【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【青学教育人間英語】青山学院大学教育人間科学部の英語の傾向と対策&勉強法【英訳/英作文】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

242秒で読めます。

青山学院大学教育人間科学部の英語で合格点を取る勉強法

 

青山学院大学 教育人間科学部

 

青山学院大学教育人間科学部の英語の傾向

 

青山学院大学の人間教育科学部は、500点満点中、英語が200点と配点が高くなっています。

合格するためには、英語の攻略は欠かせません。

長文3題と英作文和文英訳)1題、会話・語彙問題が1題の合計5題。

100分という制限時間で高得点を取るためには、配点の高い長文の攻略が何よりも大切です。

文章量も比較的多く、スピーディかつ正確に長文を読解していく必要があります。

和訳問題の難易度は標準的ですが、アウトプットの対策をしておかないとほとんど何も書けないという事になりかねませんので注意してください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

青学教育人間科学部の英語長文

 

青山学院大学教育人間科学部の英語長文は、文章量が多め。

左から右へ単語を拾いながらなんとなく読み進めていっても、最後まで読み切ったときに内容が頭に入っていないでしょう。

1文1文を正確に理解しながら、文と文のつながりをストーリーとして読んでいき、文章の全体像を頭の中で構築することが大切です。

英文をただ訳していくのではなく、文章を論理的に理解していかなければいけません。

そのためにはまずは1文1文を正確に読めるようにしてください。

そして徐々に長い文章も読めるようにして、最終的に青学教育人間科学部の長文も読解できるようにしていきましょう。

スピードを上げていくのは、ここまで文章を理解できるようになってからです。

>>もっと詳しく英語長文の読み方を知りたい受験生はこちら➡

 

長文の設問の解き方

 

青学教育人間科学部の英語長文は、内容の理解を問う問題と空所補充問題がメイン。

内容の理解を問う問題は、「1問目の設問を読む→答えを探しながら文章を読む→答えが見つかったら次の設問へ」と進んでいきましょう。

それぞれの設問の答えを探しながら読み進めていくことで、1つ1つの設問に集中でき、正答率が上がります。

 

空所補充問題については、先に選択肢を見ないことが重要。

選択肢を見る前に文脈から自力で空所に入る語句やフレーズを推測し、それに一番近い選択肢を選ぶようにしましょう。

先に推測することで、選択肢にまどわされるケースが少なくなります。

 

青山学院大学教育人間科学部の英作文

 

青山学院大学教育人間科学部では、和文英訳型の英作文が出題されます。

それなりに長い英文を書かなければいけないので、十分に対策しておかないと、大きく失点してしまう可能性が高いです。

逆に言えば、それだけ他の受験生と差をつけるチャンスと言えるでしょう。

 

和文英訳の対策には「英作文ハイパートレーニング 和文英訳編」がおすすめ。

英作文の基礎から詳しく解説されているので、今まで英作文に触れたことのなかった受験生も、ニガテ意識が薄くなるでしょう。

与えられた日本語の文を自分なりに解釈して、自分の書ける英語でアウトプットできるようになります。

 

青山学院大学教育人間科学部の会話・語彙問題

 

青山学院大学教育人間科学部の語彙問題は、単語や熟語の知識が問われます。

前置詞を問われるケースが多いので、単語や熟語を覚える際には必ず前置詞もセットで覚えましょう。

会話問題については、何か特別な対策は必要ありません。

会話文を読んで内容を理解し、正しい選択肢を選べばOK。

強いて言うなら代表的な会話表現を覚えておくと、より正答率が上がるでしょう。

 

青山学院大学教育人間科学部の英語の対策まとめ

 

青山学院大学教育人間科学部の英語を攻略するカギは、長文と英作文。

この2つで得点を稼げるようになれば、合格できる可能性はかなり高くなるでしょう。

長文にしても英作文にしても、問題に取り組む前に基礎からステップアップしていくことが大切です。

>>青山学院大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら➡

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:34 PM

人気記事一覧