旺文社生物標準問題精講の使い方と勉強法【センター~早稲田慶應レベル】






生物標準問題精講で早稲田慶應レベルの実力を!

 

生物標準問題精講

 

生物標準問題精講のレベルと特徴

 

難関国立2次や難関私大で合否の分かれ目となる演習問題を厳選、掲載、解説した問題集です。

受験生物の特徴は、大学のレベルが上がると突然難しくなる傾向があるため、難関大を目指す受験生は、難易度の高い問題もしっかりと理解しておく必要があります。

すでに1冊以上の問題集を解き終え、2冊目以降として使いたい問題集です。

 

到達レベル

 

旧帝大・早慶といった最難関の大学の生物とも戦えるようになります。

「標準」という名前だとさほど難しい印象を受けませんが、到達レベルは非常に高いです。

 

対象となる受験生のレベル

 

既に標準レベルの問題集を1冊以上完成させ、更なる飛躍を目指す受験生にオススメです。

あくまで、難関大を目指す時に合否の分かれ目となる応用的な問題が掲載されているので、既に基礎的・標準的な問題が解けることが前提です。

生物の実力に自信がない受験生は、「セミナー生物」→「生物基礎問題精講」を勉強してから、この問題集に挑戦してください。

セミナー生物の使い方はこちら!

生物基礎問題精講の使い方はこちら!

 

生物標準問題精講の使い方はこれ!

 

すでに1冊以上の問題集を完成させているため、問題が全く解けないことはないはずです。

問われる問題は難関大学の合否を分ける問題です。

2次・私大の合格点はおよそ6割程度と言われているので、この問題集で6割以上正解できれば合格は見えて来ます。

この「標準問題精講(旺文社)」を完璧にすることで、難関大へ合格は飛躍的に近づきます。

 

まず、問題を1題解いてみましょう。

既に標準的な問題集を完成させていれば、4~8割程度は正解できるかと思います。

 

4割正解した場合

 

合格点まで2割足りていません。

つまり、難関大学に合格するためには、あと2割の応用問題を正解しなければならないのです。

この「標準問題精講」を使って、知識の穴を埋め、合格を目指しましょう。

間違った問題のワードを覚え、理解し、数日後、再度問題を解きます。

この時、8割以上解けていればクリアです。

逆に8割正解できなければ、再度、答えを確認、理解し、数日後解き直しましょう。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法はこちら

 

6割正解した場合

 

合格点ギリギリという所です。

つまり、本番で合格できる保証はありません。

特に生物がを得意科目にしたい場合は、他の科目の失点のカバーが必要になるはずです。

従って、6割程度正解した場合でも、解けなかった問題をしっかりと確認、理解し、数日後に再度問題を解き直す必要があります。

再度問題を解き直し、8割以上正解できていれば、その問題はクリアです。

それ以下ならば、再度、確認、理解し、数日後に解きなおしをする必要があります。

 

8割以上正解した場合

 

間違えた問題を確認、理解し、次の問題を解きましょう。

旧帝大や早慶を目指す受験生は、残り2割が合否の分かれ目の問題となるため、ここで満足してはいけません。

しっかりと知識の穴を埋めておく必要があります。

 

生物標準問題講が終わったら!?

 

受験生物は、知識を問う問題が多いことが特徴です。

数多くの問題集を解き、知識の穴を埋めていくことが重要です。

そのため、問題集を解き、マスターし、別の問題集、そして、また別の問題集と出来るだけ多くの問題を解くことがカギになります。

そうすることで、知識をどんどん増やしていき、全国の受験生と差をつけていく事が出来ます。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.