【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

明治大学文学部の英語の対策&記述の勉強法!傾向と難易度も【名大文学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

350秒で読めます。

明治大学文学部の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

明治大学文学部の英語

 

明治大学文学部英語の傾向とレベル

 

明治大学文学部の英語の特徴は2つ。

「語彙力が重視されている」点と、「時間制限がとても厳しい」点。

単語を書かせる問題や、同じ意味の単語を選ばせる問題など、語彙力を問う問題がとても多く出題されます。

英語長文の文章の難易度自体はさほど高くありませんが、60分と言う時間の中で解ききるためにはかなりのスピードが必要。

 

大問1:語句の記述問題の対策法

 

大問1は例文と同じ意味になるように、語句を記述する問題。

この大問では構文や熟語の知識が問われます。

前置詞の部分が空所になっていることもあるので、前置詞までしっかりと覚えておかなければいけません。

訳を見て意味を言えるようにするだけでなく、熟語や構文を使った例文を自力で書けるようにしておくと、得点に直結するでしょう。

 

大問2:語句の変換問題の対策法

 

文中の語句を正しい活用形、もしくは派生語に変える問題。

この大問では文法の知識と、派生語の知識が問われます。

基本的な英文法は深く理解していないと、過去形にするか動名詞にするかといったところが判断できません。

1文の文構造をしっかりととらえ、フィーリングに頼らずに問題を解きましょう。

 

またknowをknowledgeに変換するなど、派生語も覚えておく必要があります。

ただ全ての単語の派生語を覚えていたらキリがないので、単語帳の基本的な派生語を意識的に覚えるようにしましょう。

そうすると動詞が名詞に代わるときにどういった形になるのか、法則がなんとなく分かってきます。

後は日ごろから勉強していく中で知っている単語の派生語が出てきたら、覚えておくようにしましょう。

毎日の勉強の中で派生語に注意するクセがつくだけでも、点数は大きく変わってきますよ。

 

大問3,4:英語長文の対策法

 

明治大学文学部の英語長文は、スピーディに要点を理解していくことが大切。

時間制限は厳しいですが、細かい部分を問うような設問はあまりないので、文章の要点が理解できれば回答にさほど時間はかかりません。

まずは精読力を身につけて、そこからパラグラフリーディングを意識して読んでいけば、時間内に合格点が取れるようになるでしょう。

1文1文を丁寧に読めるようにしてから、要点をつかんで全体の流れを理解できるようにするというステップです。

>>「精読力を磨く!スラッシュリーディングのやり方」はこちら

>>「論理展開を追う!パラグラフリーディングのやり方」はこちら

 

問題の解き方について

 

明治大学文学部の英語は時間制限が厳しいので、英文を読みながら問題を解いていきましょう。

英文を読み終えてから問題を解こうとすると、読み直しに時間がかかってしまい、制限時間に間に合わない可能性が高くなります。

「~パラグラフの内容と一致するものを選べ」と言う問題が多いので、最初に設問を見て、問われているパラグラフに印をつけておきましょう。

該当のパラグラフを読み終えたら、すぐに設問を解きにいきます。

その他の問題は設問部分に下線が引かれていることが多いので、下線を含む段落を読み切ったらすぐに、設問を解きましょう。

設問に挑戦してみて解けなかった場合は、先を読み進めていって理解を深めてから解きなおしてください。

 

語彙力を鍛えよう

 

明治大学文学部の英語長文では、語彙の意味を問う問題と前置詞を埋めさせる問題が出題されます。

語彙のレベルはさほど高くないので、MARCHレベルの英単語英熟語はしっかりと覚えておきましょう。

英単語英熟語を覚える際には、「セットとなる前置詞」も一緒に覚えなければいけません。

英単語帳は前置詞もセットで載っているものが多いので、活用してくださいね。

 

もし入試本番で該当の英単語が分からなかった場合は、推測しましょう。

下線が引かれた語句を空所にして、空所補充問題として解きます。

日ごろから分からない語句が出てきた際には、すぐに辞書を引かずに推測するトレーニングをしておくと良いですね。

 

大問5:会話問題の対策法

 

明治大学文学部の会話問題は、さほど難しいものではありません。

会話文を読んで、空所にフレーズを埋めていく問題です。

会話問題を解く際のコツは、先に会話文をすべて読んでから、問題を解くこと。

そして先に選択肢を見ずに、「こんなフレーズが入るだろうな」と予想してから、一番近い選択肢を選ぶこと。

 

会話問題は会話の流れを追っていくことがとても大切なので、まずはすべて読んで話を理解します。

そしてその流れに合ったフレーズを推測して、一番近い選択肢を挿入していくというイメージです。

先に選択肢を見てしまうと、自分で勝手に話を作り上げてしまう可能性がありますからね。

埋められるものから埋めていって、残ったものは消去法でも良いので試行錯誤して答えを導き出してください。

 

明治大学文学部の会話では、たまに会話表現を覚えていないと答えられない問題も出題されます。

優先度は高くありませんが、会話の参考書を1冊解いて定型句も覚えておくと、万全と言えるでしょう。

おすすめは「会話問題のストラテジー」。

別冊で会話表現リストがついているので、定型句を問われても答えられるようになりますよ。

 

明治大学文学部の英語の対策法まとめ

 

明治大学文学部の英語は時間制限が厳しいので、とにかく過去問演習を繰り返しましょう。

自分に合った問題の解き方やタイムスケジュールを決めて、そのルールに沿って入試に挑んでください。

そうすれば過去問演習の時と同じように、入試本番でも力が発揮できるでしょう。



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










2:25 AM