【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

横浜市立大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度も【国際総合科学部/医学部の英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

334秒で読めます。

横浜市立大学の英語の対策&勉強法

 

横浜市立大学の英語

横浜市立大学の英語の傾向と難易度

 

横浜市立大学の英語は学部・学科によって問題の形式が少し変わります。

経営科学系や理学系は問題量が少ない傾向にありますが、すべての問題が記述式で、英語長文のみが出題される形式は全学部で共通です。

長文に対する内容の理解を問う問題、和訳英訳などの問題がほとんどなので、記述式の問題には十分に慣れておかなければいけません。

 

長文の内容は専門的で、難しい単語が多く出てくるケースが多いです。

注釈はついていますが、それらがすべて英語で説明されているので、この形式に慣れておきましょう。

解答を作成するためには文章を深く理解している必要があるので、日ごろから幅広いジャンルの長文を読み、読解力と背景知識を養っていくことが大切です。

>>横浜市立大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

横浜市立大学の英語の対策&勉強法

 

横浜市立大学の英語の攻略には、何はともあれ長文の読解力を磨くことがカギになります。

問題の形式を考えると、精読力にフォーカスして勉強を進めていくのが良いでしょう。

英文が正確に読めれば文章が理解できて、内容の理解を問う記述問題や和訳問題に対応できるようになりますからね。

1文1文のSVOCMの構文を十分に理解し、正確に英文を読んでいけるようにしてください。

 

注釈が出てきた際には、注の英語を瞬時にひとことで要約できるようにしておきましょう。

注釈を読むのに苦労してしまうと本文の内容が頭に入ってこなくなってしまうので、スピーディに要約することが大切です。

 

また専門的な文章が多いので、分かりにくいと感じるケースも多いでしょう。

そんな時でもなんとか自力で読んでいき、理解していく対応力を持っておかなければいけません。

日ごろから難しい長文に出会っても、制限時間内に何とか読み解くトレーニングをしてください。

すぐに諦めて訳や答えを見てしまっているようだと、本番で難しい長文に出会ったときにお手上げになってしまいますからね。

読みにくいと感じたら、読み進めながら要点のメモを取っていくようにしましょう。

要点をまとめて整理しながら読んでいくことで、幾分か読みやすくなるはずです。

>>横浜市立大学の英語長文の読み方を、もっと詳しく知りたい受験生はこちら➡

 

内容の理解を問う問題の解き方

 

横浜市立大学の英語長文の設問は、長文の理解を問う問題が多くなっています。

多くの問題に下線が引かれているので、先に設問を読んで文章中の下線に「何が問われているか」を軽くメモしておきましょう。

回答の作成に必要な情報を探しながら長文を読めるようになるので、回答力もスピードも上がります。

回答の作成に使えそうな部分は、長文を読みながらチェックをつけておくと良いですね。

 

横浜市立大学の設問の多くは文字数制限がないため、関連する要素は漏れのないようにして、なるべく詳しく書くようにします。

一文が長くなりすぎる、句読点が無いなどという事にならないように、日ごろから正しい文章を書くための記述力を鍛えてください。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

和訳問題の対策法

 

和訳問題については、ポイントが2点。

まず1つ目は下線部だけで訳そうとしないこと。

和訳を求められる部分は難しい文が多く、前後の文脈をヒントにして訳していかなければいけません。

多少わからない部分があっても、文脈から推測していく必要があります。

 

2つ目のポイントは、正しい日本語を書くこと。

和訳問題になると、とたんに無理やり機械が翻訳したような、違和感のある日本語を書く受験生が多いです。

採点者があなたの回答を読んだ時に、スッと理解できるような自然な日本語訳を作らなければいけません。

 

和訳問題を解くためには、当然ですが単語や熟語、文法、そして構文の知識が必要になります。

独立した問題は出題されませんが、英語力の土台はガッチリと固めておきましょう。

 

和文英訳問題の対策&勉強法

 

英訳問題は重要な文法事項や構文を含んだ文が狙われる傾向にあります。

重要な文法事項や構文を含んだ例文を、丸ごと暗記してしまうのが良いですね。

文法や構文を頭で理解していても、いざ英語で書けと言われると難しいというのが英作文

頭で論理的に理解するだけでなく、例文ごと体で覚えることで自分で表現できるようになります。

 

また日本語を英語に書き換える前に、必ず易しい日本語に直す作業を行いましょう。

下線が引かれた日本語は難しい表現も多く、簡単には訳せません。

その日本語の意味を変えずに、英語に書き換えられる状態に直す作業がとても大切になります。

 

横浜市立大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

横浜市立大学の英語は、英文を読む力と記述力の2点がカギになっています。

どちらもレベルが高いので、日ごろからとにかくトレーニングを積み重ねておかなければいけません。

自分が想定している2倍の量は演習しておかないと、本番で合格点を取るのは難しいでしょう。

横浜市立大学の英語は過去問の傾向があまり変わっていないので、古い過去問や志望学部・学科以外の過去問もたくさん演習しておいてください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







5:50 AM

人気記事一覧