微積分 基礎の極意の評価と難易度/レベルと使い方&勉強法【東工大レベル・文系不要】


微積分 基礎の極意のハイレベルな使い方&勉強法

 

微積分 基礎の極意

微積分 基礎の極意の特徴

 

微積分 基礎の極意は第1部から第3部までで構成されており、第1部は「計算力のチェック」、第2部は「手筋、常識、落とし穴」、第3部は「有名問題、典型問題の解明」となっています。

理系数学では非常に出題頻度の高い微積分に特化した参考書です。

出題頻度が高く差が付きやすい分野ですので、得点力アップに非常に有効な武器となります。

一対一対応の演習は演習問題がメインに対し、こちらは細かい部分を吸収することがメインと言えます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

微積分 基礎の極意のレベル

 

微積分の参考書の中でもレベルは比較的高いです。

微積分の基本は抜け目なくて定着してから取り組んでください。

主に難関私大~有名国公立大を志望する受験生、特に記述力を必要とする大学を目指す受験生にとっては網羅しておきたい一冊です。

解説等も充実しているので、早めに数学のレベルアップを図りたいという方にも向いています。

文系の受験生にはほぼ不要と言っても過言ではありません。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

微積分 基礎の極意のハイレベルな使い方&勉強法

 

第1章の使い方&勉強法

 

まずは第1章の「計算力のチェック」で、間違えた問題や解法が思いつかなかった問題を丁寧にチェックしていきます。

チェックボックスが各設問に配置されてありますので、ボックス毎に問題を解いて答え合わせしていくと自分の弱点がその都度分かるようになります。

この章では考えるよりも計算力やスピードを重視する問題が多くありますので、隙間時間などに少しずつ解くことが肝心です。

本番で緊張している中計算ミスをしないためにも、少しレベルの高い計算問題を解き続ける練習を心がけて下さい。

 

第2章の使い方&勉強法

 

第2章では難関大の受験数学によくある盲点や受験時に使える技などを紹介しています。

第3章にある入試問題をある程度解いてみてから、時間のある時に読んでみることをおすすめします。

特に微積分の勉強に行き詰まった際に読んでみると、新たな視点が生まれることが多く、その情報が脳裏に定着します。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

第3章の使い方&勉強法

 

第3章は、まさに入試の典型的な問題です。

難関国公立の過去問から選抜された問題です。

総合的な演習として取り組んでいきましょう。

 

問題演習の進め方

 

①じっくり考えて一度解いてみる

一つの問題にあたり3,40分を越えたらそれ以上は時間の無駄なので解説を見るようにしてください。

 

②『なんでもノート』に逐一メモしておく

自分で解いていて気付かなかったポイントを把握するために、なんでもノートに常にメモをする癖をつけてください。

「なんでもノート」は定期的に目を通してください。

 

③時間をおいてまた解いてみる

これを繰り返すことで、実際の入試のときのような集中力を得られます。

そして『なんでもノート』に書いたことを本番直前に見返すことで注意すべき点がすぐに分かるという2つのメリットがあります。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

微積分 基礎の極意の使い方&勉強法まとめ

 

第1章は最低でも3周はやっておくことをおすすめします。

スピード頑丈な計算力が身につくので、繰り返し演習をしてください。

また第1章に限らないことですが、解法が分からないのか、ただ計算ミスをしてしまったのかと、間違えた原因をしっかりと把握するのが重要です。

この参考書の解説はかなり丁寧に書かれてあるのですが、解法が分からない場合は、解説の冒頭部分のみをさらっと見て、解くアプローチを自分なりに考えてみてください。

そうすることでどんな形式の問題でも臨機応変に対応できるようになります。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.