【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【大学受験】英語の4技能試験とは?難しい?どれを受験する?対策や勉強法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

234秒で読めます。

英語の4技能試験とは?詳しく解説します

 

センター試験が廃止され、英語の試験は4技能試験へと移行されることになりました。

私立大学でも4技能試験を導入する大学・学部も増えています。

とは言え「何がどう変わったか分からないし、結局何をすれば良いかもわかってない」という受験生が多いでしょう。

ここでは4技能試験について、詳しく解説していきます!

 

そもそも4技能試験とは?

 

これまではセンター試験の英語では、「リスニング」と「リーディング」の2つの力を問われていました。

しかし近年では「英語の勉強はできても、話せない日本人が多い」という問題点が挙げられています。

そこでリスニングとリーディングだけでなく、スピーキングライティングも含めた4つの技能を測るテストへ移行することになりました。

民間の団体が実施している4技能試験を受験し、そのスコアを提出するという形です。

「TEAP」「英検」「TOEFL」「G-TEC」等が代表的なテストです。

 

一方で2023年度までは大学入学共通テスト(旧センター試験)でも、英語の試験が実施されます。

このテストは従来と同様、リスニングとリーディングの試験のみとなっています。

ご自身が志望する大学・学部がどの試験を採用しているかを公式サイトなどで調べて、4技能試験を受けるかを選んでください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

4技能試験の対策&勉強法

 

4技能試験ではリーディングだけでなく、リスニング・スピーキング・ライティングの対策もしなければいけません。

大切なことは「日ごろから勉強する際に、4技能をバランス良く伸ばす意識を持つ」こと。

 

例えば単語を覚える際にも、暗記カードを使って目で見て覚えるだけでは不十分。

音声を聴いて発音して、スペルまで覚えていかなければいけません。

文法の勉強をする際には、例文の音声を聴いて何度も音読することで、スピーキングやリスニングの力にもつなげていくなど。

 

4技能は短期間で伸ばせるものではないので、日ごろの勉強を少し工夫していく必要があります。

これは大変な作業ではありますが、英語を学ぶという点ではとても有益で、受験を終えてからも活きる英語力が身につくでしょう。

また4技能をバランス良く伸ばしていくことで、英語の成績が伸びやすくなるという利点もあります。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

4技能試験はどれを受験するのが良い?

 

「TEAP」「英検」「TOEFL」「G-TEC」等が代表的なテスト。

まずは志望校や併願校の公式サイトなどを確認して、どのテストを採用しているかを必ず確認してください。

同じ大学でも学部によって採用しているテストが違うこともあるので、注意が必要です。

どのテストを受けても有利、不利はありません。

ただTOEFLに関しては、高校生にとっては少し難しすぎるように感じます。

一般入試とも形式が大きく変わりますので、私はTEAPや英検辺りが無難だと考えています。

 

まずは過去問をチェックしよう

 

4技能試験の中からどれを受けるかを決めたら、まずは過去問をチェックしてください。

そしてそれぞれのテストに向けて、何をどれくらい、どうやって進めていくかを考えましょう。

先にゴールを知っておかないと、きちんと力を伸ばしていくのは難しいですからね。

特にスピーキングやリスニング、ライティングはどのレベルまで求められているのかを先に知って、適切な勉強をしていかなければいけません。

 

英語の4技能試験とは?まとめ

 

・日ごろから常に4技能をバランス良く伸ばすことを意識しよう

・自分の志望校がどの試験を採用しているかを確認しよう

・まずは過去問を見て、勉強の方針を決めよう

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







10:31 AM

人気記事一覧