赤本/過去問が解けない!難しいから合格点が取れない!点数取れないときの対処法


志望校に合格したいと思うと、まず過去問を解いてみる人も多いでしょう。

その時に思うような点数が取れずに、不安になった経験は私もあります。

ここでは「赤本が解けないときの対処法」について、詳しく解説していきます!

記事と筆者の信頼性

・筆者は赤本と青本を両方使い、早稲田大学に合格

・これまで150以上の大学・学部の過去問を研究

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

赤本や青本が解けないのは当然のこと

入試勉強を始めてそこまで日が経っていなければ、赤本が解けないのは当然のことです。

むしろほとんど勉強をしていない状態で、解けてしまうのなら、志望校を上げた方が良いですね。

今の実力では届かないからこそ、これから勉強に打ち込んで、成長していかなければいけません。

簡単には手が届かないので努力が必要で、だからこそ限られた人しか合格できず、その合格に価値があるんです。

大学のレベルが上がるほどに、受験生のレベルや倍率、問題の難易度も高くなりますから、簡単に赤本を解けるわけがありません。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

赤本が解けないときの対処法

赤本があまりにも解けない場合は、1ランク、2ランク下の大学の過去問で合格点を取ることを最初の目標にしてください。

志望校の赤本ばかりを見てしまいがちですが、あまりに距離が離れていると、演習のしようがありません。

そして志望校の過去問をなんとなく解いて、志望校どころか、併願校にも不合格になってしまう人がかなり多いです。

ですからまずは併願校で合格点を取れるようにすることを、最初の目標として設定しましょう。

ゴールまでが遠すぎると、対策の仕方がなかなか見えてこないので、中間目標を設定することが大切なんです。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

赤本で合格点を取るために

過去問演習というのはあくまで、「問題形式に慣れる事」「弱点を把握する事」が目的です。

志望校で求められる水準の学力に到達した人が、最後のステージで取り組むようなイメージです。

大学が求める学力水準が無い状態で、いくら赤本を解いても、分かるのは「実力が足りない」ということだけ。

小手先のテクニックばかりに頼って、目先の得点にこだわってしまいますが、この状態では絶対に合格点は取れません。

 

例えば早稲田大学が志望校であれば、基礎~早稲田レベルまでの語彙や文法を学び、難しい英語長文をスピーディに読めるようにする。

英作文が出題されるのであれば、英文を書く力も鍛えておきます。

ここまで取り組んで初めて、赤本を解いたときに「ここが足りないな」「この問題はこうやって解こう」といった、具体的なポイントが見えてくるんです。

 

ですから過去問が解けないときにまずやるべきことは、「学力を伸ばす」こと。

赤本を解きまくることでも、テクニックを学ぶことでもなく、軸となる学力を伸ばすことが大切です。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

赤本の英語でつまずく場合

基本的な知識は覚えたはずなのに、赤本の英語を解いて、合格点に届かない場合。

多くの場合は配点が高い、「英語長文」で失点してしまっています。

英語長文は知識を覚えただけでは解けず、発想力や推測力などを含め、正しい英文の読み方をマスターすることがとても大切です。

英語長文は暗記ものではないので、ここが攻略できずに志望校に落ちてしまう人がとても多いです。

 

私も英語長文を攻略できずに、現役の時は日東駒専を含む12回の受験、全てで落ちてしまいました。

しかし浪人をして「英語長文の読み方」を研究したことで、1カ月で偏差値が70を超え、早稲田大学にも合格。

私が実践した英語長文の読み方をそのままマネしてみたい人は、下のリンクをご覧ください!

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

赤本が解けないときの対処法まとめ

ここまでお伝えした通り、赤本は最終ステージであり、そこまでにいくつものステップを踏んでいなければいけません。

いきなり飛び級して合格点を取れるほど甘くないので、地道に実力を伸ばしていきましょう。


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.