を考えれば炭素と炭素の共有結合から成り立っています。

もしこれを分子式で表したいのであればCn(nは自然数)と無理くり表せますが、この式はつまり、「Cがたくさんある、ということは沢山あるCを1つの分子ととらえれば組成式であらわすことができるね」ということ。

つまり、ここで言う最も小さい比率は1。ゆえにC(ダイアモンド)とあらわされます。

ダイアモンドは共有結合だということは周知の事実として、実はダイアモンドは意外にもろいんです。

瞬間的に大きな力が加わると、結合が崩れてしまい、きれいな断面を見せて割れてしまうからですね。

何かと便利な知識なので知っておいて損は無いです。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

イオン式とは

 

イオン式とは、元素が不安定なところから、安定を求めること。

ご存知の通り希ガスは安定な配置を取ります(電子殻の収容数が最大)。

ですが他の元素は希ガスに比べたら不安定な元素ばかりです。

だからこそ1つ1つの元素は安定を求めるためにどうにか希ガスに近づこうとします。

そして電子を出し入れして陰イオンや陽イオンになる。

その結果がイオン式。

 

例えば塩素Cℓ。塩素は希ガスに最も近いです。

しかもハロゲンなので電子を1つもらうことができれば、めでたくアルゴンと同じ「電子配置」をとることができます。

そしてめでたく同じになったとき、塩素は電子を1つ受け取りマイナスに帯電します。

よって陰イオンなので塩素のイオン式はCℓ⁻とあらわせます。

わからなければ電子配置を書き出してみると、K.L.M…殻にそれぞれ何個電子が入っていて、安定な配置はどこなのか、それに近づくためには電子を何個出し入れしなければならないのかを考えれば理解しやすいですね。

 

分子式と組成式、イオン式の違いまとめ

 

化学式全体はこれからの結合や極性、電気陰性度などの重要な分野にかかわってくる大事な部分です。

1つ1つの意味や使い方を理解して次の分野を学習すれば要点を深く理解することができるので、しっかりとマスターしましょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.