【大学受験英語長文】音読の効果とやり方のコツ!参考書を使った勉強法はこれ






342秒で読めます。

英語の音読の効果とやり方のコツ

 

【大学受験英語】音読の効果とやり方のコツ!参考書を使った勉強法はこれ

 

受験勉強をしていると、常に音読は大切だ」と常に耳にしませんか?

 

どんな目的があって、音読しているんだろう?

本当に意味があるのかな?

どう音読するのが一番効果があるんだろうか。

 

ここで音読の効果とやり方を正しく学んでいきましょう。

そうすればきっと英語がもっと楽しくなって、英語の偏差値もグンと上がっていきますよ。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

なんで英語の音読には効果があるの?

 

なぜこれほどまでに、音読が大切だと言われているのでしょうか。

それは音読することで、目だけでなく、体を使って英語を体感しながら学べるからなんです。

スポーツをするのと同じように、体全体で英語を学ぶと、自然と体に英語がしみ込んでいきます。

体で覚えて、反射に近い形で英語を訳したり、書いたりできるようになれば、英語は怖いものなし。

覚えても覚えても忘れてしまうということも、少なくなるでしょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

音読に取り組む時の注意点!

 

大学受験レベルの英語で音読が必要不可欠かと問われれば、そんなことはありません。

私は受験期に一度も音読をしたことはありませんでしたが、英語の偏差値は70を超えていましたし、早稲田大学にも合格しました。

大学受験の英語に関して言えば、音読よりも大切なことが山ほどあるんです。

 

基本的な英単語英熟語英文法を覚えていない状態で英語長文を音読しても、ほとんど意味はありません。

極端に言えば、理解できていない状態で英語を音読しても、呪文を読んでいるのと変わらないんです。

理解できていない情報を音読しても、「音」を発声してるだけになってしまうわけですね。

 

音読はとっても難しい!

 

英語長文を音読しながら理解するというのは、とても難しいことです。

音読することに意識を向けつつ、英文を理解しなければいけないので難易度が格段に上がります。

初見のセンター試験英語長文を音読しながら読み進めていったら、きっと最後まで読み切ったときに、なにも頭に入っていないと思います。

それくらい音読と理解の両立は難しいんです。

 

ですから英語長文を音読するのであれば、文中の語彙はすべて理解して、なおかつ文構造もバッチリ理解しておかなければいけません。

その状態で音読をして、初めて英語長文を体で読む感覚が分かるようになります。

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

英語の音読の効果的なやり方とそのコツ

 

音読のやり方ステップ①まずは文章を完璧に理解しよう

 

まずは文中の知識を完璧に覚え、文構造も理解してください。

そのために自分でSVOCや前置詞の文構造を、ペンを使って振りましょう。

そして自力で長文を読んでいき、どうしても読めない部分だけは日本語訳に頼ってください。

全ての文のSVOCなどの構造が理解でき、知識もバッチリ。

なおかつ黙読でスラスラ読めるというところまで極めたら、音読です。

 

この作業を行うために、SVOCが詳しく解説してある長文の参考書を用意しましょう。

英語長文ハイパートレーニング」や「英語長文ポラリス」がおススメです。

 

音読のやり方ステップ②1文ずつ音読しよう

 

まずは一文読んでみてその文を理解し、それができたら次の文へと進んでいきましょう。

少しでも雑になってしまったら、音読をしている意味がなくなってしまいますからね。

1パラグラフでその作業が終わったら、パラグラフ単位で読み返してみましょう。

パラグラフの要点を意識しながら、音読をしてください。

 

音読のやり方ステップ③文章を通しで音読しよう

 

全てのパラグラフが音読できるようになったら、最後は通しで音読しましょう。

この時はパラグラフごとのつながりを意識しながら、長文のイメージを頭に浮かべながら読んでいってください。

もちろん構文を捉えながら読むことを忘れてはいけません。

 

こうして学んだ英語長文は、時間があるときにまた音読しましょう。

繰り返し音読すればするほど、体にしみこんでいきます。

この作業をして体にしみこんだ英語長文が、1つ2つ3つと増えていくにつれて、英語力が目に見えて上がっていきます。

 

英単語や他の教科も、音読した方が良いの?

 

英語長文に限らず、英単語や他の教科の勉強にも音読は効果的です。

目だけでなく、口と耳を使って覚えられるので、記憶に残りやすくなります。

ただしこの作業も必要不可欠ではありません。

音読は時間がかかりすぎるし、勉強できる場所も限られるから苦手だという受験生もいるでしょう。

私は目で見て覚えるタイプでしたし、友人は書いて覚えるタイプでした。

色々なタイプの方がいらっしゃいます。

全ての方法でそれぞれ、10個ほど英単語を覚えてみて、一番記憶に定着した暗記法を採用するというのが良いでしょう。

 

大学受験英語の音読の効果とやり方のコツ

 

音読はあくまで受験を攻略するための手段の一つにすぎません。

音読することが目的になってはいけません。

音読をしてもイマイチ力がついていると感じない受験生は、ムリに音読をする必要もありません。

自分が一番伸びていると実感できる勉強法で、力を伸ばしていきましょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.