【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

明治大学理工学部の英語の対策&和訳&英作文の勉強法!傾向と難易度も【明大理工英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

245秒で読めます。

明治大学理工学部の英語で合格点を取る対策

 

明治大学理工学部英語

 

明治大学理工学部の英語の傾向と難易度

 

明治大学理工学部の英語は、長文読解がたった1問だけというシンプルな構成。

長文1題に対して制限時間は60分あるので、時間には相当な余裕があるでしょう。

明治大学の文系学部と比べると、英語の難易度は易しめになっています。

 

ただ理系学部にしては珍しく、記述問題が多め。

和訳問題や英訳問題、日本語で説明する問題などが出題されるので、記述力も磨いておきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

明治理工英語対策①長文の流れを追っていこう

 

明治大学理工学部の英語は長文が1題しかない分、文章がやや長め。

文章全体のストーリーをしっかりと理解できるよう、論理展開を追っていきましょう。

パラグラフごとに簡単なまとめを日本語でメモしておくと、長文のストーリーを整理しやすくなります。

日ごろから長文を読むときには各段落の要点をメモするよう、クセをつけておいてくださいね。

 

明治理工英語対策②空所を補充する問題

 

明治大学理工学部の英語は、空所補充問題が一番多く出題されます。

十分に対策しておきましょう。

空所補充問題を攻略するポイントは2点。

 

・空所の前後だけで解こうとしない

・先に選択肢を見ない

 

空所補充問題は文脈をたどったうえで、空所に適する語句を推測しなければいけません。

空所の前後だけで解こうとせず、広い範囲で見てヒントを集めて解いていきましょう。

そして先に選択肢を見ずに、自分で空所に入る語句を推測してください。

先に選択肢を見てしまうとどうしても先入観が入り、正答率が下がってしまうので。

最後に推測した語句と一番近い選択肢を選べばOKです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

明治理工英語対策③和訳問題

 

明治大学理工学部の和訳問題は、下線部だけでは訳しにくい問題が多いです。

空所補充問題と同じように、文脈を追っていくことが大切。

そして翻訳機にかけたように無理やり訳すのではなく、文脈に合った自然な日本語を回答用紙に書きましょう。

誰が見ても自然な日本語を書くことを意識してくださいね。

 

明治理工英語対策④英訳問題

 

英訳問題を解くためには、基本的な英文を書けるようにしなければいけません。

重要な構文を含んだ例文をたくさん暗記しておくことで、単語や順番を少し変えるだけで色々な英文が書けるようになります。

1つでも多くの例文を覚えておけば、書ける英文が増えていって正答率も上がりますよ。

 

また日本語の表現が少し意地悪で、簡単な英訳なのに難しく感じるケースも多いです。

英訳する日本語を見た時に、「訳しにくいな」と感じたら、すぐにあきらめずに簡単な日本語に置き換えるようにしましょう。

 

明治理工英語対策⑤内容不一致問題

 

明治大学理工学部の長文の最後には、内容不一致問題が出題されます。

5つの選択肢の中から、文章の内容に合わないものを1つ選ぶ問題。

文章が長い分、最後まで読み切ってから解こうとすると内容を忘れてしまっていて、読み直しをしなければいけない可能性が高いです。

時間のロスを防ぎ、なおかつ正答率も上げるために、文章を1~2パラグラフ読むごとに、選択肢に目を通しましょう。

正解か不正解の判断ができる選択肢からチェックをつけていくことで、正確かつ素早く問題を解いていけますよ。

 

明治大学理工学部の英語の対策法まとめ

 

明治大学理工学部の英語は記述問題も多く、対策に時間がかかります。

できる限り早く記述問題の対策を行い、配点の高い問題をしっかりと正解できるようにしましょう。

理系学部は他の受験生も英語をおろそかにしがちなので、大きく差をつけるチャンスがありますよ。

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>明治大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







5:39 AM

人気記事一覧