【東大レベル】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と勉強法






26秒で読めます。

難問題の系統とその解き方物理でハイレベルな物理を攻略

 

難問題の系統とその解き方物理

難問題の系統とその解き方物理の特徴とレベル

 

「難問題の系統とその解き方(物理)」、通称「難系」(難系物理)は、大学受験向けの物理の参考書として最上位に位置すると言っても過言ではありません。

この参考書を最大限に利用したいのであれば、前提条件として他の基礎レベルの問題集や、一般的な受験対策の問題集(「名門の森」や「物理 重要問題集」)などをしっかりと解ききれる程度の実力が必要となるでしょう。

上記のような問題集レベルがしっかりとこなせるようになった受験生が、ワンランク上の本質的理解や、一度経験しなくては知らないとされる、周りと一歩差をつけるための知識(ex. 断熱自由膨張の際内部エネルギーが変化しない, …)を得ることができるのがこの問題集です。

ただし穴埋め形式の問題も多いため、東京大学のような完全記述式の物理の試験を課す大学には別途対策が必要です。

この参考書を通して物理に非常に強くなれることは確かですが、記述が必要な大学についてはプラスアルファで記述対策が必要です。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

難問題の系統とその解き方物理の使い方

 

もしこの参考書と向き合うときが来たら、それは十分なパターン演習や公式の学習を終えているはずです。

大切なのは「問題で取り扱っている現象を定性的・定量的に表現できるか」を常に考えながら、一問一問悩むことです。

解答の中には微積分を用いたものも登場しますし、高校範囲を逸脱した考え方もまれに登場します。

ですがこれらは大学入試の問題の背景知識となっていることも多く、理解していればそれこそ「1歩差がつく」事柄ばかりです。

「難系」すべての問題を解ききろうとしなくてもいいですから、各問題に詰まったエッセンスを確認しながら、物理の全範囲の知識を総動員して問題を解く練習に用いるのが良いでしょう。

 

具体的には、まず例題から取り組んでください。

演習問題は分量も多く物理全般の知識が求められるものもありますし、難易度のばらつきも大きいのでできるだけ後回しにすべきです。

例題は高校物理で問われる基礎的な知識から応用的な知識までが含まれています。

制限時間は設けず、じっくり考えることをメインにしましょう。

もし抜けている知識があれば、別途ノートなどにまとめておくことをオススメします。

 

演習問題に取り組む事になった際には、できるだけ制限時間を意識した利用をするのが好ましいです。

昨今の大学入試では「未知の題材と文章を与えて、経験から類推・思考する」能力がより求められるようになってきていますから、難系の演習題のような見たことのない題材と向き合える機会は貴重なのです。

ただし惜しいことに演習問題は解答が付いていても解説がほとんどありませんから、うまく解けなければ自分でじっくり考えることも必要です。

例題をすべて終えた後であれば、苦しみながらも完遂するだけの実力がついているはずですから、諦めないことが大切です。

周りに質問できる友達や先生がいれば、その人と一緒に考えるのも良いでしょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.