【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【東工大の英語】東京工業大学の英語の対策&勉強法!難易度や時間配分、参考書も紹介


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

345秒で読めます。

東京工業大学の英語で合格点を取る対策と勉強法

 

東工大英語対策

 

東工大英語の傾向とレベル

 

東京工業大学の英語は、例年大問が2問出題されます。

どちらも分量の多い英語長文です。

和訳和文英訳・内容一致問題・日本語での説明などがメイン。

長文2題で90分ですから、時間にはある程度の余裕があるでしょう。

英文は科学的なテーマのものがほとんどで、東工大志望者なら楽しみながら読めるはずです。

第1類,第2類,第3類,第4類,第5類,第6類,第7類と別れていますが、問題は共通になっています。

 

出てくる単語が難しいということもなく、各設問も東大や京大に見られるような難易度の高い問題はほとんどなく、レベルは標準的。

「東工大の問題」と聞いてイメージする問題よりは、易しいと感じる受験生が多いでしょう。

東工大を志望する受験生は理系科目が得意な一方、英語が苦手な傾向にあるので、差をつけられる科目ですよ。

 

東工大英語の対策と勉強法

 

精読力が大切

 

英語長文以外は出題されませんから、英文を読む力をつけることが、何よりも大切です。

長文読解と言えば「速読」のイメージがあるかもしれませんが、東工大ではさほど必要ありません。

東工大の英語は、90分で長文が2題と、時間制限が厳しくないからです。

むしろ注意すべきなのは、「なんとなく時間内に読み終わらせて入るけど、正答率が上がってこない」パターンです。

精読力が身についていないのに、無理やりスピードを上げてしまっていると、いつまでたっても英文を読む力は上がりません。

入試本番になっても、同じように英語で苦労するでしょう。

特に東工大では日本語で訳させる問題が多く出題されるので、正確に英文を読む力が問われます。

「まずは精読」という意識を持って、東工大の英語を対策してくださいね。

英文を読む力をつける方法は、「精読力を鍛える!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

まずは正確に英文を読めるようにしてから、読むスピードを上げていきましょう。

 

文章全体を理解できるようになろう

 

東工大の英語長文はとても長いですから、1文1文を追っていくだけだと、木を見て森を見ず状態になってしまう可能性があります。

文を読み切ったは良いけれど、内容が頭に入ってこないなんてことが無いように、論理展開を追っていけるようにしましょう。

 

・文章の流れを追っていく

・パラグラフごとの要点を理解する

・筆者の主張をとらえる

・文章全体の要点を理解する

 

この4つが大切になります。

精読力に加えて、こうした文章全体の内容をしっかりと理解できれば、英語長文は完璧です。

自然とメリハリをつけて文章を読めるようになるので、読解にかかる時間も短縮できるでしょう。

詳しくは「文章を論理的に読む!パラグラフリーディングのやり方」をご覧ください。

 

設問を解きながら、文章を読もう

 

東工大の英語長文は長いので、文章を読み切ってから問題を読もうとすると、忘れてしまっている部分がかなり多いでしょう。

特に内容一致問題は、10個も選択肢があり、細かい部分を示しているものもありますから、読み切ってから解くのはかなり難しいです。

何度も読み直しをして、時間切れになってしまうこともあるかもしれません。

そうならないように、問題を解きながら長文を読んでいくクセをつけましょう。

 

問いに対して答えるタイプの問題は、先に設問を読み、長文の空いているスペースに、日本語で問われていることをメモしておくのがおすすめ。

その問いの答えを探しながら、文章を読んでください。

 

内容一致問題は、1パラグラフ読むごとに、選択肢をチェックしましょう。

正解・不正解がわかるものを1つずつチェックしていき、選択肢を減らしていきます。

最後まで読み切ったときに残っている選択肢だけ、もう一度解きなおせばOK。

正答率も上がりますし、時間も短縮できますよ。

 

和文英訳も対策しよう

 

決して難易度が高いわけではありませんが、いきなり英文を書けと言われると、正しく書けないでしょう。

1問だけではなく、複数の英訳問題が出題されるので、ここを落としてしまうとかなりの失点になってしまいます。

 

英訳問題の対策のコツは2つ。

「例文をたくさん暗記すること」と、「お題の日本語文を、かみ砕いてから英文に直すこと」です。

 

英訳問題では書かせる「型」がある程度決まっています。

特に東工大の英訳問題は、その傾向が強いです。

その型を、例文と一緒に覚えることで、「これを聞かれたらこの型を使う」というように自然と書けるようになります。

 

設問となっている日本語文は、あえて少し分かりにくく書いてあることがあります。

これは前後の文脈を、しっかりと理解できているかを問うためです。

日本語を分かりやすくかみ砕いて、書けない単語は簡単な単語に置き換えましょう。

それから英語に直すことで、難易度がグッと下がりますよ。

 

東工大英語の対策&勉強法まとめ

 

東工大の英語長文は、とても分量が多いので、途中でバテたり、集中力が切れたりしないよう、十分に過去問演習を行いましょう。

時間制限は厳しくありませんから、慣れられれば安定して合格点が取れるようになるはずです。

「精読」を一番に考えて、これから勉強していってくださいね。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>東工大の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










4:12 AM